人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

芽吹き

d0340340_22472429.jpg

また植物の話になってしまいますが、いま芽吹きの季節ですね。

雑木林は歩いていても気持ちがいいです。木に触れていると、体の中を何かが流れていくのを感じます。木のエネルギーをいただいているんだと思います。手のひらが赤くなり白いポチポチが出てきます。

木が芽吹かせようとしている力を私も分けてもらっているんだなと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-28 20:00 | Comments(0)

菫の種

春の初めに、濃い紫が気に入って、日本すみれを買いました。

次から次に花を咲かせた後に、まるいけど角張っている種が育ってきました。

その丸っぽいのが3枚に分かれて開いていました。眼鏡をかけてもはっきり見えないくらいの小さな種が見えます。

虫眼鏡で見てみると、楕円形のシュッと先のとがったものが3つあって、その上にまるい種がのっていました。まるでお皿の上にまあるいパッションフルーツが山盛りになっているみたいです。

おぉーー!と感動です。こんなに小さな中で美しく整えられたものが入っているなんて。強さも、栄養もたっぷりあるんでしょう。

何度見ても飽きないなあと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-27 22:23 | Comments(0)

行動も心も完結しよう

何かをやろうとするときや、新しいことにチャレンジするとき、「よし、自分はこれを精一杯やろう」とか、「誠意をもって臨もう」などと自分で決めて行動することが多いです。

今日もそう思って行動したのですが、行動したあとに自分で区切りをつけた方がいいと思いました。

なぜかというと、パターンで行動を振り返り「あれで大丈夫だったかな?」と心配していることに気がついたからです。

心配しているパターンに語りかけをして、「私ができることは精一杯やった」という白パターンを選びました。

行動し終わってから、「私は精一杯やった」「自分の言いたいことはちゃんと伝えたから良しとしよう」というふうに、自分が納得出来たら自分で完結した方がいいんだと思いました。

行動も心も完結しようと思いました。



− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。


by yokosize | 2019-04-26 23:45 | Comments(0)

「行く?」

「今日、温泉にいこうか?行く?」と主人に聞かれました。近所にある温泉です。

う~ん、どっちでもいいかな?という感じです。それで、目をつぶって、温泉に行く部屋(A)と、行かない部屋(B)をイメージして両方に「私」が入ってみました。(A)の部屋に「私」が入ると喉がひきつるような感覚です。(B)の部屋に入ると軽くて何も引っかかるものがありません。

私が考えているのかと思った主人は「それだけ考えるということは行かない方がいいのかな」と笑いながら言いました。私は「うん、今日は温泉はやめておくね」と言いました。

確かに、「行く?」と聞かれて、行きたいときには「行く!」とすぐ答えます。この場合、返事をするまでに間が開いてしまうのは、どちらでもいいか、気持ちがのらないか、相手の行きたい気持ちに気をつかう時で、行きたくなかったり、行かなくてもいい時なんだと思います。

温泉に行かなかったおかげで、読みたい本を読むことができました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-24 22:50 | Comments(0)

牡丹

d0340340_23244340.jpg


牡丹の花を見つけて、見知らぬ女性と「きれいですねー!」「こんな大きい牡丹はじめて!」と、一緒と見惚れてしまいました。

白い牡丹や、真っ赤な牡丹も見事に咲いていました。

思いがけないプレゼントをもらったような嬉しい気持ちになりました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-23 23:34 | Comments(0)

動機を見よう

昨日に続き、「ごめんなさい」と謝った人に幼馴染の友人がいます。その友人とは小学校4年生の時からの付き合いでした。

その友人が病気で入院している時お見舞いに行ってはよく話していました。会うたびに弱っていく彼女の姿を見ていたのに、彼女が「私は治るから」と言うのを聞くと、私は「うん」としか言えませんでした。そういう時の彼女の本当の気持ちをもっと聞いてあげたかったと思います。痛みの辛さや、憤りや、悲しみや、子供たちへの思いなどいろんな思いがあったと思うからです。

それから、最後に会った時に、私は彼女にとって聞きたくないことを話して(パターンで)別れてしまいました。やさしい言葉をかけてあげればよかったなと思ったけど後悔先に立たずです。

