先日私は、ある方に認められなくて(自分を選んでもらえなくて)パターンが騒ぎました。

パターンの世界は本当に狭いです。だって、この広い世界の中のたったひとりの人に、たった一部の人に認められなかったというだけなのに、全てを決めつけてしまうからです。自分と相手だけの世界をつくり、その中で認められないというだけで自分はダメだと判断して落ち込んだり、相手を憎んだり、自信を無くしたりします。

パターンには語りかけをして、「選ばれなくても私は大丈夫かもしれない」を選びました。その後も同じようなことがあり、パターンが少し騒ぎましたが大丈夫でした。もう、いくらパターンが暴れても大丈夫だという気がしています。

「私」の目で見るとパターンの世界の狭さがよくわかる気がします。視野は広く高く深く持とうと思います。




[PR]
# by yokosize | 2018-11-24 23:55 | Comments(0)

寒さ対策

ここのところ気温が下がっていよいよ冬が来るという感じです。冬の空気の冷たさは気持ちがいいですし、気分がシャキッとします。数日前まで寒さを感じなかったので、自分が寒さに強くなったのかと思っていたのですが、残念ながら今年は暖かかっただけでした。

私は寒いのが苦手なので毎冬どうしたら体が温まるか考えています。それは、体の温まる食べ物を食べる、運動やストレッチをする、洋服や靴下の暖かいものを身につけるなどです。

どれも大事にしたいですが、この冬は腹筋を鍛えようと思い、今続けているものに加えてやっています。体の芯からポカポカになったらいいなと思っています。




[PR]
# by yokosize | 2018-11-23 23:52 | Comments(0)

喧嘩の原因って

先日、朝から家族と洗濯物の干し方で喧嘩をしました(笑)。その時はお互い(のパターン)がムキになって、タオルケットの干し方を譲ろうとしなかったんです。私はその日に夏物をしまう予定だったので、しまいたい物を優先して干したいのにわかってもらえず腹を立て、主人はタオルケットを早く乾かしたいのに分かってもらえず腹を立てたんです。結局、私の思い通りに干しました。

腹を立てる前に、自分の思いを話し相手の思いを聞けたらいいと思いました。たとえば、私は「そうだよね、このタオルケットはなかなか乾かないから早く干したいよね。私はね、今日仕事に行く前にこの夏物をしまう予定を立てていたんだ」と話して、どうするか決めればよかったと思います。伝える努力をする前に、パターンで喧嘩を始めてしまいました。

大きい小さいにかかわらず喧嘩の原因って、お互いに自分の正しさを譲らないで、相手の思いへの理解不足から生まれるんだと思いました。あとになると、洗濯物の干し方なんてどうでもいいんだとわかります。






[PR]
# by yokosize | 2018-11-22 23:05 | Comments(0)

悔しい気持ち

自分の思い通りに他人に認められないことがあって、「他人に認められたい」パターンが騒いだので語りかけをしていました。

そのパターンの気持ちには、認められない自分はダメだという自己嫌悪や、自分に自信が持てないや、悔しさや、不安感があります。その語りかけをしながら、悔しさが気になりました。

このパターンの悔しさは、自分がこうだと思っていることや、自分の在りたい姿や、固く信じていることが、他人に通用しない時、思い通りにならない時の、自分がそんなはずはないんだという思いです。今起きていること(今回は他人に認められなかった自分)が、現実として受けとめられずにいる状態です。

自分も、他人も、起きていることも、そのありのままを素直に見ることができたら悔しさは感じないような気がします。

先ずは、悔しさを感じているパターンへのワークをしていきます。










[PR]
# by yokosize | 2018-11-21 23:28 | Comments(0)

謙虚って?

先日の個人セッションで、自分が謙虚に生きていないということがわかってから、本当の謙虚さって何だろう?それを知り謙虚に生きられる自分になりたいと思っています。そんなこもあって、語りかけをしていて感じたことがあります。

私は、パターンの話をありのままに聴いているだろうか?ありのままのパターンを受け入れているだろうか?と、語りかけをしていて思いました。そして、それは私がどれだけ謙虚にパターンの話を聴いているのか、ということにつながる気がしました。

謙虚に聞くって、相手の今のそのままを理解することで、そこには自分がない状態で相手を観ていることなんだと思います。相手を理解するだけ愛するだけの語りかけにはなっていません。だから、自分に向き合いパターンに語りかけをする時だけではなくて、他人と話すときもそうなんだろうなと思います。

自分をみるときも、自分を低いところに落としたり劣っていると思い込んだり、自分を今以上に能力があるように偽ったりして、現実の自分をそれ以下やそれ以上にしようとするのは、謙虚さとはかけ離れています。

謙虚ってありのままの自分で生きることだと思います。いつかパターンではなく、謙虚に生きたいと思っています。謙虚って?と自分に問いかけながらやっていきます。




[PR]
# by yokosize | 2018-11-19 23:52 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。