自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

言い訳をするのはやめよう

久しぶりに電車に長く乗っていたのでワークしていました。

「自分に自信がない」という長いつきあいのパターンです。このパターンはいろいろな条件(学歴、能力、肩書、お金、評価・・・などなど)を出してきて、自分は条件が悪いんだから「自分に自信が持てない」と言います。そして条件の悪さは、いつまでも、いくらでもあげることができます。

そして、これはパターンにとっての言い訳でもあるんだと思いました。自信がないからできないことを続けていると、しょうがないよねーと何もしない状態に陥ってしまいます。そして、自信がないのを理由に何もしない、何もしなかったら、失敗もないし人にバカにされることもないし、自分が傷つくこともないから。

だから、「もう、自信がないことを言い訳にするのをやめて、動いてみよう」に選び変えました。

ワークしていて胸の奥から、私はこれをやるために今いるんだという思いがじんわりとわいてきました。



# by yokosize | 2017-09-11 23:13 | Comments(0)

栗ひろい

だいぶ前のことですが、燕岳の麓の宿に泊まった時に、そこのご主人が朝の散歩に連れて行ってくれました。

ご主人は山道をずんずん行ってしまうので、ついて行くのがやっとでしたが、朝の山の中は気持ちがよかったです。だいぶ歩いたところで、みんなで栗ひろいをしました。そこは、栗の木があって栗の実がたくさん落ちていました。まるで山栗のスポットでした。イガイガに気をつけながら栗の実を夢中になってとりました。

私はそこで山栗のおいしさを知りました。市販の栗よりも小さいけれど、甘みも味も濃くて美味しいのにびっくりしました。そういえば、子供の頃に食べた栗はこういう味だったかも?

あの栗ひろいの楽しさと味が忘れられず、この季節になると栗拾いに行きたいなぁと思います。

# by yokosize | 2017-09-10 00:08 | Comments(0)

「私」がパターンたちのリーダー

自分に否定的な「私はダメだ」「私は価値がない」「私は劣っている」「私は他人に無視される」…などのパターンは、自分を責めたり、嫌ったり、裁いたりします。そういう自分に否定的なパターンがあると、「勝ちたい」「自分は人より上だ」というパターンも一緒になって働いているのがほとんどだと思います。共働きみたいです。

それは、矛盾しているようだけど、パターンの苦肉の策なんだと思います。自分のダメなところを直して無くさなくてはならないと自分を責めるし、自分のダメなところを隠そうとして自分を人より上に置こうとするんだと思います。

だから、パターンたちを安心させるために、「私」がパターンの気持ちをしっかり聞いて語りかけして、選び変えをしていきます。

そのとき、「私」がパターンたちのリーダーなんだということを意識してワークしています。共感ややさしさだけではなくて、強さや、リーダーシップが、今の私には必要だと感じています。

# by yokosize | 2017-09-08 23:20 | Comments(0)

自分をジャッジするのはやめよう

昨日書いた中のジャッジという言葉で思い出したことがあります。

心の勉強を始めた頃の私は、「自分はダメだ」という自分を責めるパターンが強くて、よく自分で自分をジャッジしていました。

そのパターンも少し薄れはじめた頃、私はある人に徹底的に無視されることがありました。そのことに私はものすごく動揺して、そんな自分が情けなく、「私はダメだ」というパターンが暴れました。

個人セッションでもそれを引きずっていて、先生に話すと、「それだけ成長して変わってきていて何でなの?いいところを見ず悪いところばかり探してる、自分で落ちていく、自分で足を引っ張るんだから」と、久しぶりに怒られました。

そう言われて、ハッ!と目がさめました。動揺する自分を許せないのは、自分で自分の足をで引っ張って落ちていくことなんだと身に沁みました。

自分をジャッジしたり、許さなかったり、責めることは、本当はする必要のないことです。それがいつからか、それがいいことだとか、自分を守ることだと思ってパターン(癖)になってしまうんですね。

パターンは自分を守るために頑張ってきたのだから、今度は「私」が大丈夫だよと言って守ってあげる番です。ジャッジしている自分に気づいたら、ストップをかけてパターンをケアしましょう。

# by yokosize | 2017-09-07 23:33 | Comments(0)

自分を自由に軽快に

どんなパターン(*)も、自分が言うことは絶対だと信じています。たとえば「自分は価値がない」とか「自分はダメだ」という自分を否定することも信じています。

そして、「私は正しい」というパターンが強く大きいと、パターンたちの信じ方も一層強まるのではないかと思いました。このパターンは、たとえ他の物の見方や考え方があるのが分かっていても、それを受け入れようとしない力が強いからです。それで、大きく育った「私は正しい」というパターンは、他のパターンにまで影響する気がしたのです。

自分はこの世界のことを何も分かっていないに等しいし、他人のことだって分からないことだらけだし、何も決めつけることはできないのだから、「私は正しい」はちゃんとケアしようと思います。

そして、自分自身のことも、自分の外側のこともジャッジしないで、正しいことにとらわれないところで暮らしたいと思います。そうやって自分を自由に軽快にしていきたいと思いました。

    - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

物の見方はたくさんあります。選択肢も自分の思っている以上にあります。人生を自分で創造し、選択する力が私たちの中にはちゃんとあります。自分の中の力を使ってみたい方をお待ちしています。
自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*)


# by yokosize | 2017-09-06 22:20 | Comments(0)