<   2018年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雨の香り

仕事場で扉の近くに行ったらフワッと雨が降ってる香りがしました。かわいた地面に勢いよく雨が降った時のちょっと埃っぽくて湿り気のある香りです。一瞬、あーこの匂い久しぶりと思いながら、あわてて外に飾ってある洋服をしまいに行きました。

帰るころには土のにおいが薄れた雨の香りになっていました。同じ雨でも、降る前と、降り始めと、降っている最中と、止んだ後では香りも空気感も違います。

天気によっても、一日の時間によっても香りの変化はいろいろなんだということを忘れていました。もっと五感を使い楽しみたいと思いました。



[PR]
by yokosize | 2018-09-18 23:58 | Comments(0)

正直

正直について考えています。

自分の中のパターン(認められたい、大事にされたい、勝ちたい、思い通りにしたい、○○さんが嫌い…などなど)や、パターンが生み出す感情(焦り、悔しさ、心配、情けなさ、悲しみ、イライラ、不安、恐れ…などなど)を正直に認めるという正直があります。

それと、パターンではなく「私」(本当の自分)で生きることも、正直ということなんだと思いました。「私」がどう在りたいかに正直になるという正直です。

今まで私の中での正直というのは、自分の中のパターンや感情に正直に向き合うということを主に考えていましたが、正直にもいろいろありそうです。

自分に正直に向き合いながら、正直の幅を広げていきたいと思います。




[PR]
by yokosize | 2018-09-17 23:55 | Comments(0)

d0340340_22281499.jpg
あの信じられないような暑さも去り、涼しくなってホッとしています。

過ごしやすくなったのに毎日アイスを食べていたら癖になってしまいました。好きな味を見つけてしまったのもいけなかった。健康診断までにはアイスを卒業したいけど、もう少しの間はいいかなと思っています。

[PR]
by yokosize | 2018-09-16 23:38 | Comments(0)

現実の自分

今ワークをしている「私は一生負け組の人間だ」と、「私が一生負け組の人間であるはずがない」という黒パターンがあります。この二つは相反するパターンで、自分を過小評価するか過大評価するかという極端なものです。

そして、言っていることは違うけれど、どちらも自分のことを自分はダメで何の力もないと思っているので自信がありません。そして、それをそのまま信じているパターン(「私は一生負け組の人間だ」)と、そんなはずはないし自分を守り維持できないから認めたくないというパターン(私が一生負け組の人間であるはずがない」)があるんです。

その二つのパターンに語りかけをして、「もう、そういうふうに決めつけるのをやめてもいいのかもしれない」という白パターンに選び変えています。どちらも自分への偏った決めつけなので。

やっていて感じるのは、私は現実の自分を見ていないということです。パターンが思考している自分、パターンの世界の中の自分を見ていたんだということです。

現実の自分をみようよ、見ても大丈夫だから!と、自分に言っています。

[PR]
by yokosize | 2018-09-15 23:28 | Comments(0)

ボタン

私がお店にいる時に、たまにいらっしゃるお客様から電話がかかってきました。

「午前中に買った洋服のサイズが大きいから取り替えてもらえますか?」ということだったので、「レシートがあれば大丈夫ですよ」と答えました。そして、「この間買ったブラウスを洗濯して干そうとしたらボタンが取れかかっていたから、付けてくれる?私にはできないからやってくれない?木曜日に洋服と一緒に持っていってもいいかな?」と言われました。

一回の洗濯でボタンが取れかかったと聞いて、申し訳ありませんと謝りました。木曜日は私が休みだったので、やりますとも言えず、他の人が見てもわかるようにメモを書いておきました。

ボタンがちゃんとついていなかったのはお店の責任ということもあるし(セール品でも)、かなり年配の方でボタン付けができないならやってあげたいと私は思います。できないことを助け合えたら、地域に根差したいいお店になると思うのですが...

