一日24時間が自分の時間

夜、家族が寝て部屋に一人になったときに、さあこれから自分の時間だって思いました。が、あれっ?自分の時間は夜ひとりで起きている時だけ?そうではなくて、一日24時間が自分の時間なのにどうしてそう思ったんだろうと思いました。

そう思うのは、他の時間は自分のためではなくて、誰かほかの人のために使ったり、影響されたり、人に何かをやらされているような、自分の意志に沿わない時間を過ごしているように感じているからだと思いました。

たとえば、同じ仕事をしていても、この仕事を一生懸命やろうと決めてやるのと、こんな仕事をやらされていると他人のせいにしながらやるのとでは違います。

仕事をしていても、だれかと一緒に過ごしていても、ひとりでいても、その時間は自分でパターンを選び行動できます。そうやって過ごす自分の時間を意識して行動するのって、自分の生命を大事にしていることだと思います。

一日24時間を自分の時間にしたいと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-30 23:21 | Comments(0)

素直に聞いてみよう

自分の思いを通すために、何を言われても自分の聞きたいことしか聞こうとしないという方がいました。

私がパターンで生きている時ってこういう感じなんだと思いました。

パターンの棲んでいる世界が、どんなに自分を苦しめたり、貶めたりするものであったとしても、パターンはそれが当たり前と思っているから、パターンのいる世界と違うものを、見たり、聞いたり、触れたりしても、パターンには自分とは関係のない世界と思えて、見ようとしないし、聞こうとしないし、気づかなかったりするんだと思います。

それが、どんなに心から安心できる世界であっても、パターンは自分から聞こうとはしません。

自分の知らないことはたくさんある、だから、素直に聞ける自分でありたいと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp


[PR]
by yokosize | 2018-04-29 22:39 | Comments(0)

甘えてもいいんだよ

週末に姉のところへ行くことになっていたので、何時に行ったらいいか聞くために電話をしました。私は誕生日のプレゼントを持っていこうと思っていたのです。

ところが、姉は私が行くことを忘れて、他の予定を入れてしまっていました。姉は電話で話しているうちに、自分が忘れてしまったことに気がついて、しきりにごめんごめんと謝ります。私が「えーー、約束したじゃない、楽しみにしてたのに!」というと、ごめんねを繰り返します。

そのときフッと子供の頃、姉に拗ねたり甘えたりした時の気持ちを思い出しました。姉のあやまる声を聞きながら、懐かしくて少しその感じを味わってしまいました。

電話を切ってから、姉は私のように甘えたことがあるのかな?ないかもしれないと思いました。私がおぼえている限り、姉が両親に甘える姿を見たことがありません。たぶん家族以外の人にも頼ったりせずに今までやってきたのだろうと思います。頼り方がわからないのかも?

これから先、姉が必要な時は力になれる自分でありたいと思いました。本当は、「姉ちゃん、甘えてもいいんだよ」と言いたいです。

そして姉も妹も関係なく、甘えたり、頼ったりしてもいいのではないかと思います。

結局、会う日が延びたのでプレゼントは宅急便で送りました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp



[PR]
by yokosize | 2018-04-28 23:38 | Comments(0)

できないこと

何かができないというのは、できないというただそれだけなんだということが、自分の中に落ちてきている気がします。

それは、まだ完全に腑に落ちたとは言えない状態です。ですが、自分が何かができない最中や、できない場面をシュミレーションしている時や、できないことについて考えている時などに、今のこの状態の自分、それだけなんだと思います。

そういうとき、できるかできないかではなくて、その時の自分はどうするか?どうありたいか?で行動できる自分になりたいと思います。

[PR]
by yokosize | 2018-04-27 23:58 | Comments(0)

カムカム

はじめて、カムカムの入ったジュースを飲みました。味は、酸味があって後味にかすかなえぐ味を感じる、グミの実に似た味でした。好きな味だったので、あっという間に飲んでしまいました。

カムカムというのは、アマゾン川に育つ植物の果実で、ビタミンCが豊富でスーパーフルーツとも言われているそうです。赤く熟して川に落ちた実を魚が食べて種を出すときに、魚の歯がカムカムの種にあたる音からついた名前のようです。アマゾン川流域に住む人たちの雇用にも役立っているそうです。

知らなかったなー、カムカム。未知の食べ物ってまだまだあるのでしょうね。

粉末になったものもあるようなので、見つけたら試してみたいと思っています。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-26 22:20 | Comments(0)

