人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング sodatu556.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。


by yokosize
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


学べることがありがたい


d0340340_16195235.jpg
茅ヶ崎産ブロッコリーの花

ギュッとなかみが濃くて広がりを感じる二日間のグループを過ごしました。

自分の感覚を思い出したり、何をやった?とノートをめくったりしています。

自分だけではなくて、自分以外の命や環境や宇宙にも意識をむけたいと思ったグループでした。

2日目の夜の、先生の映画のお話が印象深かったです。そして、その話からでたMさんの「魂のアイデンティティー」という言葉も。印象に残っているのは、私のパターン(今までの物の見方)と違う見方があって、それを先生が当たり前のようにすっきりと選んでいるのを見たからです。

こうやって学べることがありがたいし嬉しいです。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。




by yokosize | 2019-03-31 17:17 | Comments(0)

雪柳


d0340340_23321555.jpg

雪柳の小さな花がモクモクッと木に覆いかぶさるように咲いていました。あー、雪柳の香りだと思いました。楚々とした花からは想像できない強めの香りです。

この白い花も春だなーと感じさせてくれます。

どんな花も見ていると、ありのままの自分でいいんだ、という自分の原点を思い出させてくれる気がします。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2




by yokosize | 2019-03-28 10:00 | Comments(0)

言えるまで挑戦


これからは、自分の思っていることを言おうと思っていたのに、言うことができませんでした。決めてたのに。

どうしてかというと、その人との間に波風が立つし、腹を立てられたら怖いし、その雰囲気の中にいることが自分には耐えられないとパターン(思っていることを言うのが怖い)は思っているからです。

パターンに語りかけをして、「もう、そういうふうに決めつけないで、思ったことを言える自分になろう」を選んで、次の日に「昨日は言えなかったんだけど‥‥」と、話そうと思いでかけました。

そうしたら、その人に「昨日はごめんね、大変だったんだ・・・・」と先に言われ、私は何も言えませんでした。また、言えなかったんです。

本当に大変だったんだろうなと分かります。でも、それとは別でしょ、という思いが私にはあります。いいように使われちゃったなという感じです。はっきりと、私は嫌だという意思表示をしない限り、その人はずっとそういう態度を続けていくのがわかります。

だから、やっぱり話そうと思います。言えるまで挑戦です。



− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2










by yokosize | 2019-03-27 23:26 | Comments(0)

塗り絵


今の私は、黄色と白に魅かれると、昨日の日記に書きました。

でも、塗り絵をやっていると、ブルー系の色をたくさん使いたくなるから不思議です。以前は好きだった色が、そうではなくなっていたりと色の好みは変化していくんだなと思います。

塗り絵をやっている最中は、一心に集中して塗っています。楽しい気持ちに近い充実感があります。好きな色を集中して塗っていく行為が自分を満たしているみたいです。

塗り絵をした後、気持ちがとても落ち着いていて「私」がワークをした時のような、瞑想したあとのような感覚でした。

塗り絵って、子供の遊びとか、お年寄りの認知症予防だけだと決めつけていたと反省しました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-25 23:48 | Comments(0)

椿





d0340340_23075511.jpg

歩いていたら、木の下に白い椿の花が落ちていたので気がつきました。

花びらがしっとりした感じで触れてみたかったけれど、さわったら傷つきそうなのでやめました。花の白さと花芯の黄色の配色もすてきです。

今は、黄色と白に魅かれます。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2

by yokosize | 2019-03-24 23:28 | Comments(0)

先日、自分の思っていることを言ってみました。今までだったら、自分が弁解したり、人のせいにしていると思われるのが嫌で言わなかったり、波風が立つ心配から言わないでいたようなことです。

慣れてないからちょっとドキドキしましたが、事実だけを言いました。

こういう感じで言っていけばいいんだなと思いました。言いたいことを言うのは気持ちがいいし、自分への信頼感が増します。

事実だけを、自分のためにも、誤解を防ぐためにも、言っていこうと思いました。

by yokosize | 2019-03-24 00:00 | Comments(0)

何が心配?


知り合いのMさんに、ある事でいろいろと質問されました。

私が答えられるところは答えた後も質問は続きました。Mさんは私のことを気にかけ心配しているかのようですが、自分の身を案じて聞いているのがわかります。私が「今日は質問攻めですね」と言うと、Mさんは「じゃあ止めようか」と言いますが、少し経つと話が戻ります。

そして、Mさんは「私は赤木さんのことより自分の心配をしているだけなの」と言ったので、私は「そうだよねー、自分のことが心配だよね」と言いました。私は、そんなMさんの隠さない(わかりやすい)正直なところが好きです。

誰かの心配をしている時、自分が本当に心配しているのは、誰かの影響を受ける自分ということが多いです。それが家族だとなおさらだと思います。

自分は、何が心配で、どうなることを恐れているのかをきちんと見ていたいと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


by yokosize | 2019-03-22 23:58 | Comments(0)

少しずつ


このところ、自分のお願いしたことを断わられることが続いています。自分を鍛えているような感じです。

その瞬間はやっぱり落ち込みます。そして、やっぱり自分は駄目だとか無理だとか言っているパターン(自分が思い込んでいること、決めつけていること)に「だまりなさい!「私」がすべてのことを考えて決めて行動していくからだまりなさい!」と言っています。その後、新しいパターンを選びます。うまくいかなかったら時間を取って練習します。

回を重ねるごとに、パターンに変わって「私」がリードするまでの時間が少しずつ短くなってきています。

そして、パターンで自分を決めつけていた結果が今の自分に表れているんだなと思います。

嫌なことに思えることの中にも、自分を鍛えたり、気づいたりするという豊かさもあるんだなと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-03-20 23:56 | Comments(0)

断わる


誰かに何かを断わられてがっかりするのは、断わられることを、自分を否定されているように受け取ることが多い気がします。断わられるイコール自分は否定されたと考えます。

そう考えていると、逆に自分が誰かに断わるときに、断わる物事だけではなくて相手のことまで否定することになると考えてしまって断わりづらくなると思います。人間関係が壊れてしまう不安や嫌われる怖さを感じているからです。

断わるのは、自分がただそれをやりたくない、選びたくないというだけともいえます。

なんだか、わざわざ自分で自分や相手の自由を奪ってしまう意味付けを、断わるということに付けていたんだと思います。

自分を自由にしていく意味づけをしようと思いました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-20 00:00 | Comments(0)

一瞬の躊躇


仕事をしていて、必要以上に気を使っていると感じることがありました。

たとえば、自分がやっている仕事に必要なものを取りに行きたいけど、そこで他の人が仕事をしていて通れないとき、その人がどくまで待ってから取りに行ったり、しばらく様子を見たりするというぐあいです。

それは、その人の仕事の邪魔をして嫌な顔をされないかという、他人に嫌われたくないというパターンです。このパターンは、「ちょっと通してください」「失礼します」と、ひと声かけて通ることにも気兼ねしてしまいます。

仕事場で私がやることは仕事で、必要以上に気を使ったりして仕事を中断することではありません。だから、このパターンが出ると「だまりなさい」と言っています。そして、「私」でどんどん仕事を進めるようにしています。仕事に遠慮はいらないとも思います。

それでも、まだ行動するまでに一瞬の躊躇を感じる時があります。そして、そういう一瞬の癖(パターン)は自分の生き方にまで関係してくるので選びかえていこうと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-18 22:19 | Comments(0)