その彼女に心から「ごめんなさい」と謝りました。

そして、「ごめんなさい」を受け取ってもらえたなと感じたので、お墓参りに行って彼女の好きそうなお花とお線香をお供えしてきました。

話すとき、行動するときの動機をみよう。そして、誰が言おうとしているのか?やろうとしているのか?きちんと見ていこう。パターンで行動した時には選びなおしていこうと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-22 23:46 | Comments(0)

「ごめんなさい」と「ありがとう」

ちゃんと謝りたいのに、もういなくて謝ることができない方たちがいます。

その一人に叔母がいます。私は子供のころ叔母に可愛がられ、私がひとり暮らしをしている時にはずいぶんお世話になりました。

それなのに、叔母が年を取った頃、自分が忙しいのを理由に、様子を見に行くこともほとんどなかったのです。

その叔母が80歳を過ぎた頃に会いに行ったのですが、すこし痩せて軽い認知症になっていました。そして、叔母の家族との関係もあってなかなか会えなくなってしまいました。

叔母の姿を見て、ちょくちょく会いに行けばよかった、散々お世話になったのに私は何もしてあげられなかったと後悔しました。それからしばらくして叔母は亡くなりました。

その叔母に(叔母が目の前にいるのをイメージして)「ごめんなさい」と謝りました。そうやって謝っているうちに、気持ちは「ありがとう」になってきました。

たくさん「ごめんなさい」と謝って、たくさん「ありがとう」と感謝をしました。

気にかけている人がいたら行動しようと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。






by yokosize | 2019-04-21 23:14 | Comments(0)

アボガド

d0340340_22475436.jpg

アボカドの芽が出ていました。鉢の左に見える茶色い棒のようなものです。緑の葉はレモンです。

お正月頃に芽が出たらいいなと思って埋めたのを忘れていました。ゴミだと思い取ろうとしてよく見たら芽でした。種の中にちゃんと準備している生命があったんですね。すごいねーーと眺めていました。

柚子やレモンやぶどうやマンゴーなどいろんな種を見ると、蒔きたくなってしまいます。ちゃんと育てられないので、今はこの鉢にだけと決めています。

アボカドの葉はどんなだろうと楽しみです。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-19 23:13 | Comments(0)

もういいかな

もう手放してもいいかなと思いながらも、そのままにしていた物たちがあります。それは、アクセサリーで高価なものではありませんが、思いがこもっているものもあるので、そのまま使わずに置いてあったものです。

それが最近、もう私の手元から離そうと決心がつきました。ひとつひとつ手に取って、使った頃の自分を思い出したりしながら「ありがとうございました」と言いました。

そして、いろいろなものを買い取ってくれるというお店をネットで調べて持って行きました。緊張してDという店の扉を開けると、50歳くらいの男性が「いらっしゃいませ」と迎えてくれました。その男性の笑顔を見て信頼できそうなのでホッとしました。信用できそうもない、ずるそうな人だったら嫌だなと思っていたので。

その男性に「お任せします」と言って、20分くらいで査定が終わり、手続きを済ませ、このお金をどうするか考えながら帰ってきました。

そして、今回手放す踏ん切りがついて、それを実行できてよかったなと思いました。少し身軽になったような気がします。もういいかなと思いながらも何かを持っているのは、気がつかないうちに自分を縛ってしまうのかもしれないと思いました。

もういいかなは、もういい、もう必要ないということかもしれません。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。



by yokosize | 2019-04-17 23:36 | Comments(0)

我慢

我慢しているのに、それに気がつかないでいたり、なんとなく変な感じなのに大したことじゃないと気にしないように自分の気持ちを見ないでずらしていたなと思います。

でも、我慢しているときの自分は心から納得していないから、何らかのサインがあります。気持ちが少し沈んでいたり、重かったり、体の動きがスムースではなかったり、億劫だったりします。

我慢している自分に気がついたら(感情に気がついたら)、今自分は何を我慢していたのかな?いつからこんな気持ちになったのかな?と振り返ってみよう。

もう、必要のない我慢はやめようと思います。

また、我慢して何かをやらなければならないこともあると思うけれど、自覚して「今はやろう」と決めてやると、やらされてる感から、自分主導になって我慢ではなくなる気がします。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-04-15 22:41 | Comments(0)