人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

嬉しい

バレエのバーレッスンが終わると、センターレッスンなのですが、先輩の方達がどう動いていっているのかわからなくて右往左往することが多いです。

先日、最初の足運びがわからなくてUさんに聞きました。「後ろ足で前の足を押し出すように」と、教えていただいて長い間分からなかったことが分かりました。

そうなんだ!と、謎が解けたようで嬉しかったです。まだ、できないけれど、どうしたらいいのか悩んでいたので、分かってスッキリしました。こういうのをアハ効果というのでしょうか。

バレエでは、わからないことが分かったり、できなかったことが少しずつできるようになる嬉しさを味わっています。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-06-29 17:21 | Comments(0)

続けよう

春頃の日記に書いた、「誕生日におめでとうを言って欲しい」というパターンへのワークをしばらく続けていたのですが、途中から6のつく日にやればいいかなと思いやっていました。

それで、今月の26日にもパターンへ語りかけをして、「誕生日におめでとうを言って欲しいパターンへたくさん語りかけをしよう」という白パターンに選びかえをしました。

そのとき思ったんです、たくさん語りかけをしようという白パターンを選んだのに、6のつく日だけっていうのもおかしいと。なんだか自分に嘘をついているような不誠実な気がしました。

それから、毎日語りかけています。私は継続力が足りないので、その力をつけるためにも続けようと思います。パターンがもういいと言うところまで、たぶん来年の春までです。

たぶん、自分で自分を満たすことができたら、人に「誕生日におめでとうを言って欲しい」とは思わないと思います。今の私はまだ自分で自分を満たせない状態、だから、ワークを続けます。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-06-28 23:29 | Comments(0)

決めつけない

自分を決めつけないって大事だなと思います。

消極的な自分を嫌だと思ったり、嫌ったりするのも、消極的なところもある自分をだめだと決めつけることになると思うからです。

それで、この何日間か「消極的な自分が嫌だ」という黒パターンに語りかけをし、「もう、そういうふうに自分を決めつけるのはやめよう」という白パターンに選びかえをしていました。

そんなとき、以前勤めていた会社の友人Nさんに声をかけられました。20~30年ぶりに会ったのですぐにはわかりませんでした。Nさんも最初は分からなかったらしくて、自分と同じくらいのおばさんも働いているんだと思ってよく見たら私だったそうです。

実は、同期入社で同じ課で働いていたとき、Nさんは明るくて積極的で誰とでもよく話し場を盛り上げる人でした。私はそんなNさんが羨ましいと思ったし、自分とNさんを比べて落ち込んだりしていました。

このタイミングで会うんだと驚きました。

その日の夜、Nさんと電話で話をしましたが、Nさんは昔と同じようによく話し、私は時々自分の話をしていました。話しながら自分の中を観察していたのですが、パターンは騒ぎませんでした。よく話すとか話さないとかというところではなくて、Nさんの内側に注目し感じようとしている自分がいました。Nさんの中の嬉しさや楽しさや寂しさも感じました。よく話すから明るいとか積極的な人だと、外側から人を決めつけていたことにも気がつきました。

自分も他人も決めつけないでいたいと思います。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。



by yokosize | 2019-06-22 23:10 | Comments(0)

どちらもある

私はどちらかというと消極的な方で、ガンガン行くというタイプではありません。

先日、「自分は消極的だ」と決めつけているということに気がつきました。

そして、消極的だと決めつけてしまうということは、パターンでもあるし、自分で自分に枠をつくってしまうことになるかもしれません。

消極性を活かしながら、自分の中に在る積極性も時には使いながらバランスを取っていくことはできます。他の人と比べるのではなくて自分なりにやっていけばいい。積極的に行動する体験もしているんだから、できるよねって思います。

積極性も消極性も自分の中に在るということを忘れずにいたいと思います。

明日に続きます。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。




by yokosize | 2019-06-21 23:46 | Comments(0)

プンプン怒る

奥日光へ行く途中、私は日光市内でランチを食べたり雑貨屋さんを見て歩くのを楽しみにしていました。

それなのに、日光を素通りして宿へ向かってしまった主人に、いろは坂を登っている間プンプン怒っていました。「つまんなーい」と言いながら。

あとで聞いたら、ナビの通りに行けば日光市内に行けると思ったけど、いろは坂を上る道しかなかったのだそうです。早く宿に行きたいとか、わざと素通りしたわけではありませんでした。

しょうがなかったんだと分かっても気持ちはおさまりません。「日光に寄りたかった」「日光に寄らないTちゃんが許せない」というパターンに語りかけをして、「帰りは日光に寄ろう」を選びました。

夫婦で旅行をするたびに、自分の思い通りにしたいパターンはでてきます。パターンには語りかけをするけれど、旅行は一人がいいなという思いが年々強くなってきます。

帰ってから、主人に「楽しかったね、またどこか行こうね」と言われ、「行きたくない」と答えたら、不思議そうな分からないという顔をしていました。


 − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。


by yokosize | 2019-06-17 22:09 | Comments(0)

