人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

兄弟のように

兄弟といる時の自分は、だらしのない面も、みっともない姿も、笑われるようなことも、怒って喧嘩も、子供時代に戻ったようなことをしたりしています。生まれた時から一緒に育ってきて、お互いに相手のことをある程度は知っているし、喧嘩しても仲直りできると思っているのもあるし、ありのままの自分でいられるので一緒にいても楽です。ただ、心や魂のことなどを話せたらいいなと思うし、そこに物足りなさを感じます。

それに比べると「魂の道場」で一緒に学んでいるみんなとは心や魂のことを話すことができます。そういう場や仲間がいることをとてもありがたいと思います。

そういう仲間たちといる時、私には兄弟といる時のような気楽さはなく緊張感があります。それは、嫌われたくないとか、比較や、自分をよく見せたいなどのパターンがあるからです。今年は、自分が兄弟といる時のようにありのままの自分でいられるようになりたいと思っています。だから、パターンを許すけれども、もうパターンを選ばない自分になろうと思います。

縁があって一緒に学んでいるみんなとは兄弟のようにつきあいたいって思います。そして、それは自分のまわりの人達との関係にも望んでいることのような気がします。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2

by yokosize | 2019-01-30 22:08 | Comments(0)

リアルに見ていこう

先生の「恥をさらそう」という日記を読んで気がついたことがあります。

先日書いた「自分で考えたことは自分のものになるんだよ」という話を聞いている時に、感じた悲しい気持ちを生み出しているパターンは「誰かに守ってもらわないと私は生きられない」ではないということです。

私には確かにそのパターンもあるけれど、悲しい気持ちを直に生み出したパターンは、「怒られるのが嫌だ」というパターンです。注意されたり怒られたりすることにだいぶ慣れてきたと思っていたけれど、まだパターンは怖がっていたんだなと思います。自分が考えていないことやできていないことを認めなければならないし、念を押される、それもみんなの前で。恥ずかしさや悔しさもパターンは感じています。

「怒られるのが嫌だ」というパターンには現実感があります。それに比べて「誰かに守ってもらわないと私は生きられない」というパターンはオブラートに包んだ感じでです。

その時の状況と、感情と、パターンをリアルに見ていこうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-01-29 23:31 | Comments(0)

新年早々

新年早々遅刻をしてしまいました。

姉と従妹と初詣に行くために、浅草駅で待ち合わせをした時間は11時。それなのに、当日私は11時30分と思い込んで行きました。あれ~、いつも早く来ている従妹がいない、おかしいな?と思い携帯を見たら電池切れ。改札に行ってみようと階段を上りはじめたとき、自分が時間を間違えているのではと気がついて焦りましたました。

階段を駆け上っていくと、従妹が「洋子ちゃーん、どうしたの?姉ちゃんは下に探しに行ったから呼んできて」と言われ、下に行くと姉が私の姿を見て心配そうにしています。滅多に遅刻をしない私が遅れたので事故にでもあったのではないかと思ったそうです。

それから、私が時間を間違えたこと、携帯の電池切れだったことを話すと、二人に怒られたりあきれられたりで、私はひたすら「ごめんね」と謝り続けました。観音様へ、会えてよかったとお礼を言わなくちゃねとも言われました。

新年早々の思い込みと遅刻でした。これからは、前日に時間と場所を確認しようと決めました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


by yokosize | 2019-01-28 12:06 | Comments(0)

豊かに生きたいから

自分に向き合い始めてから、今自分のやることに一生懸命になろうというようになってきました。そして、その大切さもわかってきました。

それは、仕事も、家の中でも、他人との付き合いでも、習い事でも、遊びでも、いろいろなことをするなかで感じています。そうなることで、やっていることは以前と同じでも、自分の中がじゅうぶんに満たされているのを感じるからです。適当にやっている時には、そういう充実感はありませんでした。今、自分のやることに一生懸命になることでどんなに豊かになれるかを知ることができました。

そういうことを、何十年も前の私はしりませんでした。自分がはじめて勤めた時のことを思い出すと恥ずかしです。何もできない新人なのに、与えられた仕事を軽く考えていたし、単純作業だとバカにして、つまらないと思いながら働いていました。そして、その軽く考えていた仕事のミスを何回も繰り返して先輩に迷惑をかけていました。何度も教えていただいた先輩にはごめんなさいです。

その新人の時の自分が、自分の仕事を精一杯やっていたら、仕事をバカにしたりつまらないと決めつけてはいなかったのではないかなと思います。もったいない生き方をしていました。

今の自分はどうかというと…まだまだですが、中途半端にやっている自分に気がついたら、「これは「私」ではない」と言って、選びかえます。豊かに生きたいから。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


by yokosize | 2019-01-27 23:58 | Comments(0)

昨日のパターン

昨日書いた、「自分で考えたことは自分のものになる」という話を聞いている間、切ないような悲しい気持ちを感じました。そのときは、その気持ちを生み出したパターンがはっきり分からなかったのもあったので、ちゃんと味わっておこうと思いながら話を聞いていました。

その方の話を聞き終わった私に、一緒にいた方がなぐさめるような元気づけるようなことを言いました。それを聞いて、ほっとした安心感を感じました。さっきの悲しい気持ちを生み出したパターンがホッとしていると分かりましたが、今はこの気持ちを感じていようと決めました。