ボタンひとつでいろいろ考えました。

[PR]
by yokosize | 2018-09-14 23:50 | Comments(0)

「私」の責任

パターンは、何か引っかかることがあると感情を生み出してはおしゃべりしたり、いろいろな場面で口を出してきます。

たとえば、勝ち負けにこだわるパターンは、自分と他人を比べて「私は○○さんよりできる、私の方が上だ、よかった」とか、「負けちゃった、嫌だなあ、ここにいたくない」と言ったりします。

そんな時、先生に教えていただいた「だまりなさい」と「私」がパターンに言います。そうすると、パターンは静かになります。ピタリと何も言わなくなります。

「私」が指導権を握っていて全てを決めていくから従いなさいということをきちんとパターンに教えないと、パターンも自分がどうしていいかわからない状態だったんだとわかりました。パターンに教えることは「私」の責任なんだと思います。

そのためには、「私」がどう在りたいかを決めて、これからどうしたらいいのかを考えていこうと思います。

[PR]
by yokosize | 2018-09-13 23:42 | Comments(0)

音楽に合わせて踊る

近くにある保育園から歌(たぶんEガールズだと思う)が聞こえてきます。歌に合わせて園児たち(3~5歳くらい)が先生と踊りの練習をしているようです。

音楽に合わせて体を動かすことことがまだできない私は、気になって眺めてしまいます。こんなに小さい時から楽しそうに踊っていたらリズム感も育っていいねーと思います。うらやましいです。

今の私は、体に気を取られると音楽は耳に入ってこないし、音楽が聞こえても合わせるタイミングがわからないし、タイミングが少しわかっても体がついていけないという状態です。これはもう聞いて動いて慣れるしかないです。

あと、できないと引いてしまうというパターンがあります。できないのを理由にやらなかったり、わからなくてオドオドしてしまったり、恥ずかしいと思ったりします。

そういう時は、できないからどんどんやって覚えように選びかえています。覚えようとすると恥ずかしがっている暇はありません(笑)


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



[PR]
by yokosize | 2018-09-12 23:35 | Comments(0)

「私」がリーダー

語りかけや白黒ワークなどのワークをする時に、「私」がパターンたちのリーダーだということを意識しながらやっています。先日の個人セッションで、「私」がリーダーだという意識が自分に足りないということがわかったからです。ワーク以外の時も、「私」がリーダーなんだ、父なんだ、導いているんだ、ということを意識するようにしています。

勝つことや、認められることや、褒められることや、大事にされること・・・などなど自分の外側に何かを求めるパターンをそのままにしておくのは、他の誰かを自分のリーダーにするようなものです。これでは、自分のリーダーを探していろいろな人を渡り歩かなければなりません。

リーダー(「私」)は自分の中にちゃんといたんですね。「私」がリーダーなんだと思うと、気持ちがしっかりするのを感じます。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2

[PR]
by yokosize | 2018-09-11 23:49 | Comments(0)

餃子、その後

今日、Tさんに話しました。

私「自分で作れないお料理の材料は、私に聞いてから買ってきてね」
T 「自分で作ろうと思ったんだよ」
私「初めて作るときは私が教えながら一緒に作ることになるでしょう?私の都合も考えて欲しいんだよね」
T 「でも、こういうことは滅多にないよ」
私「滅多にないことだから今言っておこうと思ったの」
T 「そっか、わかった」
私「よろしくおねがいします」

何年一緒にいても話さないとわかってもらえないことが結構あります。私も相手のことを理解していないことがあります。ひとつひとつ面倒くさがらずに話していこうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2





[PR]
by yokosize | 2018-09-10 23:15 | Comments(0)

餃子

午後に仕事から帰ると、Tさんに「夕飯は餃子がいいと思って挽肉を買っておいたよ」と言われました。それも合挽肉と、大判の皮40枚です。私は作る気がないので意地悪く「え?Tちゃん餃子つくれるの?」と聞くと「小学生の時に包んだけどグチャグチャになった」といいます。私の都合などは考えずに、いいでしょう!という笑顔にはガックリします。

しばらく休んだら、餃子を作ってもいいかなという気持ちになったのでつくりました。久しぶりに自分で作った餃子は美味しかったです。Tさんも「美味しいねえ」と嬉しそうでした。

明日の朝、これからは自分で作れない料理の材料は私に聞いてから買ってきて欲しいこと、私の都合も考えてほしいことをTさんに話そうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


[PR]
by yokosize | 2018-09-09 23:00 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。