ほっとする

以前、私がホッとできるのは、お風呂の湯船につかっているときや、一日の終わりに布団に横になってゆったりできる時と思っていました。

それから、カウンセリングを通して、それとは違う質のほっとする状態があるのを知りました。何が違うのかというと、自分の中のもっとずっと奥深いところからのほっとする、あー私は大丈夫なんだという感覚の拡がりです。以前の自分ととは、外見(年は取ったけれど)も条件も大して変わらないし、思い通りの現実にならないこともあるけれど、何があっても大丈夫なんだろうなという安心感です。

カウンセリングは、自分に向き合い自分を理解していく作業をしていきます。それは、おもにワークを通して行います。自分で自分をカウンセリングする、セルフカウンセリングです。

まだまだ自分の知らない質ってあるのだろうと思います。そういう自分の知らない質を体験するのを楽しみにワークをしつつ、自分の体験を通したカウンセリングをしていきたいと思っています。



- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-25 23:01 | Comments(0)

本当にそうなのかな?

「気にしないでね」と言われました。そう言った方は、私がある方からいろいろ言われていたのを見ていて、私が気にしていると思い、心配して気遣ってくれたのだと思います。

でも、私は他のことで頭がいっぱいで気にしていなかったので、私は「はぁ」と言っただけでした。

このことがあって思ったのは、私も相手の気持ちを聞いてもいないのに、分かったつもりで話していないだろうかということです。

相手の気持ちは本人にしかわからないし、私は何も分かっていないという向き合う姿勢を大事にしたいと思いました。

自分の話す一言一言に、本当にそうかな?パターンで言ってないだろうか?と気をつけようと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-24 23:23 | Comments(0)

先日、家族が一泊二日の旅行に行ったので、2日間ひとりで過ごしました。

そのあいだ、私は解放感を感じ、のんびり過ごしていました。それで、ふだん自分が家族に必要以上に気をつかっていたんだということに気がつきました。必要以上にというのは、私が一人で家にいる時も外出している家族を気にかけているということです。

たとえば、ひとりの時は早い時間から夕飯の準備を考えたり始めたり、帰ってくる時間に間に合うようにしなきゃとかです。それはもっとゆったり構えてもいいんじゃないかと感じました。自分で時間ややることを決めて、そのあいだは自分のことをやっていこうと思いました。

それと、一緒に住んでいるからこそ、もっと一人の時間をお互いに持つといいのかもしれないとも感じました。ひとりの時間を持つことで、家族と過ごす時間も大事にできる気がします。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-23 23:16 | Comments(0)

「私」の目で現実を見る

パターンは現実(ありのままの自分のことも)をそのまま見ることができないと思います。現実から目をそらしたり、自分の見たいようにしか見ていないと思います。

たとえば、挑戦ですが、考えてみたら私はたくさんの新しいことにチャレンジしてきています。子供の頃は、自転車に乗ることや、新しい遊びをやるのもチャレンジです。そして、カウンセリングを受けたり、習うのもそうです。

それらのことをやる最初を思い出してみると、別世界のことのようで、緊張したり、楽しみだったり、こわごわだったり、不安だったりするけれど、いつの間にか自分の世界に加わっていて身近なものになっています。

やる前はパターンでとらえ想像していた段階から、やり始めていくとパターンは大人しくなっていきます。そういう体験を意識して自分のものにしないと、いつまでたってもチャレンジすることに身構えてしまいます。


パターンではなくて、「私」の目で現実を見ていきたいと思います。「私」の目で見たら、別世界とか異質なものととらえるものもないのかもしれないと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-21 19:49 | Comments(0)

挑戦

今までやったことがないことをやることも、やりたかったことをはじめてやることも、苦手なことをやってみようと決めてやることも、今までやっていたことを止めることも、やり続けることも、挑戦なんだと思います。

自分にとって小さな挑戦も大きな挑戦も、心配や、不安や、怖さや、楽しさ…などなどいろいろな感情がわいてきます。その感情を生み出しているのはパターンです。

パターンというのは、自分が生まれてから両親やまわりの大人たちや情報に影響されたり、自分の体験から自らつくりだした、思い込みや信じていることを言います。

たとえば、失敗や変化を恐れているパターンがあると、大丈夫だろうか?失敗したらみっともないし、今のままで変わらなくてもいいかも、などと考えて挑戦することに二の足を踏みます。

そのパターンに「語りかけ」というワークをしていきます。「私」(本当の自分)がパターンに語りかけていきます。

「私」がパターンに語りかけを続けていくことで、パターンが少しづつ変化していくのを感じられるようになっていきます。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp



[PR]
by yokosize | 2018-04-20 23:57 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。