やなぎの綿毛

d0340340_15572345.jpg

日光で、やなぎの綿毛が飛ぶのをはじめてみました。白く見えるのが綿毛です。

晴れた朝に、新緑の木々と青空のなか太陽の光を受けながらたくさんの綿毛が飛んでいました。風にのってふわふわ舞っているのは綿毛が遊んでいるようで見ていて楽しいです。

以前、中国の北京は初夏になると、やなぎの綿毛で街が白くなると聞いたとき、どんな景色なんだろうと思ったことがありました。これだったんだ、これが北京の街を飛ぶんだなーと思いました。

奥日光の森の景色は原始に近いような気がしました。大きくてちょっと近寄りがたいような大木もありました。気軽にちょっと散歩でもしようかなという森には感じられませんでした。



− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。


by yokosize | 2019-06-14 17:35 | Comments(0)

そんなことないよ

近所の方が、自分のことを否定的に話した時に、私は「そんなことないよ」と言いました。

言ってから、この会話変だなと思いました。会話が平行線で、お互いに相手のいうことを聞いていないということがわかりました。その方は口癖のように当たり前のように軽いノリで自己否定する言葉を口にしています。

私は、その方がどうしてそう言うのかを知らずに聞きもせずに「そんなことないよ」と反射的に言っています。

私の中の自分を否定的に見ているパターン、自分を否定してはいけないと思っているパターン、そういうパターンが、自己否定している人に自分を重ね合わせて、そんな自分を打ち消すために、「そんなことないよ」と言ったんだと思います。

今は、その方が自己否定しても黙って聞いています。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。




by yokosize | 2019-06-11 10:00 | Comments(0)

できない自分

今日は茅ケ崎グループの勉強会でした。

私の中の「できない自分をさらすのが嫌だ」というパターンがグループの時に働くという話をみんなに聞いてもらい、Wさんには語りかけ、白黒ワーク、中立ワークを一通りやっていただきました。Wさん、ありがとうございました。

そのパターンができない自分をさらすのが嫌なのは、長く心の勉強をしていたら出来ているはずだし、私が一番のはずだし(これもありました)、みんなにこの程度かと思われるかもしれないし、グループに居づらくなるし、自分の支えがなくなる、と思っています。そして、パターンはそんな自分が嫌だし、悔しいし、悲しいし、怖がっています。

そんな自分のパターンの話を素直に話すことができてホッとしています。自分にもグループの仲間にも正直な自分でいたいからです。

バレエでは、できないことばかりなので、否応なしにできない自分をさらしっぱなしの状態です。だから、現実の自分(できない自分)を受け入れられるようになるかというとそうではなくて、パターンはまだまだ自分をさらすことを怖がっています。その証拠にごまかせるかなという時には、できない自分を隠そうとします。

だから、そんなパターンを安心させるため語りかけをしようと思います。そして、パターンがごまかそうとしたら、「私」が「だまりなさい」とストップをかけます。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-06-10 23:10 | Comments(0)

もみあげ

せんじつ、美容師さんに髪を切ってもらっていたら、「髪が多くて耳のあたりが広がるから、もみあげを切ろうか?夏だしね」と言われました。それを聞いて、「もみあげって切ってもいいの?」と驚きました。

それから、もみあげと髭の境目はどこかという話になりました。美容師さんが言うには、耳の真ん中より少し上くらいからが”もみあげ”で、そこから下が”髭”らしいです。じゃあ、私は長い髭を生やしていたってこと?とびっくりです。でも、もみあげが長い人もいるよね、ということになりました。

普段はまったく気にも留めなかった”もみあげ”を切ってもらって、軽くなったしスッキリはしたのですが、後になってなんだか大事なものを無くしたような気分です。剃らなくてよかったと思いました。

短さに慣れていないだけなのかも知れません。しばらくの間、鏡を見ながら考えようと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。



by yokosize | 2019-06-09 23:14 | Comments(0)

自分のベストって何?

60歳を過ぎて、頭の働きも体の動きも鈍くなったり、体の不調を感じたりしています。そして、「もう年だから自分はダメだ」と、思い通りの自分ではないことに気持ちが落ち込むことがあります。

そのパターンにワークをして、「今の自分のベストをつくそう」に選びかえています。

そして、自分のベストって何?って思いました。具体的にこれからどうしていくのかを考え行動に結び付けないと!そうしないと、白パターンに、ベストをつくすという言葉を入れただけで、ベストをつくした気になりそうです。

今の自分のベストをつくすは、学ぶときも、ワークをする時も、仕事をする時も、食べる時も、お茶碗を洗う時も、誰かと会っている時も、一生懸命やることです。そして、パターンが「もう年だから…」と言い出したら、「私」が、「だまりなさい」ということです。それを続けていくことです。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。パターンって何だろう?と思われた方、よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-06-08 14:27 | Comments(0)