人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

パターンを嫌うパターンのケア

パターンを嫌うパターンのケアは大事だと思います。

たとえば、私の場合「人を差別する」パターンがあるとき、「人を差別してはいけない」というパターンもあります。

子供の頃から「差別してはいけない」と先生や大人たちから教えられながらも、まわりの大人たちの差別する言葉や態度にふれている間に、自分の中に「人を差別する」パターンを根付かせていったりすることがあります。

実際に、誰かを差別し見下している自分がいるのに、そういう差別している自分が許せない状態です。

そういう時のパターンを嫌う(あってはいけないものとする)パターンのケアは大事だと思います。

どうしてかというと、そのパターンがあると語りかけをしていても、「差別というほどのものでもないんじゃない?」などと現実の自分を見ないように働きかけてきたりするからです。そして、感情がわいてきてもそれを打ち消し、パターンから目をそらさせようとします。そうなると、自分に向き合うことがつらくなります。だから、パターンを嫌うパターンのケアもちゃんとした方がいいです。

どんなパターンもあっていいし、パターンに優劣はないです。今まで自分の何かを必死に守ろうと健気に働いてきたパターンだからケアしたいと思います。

現実の自分も、どんなパターンも愛せる自分になろう!と思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


by yokosize | 2018-03-19 23:41 | Comments(0)

オオイヌノフグリ

d0340340_22082372.jpg

道端にオオイヌノフグリが咲いていました。空色の花びらがかわいいです。

この花を見ると、よく外で遊んでいた子供の頃を思い出します。

父や母や、近所のおばさんたちや、長屋や、井戸端の風景も思い出してなつかしい気持ちになりました。

by yokosize | 2018-03-18 22:30 | Comments(0)

自分の体が好きになった

バレエの先生には「お腹が出ている」と毎回言われています。立っている姿勢が違うらしいのですが、よくわかりませんでした。

先日、「先生、ちょっとわかった気がするんです」と姿勢を見ていただいたら、重心をかける足の位置も違っていたし、あごも出ているといわれ、できていないことが分かりました。

そういう、できない、ついていけないことばかりだけど、今より少しでもできるようになろうという気持ちで行っています。つい時計を見てしまう時もありますが(笑)。だから、ほんの少しでもわかることがあったり、できることがあると嬉しいです。

そして、以前より自分の体を大事に扱うようになりました。足首や膝が痛かったらマッサージしたり、テニスボールでお尻のコリを取ったりとまめにケアもしています。

年とともに少しづつ変化してきている体だけれど、この体でできることをやっていきたいと思います。

なんだか、私自分の体を好きになったなあと感じています。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


by yokosize | 2018-03-17 23:31 | Comments(0)

パターンを選ばない

どうしてパターンが間違えることを避けたいのかというと、自分が正しくなくなってしまうからです。

そうなると、人から評価を下げられてバカにされるし、誰からも必要とされなくなるし、自分が負けを認めなければならなくなって自分の支えが崩れてしまうようで怖いんです。それを信じているから、パターンは間違えることを避けようとします。

えー、そこまで?と思うほど、パターンは物事を重くオーバーにとらえています。でも、実際パターンはそう信じているんです。

間違えることを避けようとしながらいるということは、自分を信頼することもできないし、消極的にもなるし、声だって小さくなるし、こわごわと生きていくことになります。

はじめから間違えることを恐れて行動するのはパターンで生きるということです。

パターンを選ばないで、自分のやりたいことや、今自分のやることをやっていくために、ワークをしながら行動していこうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/




by yokosize | 2018-03-16 13:00 | Comments(0)

一生懸命になれる自分

仕事のミスをきっかけに気づいたのは、今まで自分が間違えることを恐れながらパターンで生きていたということです。

今も語りかけている「できない自分をさらすのが怖い」というパターンと、間違えることを恐れるパターンは同じようなものです。間違える自分はできない自分でもあるし、人目にさらしたくないとも思っているからです。

パターンは、間違えてはいけないと思っています。何が正しくて何が間違いかは、その都度パターンが決めている状態です。その時その時の状況や、先生や、家族や、情報や、自分の経験から正しさを考えます。