パターンは何だろう?あの方の言葉の何に引っかかったのだろう?と考えてみると、自分で考えなさい、という言葉に引っかかったんです。パターンは、突き放されて一人になってしまうのではないかという寂しさ悲しさ怖さを感じたのです。「誰かに守ってもらわないと私は生きられない」(一人では生きられない)というパターンです。

そして、そのパターンが、なぐさめ元気づけられて、ほっとしていたんです。

家に帰ってから、語りかけをして、「私は一人でも生きられるかもしれない」に選びかえをしました。そして、「自分で考えたことは自分のものになる」という話を聞いている場面を再現して(シミュレーション)、パターンに「これは「私」ではない」「リーダーの「私」が全て決めるから」「だまりなさい」と言いました。

次に、このパターンが出てきたときには、「私」がその場で「だまりなさい」と言います。

今回のことで、パターンとパターンの生み出す感情を受け入れる懐が深くなっているのを感じています。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2





by yokosize | 2019-01-25 23:18 | Comments(0)

自分で考えたことは自分のものになる

「自分で考えたことは自分のものになるんだよ、他人に言われてやっても自分のものにはならないんだからね」と、ある方に言われました。

聞いていて、心の勉強でも感じていた今の自分に必要なことを、さらに念を押されているように感じました。

誰かが何かを言ってくれるのを待っているだけだったり、言われたことを自分の中で一度考え納得しないと、充実感もないし、ただ流されていくだけの人生に感じます。自分というものも無いし、他人を頼らないと生きられない状態です。

「自分で考えたことは自分のものになる」を忘れずに学んでいこうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


by yokosize | 2019-01-24 23:58 | Comments(0)

子供たち

今の時期、私が働いている洋品店には、中学に入学する子供たちが制服を買いに来ます。子供たちは、体操服やジャージや制服の試着をしたり、上履きを履いたりでいそがしいです。 

小学生と分かるような子もいれば、大人サイズの子もいます。よく話す子も無口な子もいます。でも、話してみると幼さが残っていて、あーやっぱり小学生だなと感じます。

ボタンを留めたりサイズを測ったりしながら、この子はどんな中学校生活を送るのかな?と思います。

子供たちひとりひとりが元気で過ごせるといいなと思います。子供たちが自分を大事にして健やかに育つためにも、大人の私も頑張ろうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-01-23 22:58 | Comments(0)

印象の変化

以前、怖いなあと感じている方がいました。ビクッとするような強い口調で言われることが何回かあったので、怖い人と決めつけていました。その方と会う前にはワークをしていました。

それが、最近は怖さを感じることはなくなりました。物事を冷静にそのままを見て判断するし、てきぱきしているし、話していると気取らず、やさしさも厳しさもあるという印象です。

どうしてそんなふうに印象が変わったのかと考えると、以前は自分が強い口調で言われたことで、怖いだけの人と決めつけていたんだと思います。怖がるパターンでしか見られなかったんです。パターンで見なくなると、その方のいろんな面が目に入ってきます。私が最近その方に感じている印象だけではない、私の知らない部分もたくさんあるんだと思います。私の知らない部分ははかりしれないです。

私は、目の前にいる人のほんの少しを見ているだけなんだということを忘れずにいようと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2





by yokosize | 2019-01-22 23:58 | Comments(0)

深夜

昨日一昨日と日記を書かずに早くに寝てしまいました。日中の疲れでさぼってしまいました。

早く寝たので、深夜に目がさめて少しのあいだ起きていました。昼間とは違ってシーンとしていて静かです。こういう真夜中の落ち着いた静かな感じも好きだなと思いました。耳を澄ましていると、建物のきしむ音や、配管を伝ってくるよその家の物音や、風の音も小さく聞こえてきます。

家の中は静かだけど家族が隣の部屋にいる、外は静かなんだけどたくさんの家があってその一つ一つの家に誰かが住んでいる。そういう中での静けさなんだと思うと胸のあたりがほのぼのとしてきました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2

by yokosize | 2019-01-21 19:40 | Comments(0)

やり続けていくだけ

昨日、去年の暮れに病院で受けた検査結果を聞きに行ってきました。

待合室で待っている間、検査は具合が悪いわけではなくて、先生に勧められて受けたのだから何ともないだろうという思いだったのが、時間がたつにつれて不安を感じてきました。その不安を生み出したのは「病気になりたくない」というパターンです。病気は嫌なものだし、痛いし、辛いだろうし、体が動かなくなって今までできていたことができなくなるし…とパターンはどんどん不安を大きくしていきます。

パターンに気づいて、「これは「私」ではない、これは「私」ではない、これは「私」ではない・・・・・」、「だまりなさい、「私」が考え「私」が全てを決めるから、あなたはだまりなさい」と言い、「私」、「私」、「私」・・・・・と言っていました。

それから、診察室に呼ばれて先生から「検査結果は異状なかったです」と言われて安心しました。

診察室を出てしばらくしてから、看護婦さんに呼ばれた瞬間から自分が「私」にいないことに気がつきました。安心したのは「病気になりたくない」というパターンだったんです。不安を抱えたパターンが異常なしと言われて安心していたんです。

あっという間にパターンで考えたり行動してしまうことを考えると、今までの自分がほとんどパターンで過ごして来たということがわかります。

これはもうパターンではなく「私」でいることをやり続けていくだけだなと思います。



- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-01-18 23:18 | Comments(5)