そのパターンとともに、自分は間違っていないかと不安を抱えながら今まで生きてきたんだと思いました。

これでは、本当の自分らしさはどこかに追いやられてしまいます。

正しいとか、間違いとかにとらわれることなく、今の自分のやることに一生懸命になれる自分になろうと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


by yokosize | 2018-03-15 22:31 | Comments(0)

物事の捉え方

今日、仕事でミスをして落ち込みました。

そのとき、私には向かない仕事なのかも?という考えが湧きました。そう考えているのは、できないことから逃げようとするパターンです。このパターンはもう選ばないと決めているので選びません。

ミスをして落ち込んだパターン「ミスをする自分が嫌」は、ミスをするということは仕事ができなくて、能力のない、役に立たない、だめな人と上司に判断され必要とされなくなることだからとおもっています。そういう自分を感じたくないんです。だから、ミスをすることを恐れています。

何回か語りかけしているうちに、私は今までミスを重たくとらえていたんだと思いました。

ミスをするのは、能力のない、役に立たない、だめな人と、自分を全否定しています。これでは、ミスをすることを恐れながら仕事をしているようなものです。パターンで仕事をすることになります。

私は物事を重くとらえる傾向があります。それは、慎重とも言えるけれど、私の場合はパターンのような気がします。自分が物事をどう捉えているのかをよく見ていこうと思いました。

仕事のミスに関しては、ミスしたら謝って、次はミスしないように気をつけて、自分なりに対策を考えていきたいと思っています。。





by yokosize | 2018-03-15 00:00 | Comments(0)

紅梅

d0340340_23222399.jpg
近所の紅梅が満開になりました。梅の木のまわりは花の香りがただよっているので、ゆっくり歩いてみたり、見上げたりしています。

近所の知らない方とも、「きれいだね」「きれいですね」と話したりします。人を和やかな気持ちにさせる花の力はすごいと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/

by yokosize | 2018-03-13 21:53 | Comments(0)

「私」で考える

朝、洗濯をしようとしたら洗濯機の底に泥のついた雑巾が何枚も入っていました。泥のついた雑巾をそのまま入れないでと言っていたのに、またかと腹が立ち主人とケンカになりました。

主人にそんなことをして欲しくないパターンは、私の嫌がることをやるのは、無視され大事に思っていない証拠だと腹を立てるし、悲しいし、不安なんです。

この、主人にとって何ともない気にならないことが、パターンの思い通りにならないことだと、パターンは無視されたとか大事にされていないという解釈を勝手にして暴れます。自分を被害者にしてしまいます。

ひとりになって、語りかけをして、「主人が思い通りにならなくても、私は大丈夫やっていける」を選びました。思い通りにならなくても被害者意識を持つのはやめようと思います。たとえ無視されたとしてもです。

落ち着いたので、これからどうしようか考えました。やめてほしいことはやめてほしいと話す。そして、100円ショップで小さなバケツを買ってきて雑巾入れにしました。

ワークをするとパターンは大人しくなり、これからどうしたらいいかと考えられます。「私」で考えられるんだと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/



by yokosize | 2018-03-12 23:56 | Comments(0)

自分を鍛えて磨いていこう

どんなことでも、これでいいんだということはないんだと最近思うようになりました。

これでいいんだと思うと、そこで流れが止まってしまい、なんとなく惰性で動いている感じです。

私の場合は、自分でできた!と思ったときや、ほめられた時にそうなりやすいので気をつけています。パターンが安心して胡坐をかいてしまうので(笑)

今はこうだけど、もっと先をめざそう、もっと自分を鍛えて磨いていこうという気持ちでいたいと思います。

そのためにも、今の自分の状態を受け入れることは大事なことだと思います。自分のできないことも、苦手なことも、足りないところも、知って認めているから、さらにそこを伸ばせるんだと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 

by yokosize | 2018-03-11 23:17 | Comments(0)

頑固

「頑固だよね、それを変えないとね」と、夢の中で言われました。

目がさめてから、頑固というのはパターンで考え、パターンで話し、パターンで行動することで、パターンで生きるということなんだと思いました。

パターンはパターンのつくっている世界だけを正しいと思っているから、自分以外のものを受け入れようとしないし、耳を傾けることもしません。それは頑固とも言えます。

そうか、パターンで生きるのはやめなさいということなんだと思いました。

だから、今日も語りかけをします。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 

by yokosize | 2018-03-09 19:43 | Comments(0)