はる

d0340340_23082892.jpg
公園を通ったら、いろんな桜が咲いていました。これは、しだれ桜でしょうか?濃いピンクの小さな八重の花が可愛いかったです。

あー、春なんだなぁーと、自分の気持ちがやっと桜の花に追いついた感じがしました。 


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp


[PR]
by yokosize | 2018-03-31 22:31 | Comments(0)

心の勉強‐続き

昨日の続きですが、もうひとつ気づいたことがありました。

バーを持って、足を後ろに蹴り上げる練習をしていた時に、先生に「足を止めないで、もっと思いっきり上げて、もっと!もっと!!もっと!!!そう、思いっきりやって」と言われました。

やりながら、そーか私は足を上がるところまで上げようとせずに途中で止めていたんだ、もっと思いっきりやってもよかったんだと思いました。そうして、自分の限界まで上げたとき、うわっ気持ちいいって思いました。

自分で足を止めるというのは、形ばかりにとらわれて全力で体をうごかしていないし、自分にブレーキをかけるようなものだと思います。そして、そういう傾向が自分にあるのもわかります。

そうやって、体を鍛えながら自分のパターンに気づいたり、今やることから逃げないでいることを続けていると、それは他の時にも影響していくのを感じ始めています。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp



[PR]
by yokosize | 2018-03-30 22:45 | Comments(0)

心の勉強

バレエを習い始めてから、バレエに関することを書く機会がおおくなりました。それは、私にとって今までにない体験や、自分に気づくことがあるからです。で、今回もバレエの話です。

二人ずつステップをしながら進んでいくことがあるのですが、私は足の運びがわからないままやっていました。

それを見ていた先生が、「わからないままやっていても、それじゃいつまでたってもできるようにならない。見ていてもできるようにならない。ならんで待っている間に、足の動きを誰かに聞いて覚えなさい」とおっしゃいました。

それを聞いて、待ってる間に聞いてもいいんだ!と思いました。待っている間は他の人も足を動かしているので聞いたら悪いかと思っていたのです。

おぼえる方法は、自分で手を動かしたり、足を動かしたり、他の生徒さんにその場で聞いたり、終わってから聞いたり、先生に聞いたり、ネットを見たり、といくらでもあるのに、積極的に覚えようとしていませんでした。

こういうところにも、普段の自分がでます。消極的な引いてしまうパターンです。

体を鍛えながら、心の勉強をしているようです。 

明日に続きます。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp











[PR]
by yokosize | 2018-03-29 23:30 | Comments(0)

再会

今日、私が働いているお店にお客様が入ってきたので、「いらっしゃいませ」と言いながら顔を見て「あーー!」とさけんでしまいました。そのお客様も同じようにさけんでいました。

その方は、先日体調が悪くてお世話になったクリニックの看護師さんでした。私は「その節はお世話になりました、ありがとうございました。ちょっと恥ずかしい気もする」と言いました。その後は大丈夫?と聞かれたので、先生から薬をもらったことや食事に気をつけていることを話しました。

私は、思わぬところで会って(看護師さんにも自分の生活があるのに)びっくりしたし、助けてもらったときのありがたさやほっとした気持ちがわいてきました。

再会することができて、お礼も言えてよかったと思いました。

それにしても、二人で手を取り合っている自分をみて、私こういうことしたっけ?とおもいました(笑)

[PR]
by yokosize | 2018-03-28 23:02 | Comments(0)

動機を伝える

今年に入ってから、私の言ったことがグループの仲間のパターンに引っかかったと言われることが何回かありました。

それは、私は誰かに自分の思ったことを話すときに、どうして自分がそう感じたのかという動機をきちんと伝えていないからです。

それは、相手の方と丁寧に向き合っていないとも言えるし、相手の方に自分の話を理解してもらう努力をしていないとも言えます。人間関係を築くために、動機を伝えることは大事だと思います。

それと、自分が話すときに、どうしてそう思うのか、どうして今それを言いたいのかという動機をみていなかったということです。

どうしたらいいか考えたのですが、自分が話すときも、行動するときも、思考するときも、動機をみるくせをつけることと、話すときには相手の方に動機まで伝える努力をしていこうと思います。まずは、身近な家族で丁寧に話す練習をします。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp




[PR]
by yokosize | 2018-03-27 22:50 | Comments(0)

語りかけをしていると、パターンがほんとうに願っているのは、自分の思いを通すことではなくて、「私」に愛されることだったんだと感じます。

語りかけをしているときに、パターンがホッとしてかたくなさがとかれて緩むとき、パターンは「私」が語りかけるのを待っていて理解されたかったんだということがわかります。

パターンに気づいたら、「私」からパターンに語りかけをしてパターンを安心させてあげたいと思います。

「私」がパターンを愛して、自分のパターンのほんとうの願いをかなえてあげたいと思います。それができるのは「私」だけだからやろう!って思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-03-24 23:01 | Comments(0)

この春に小学校に入学する子供たちをよく目にします。その子たちを見ていると、じっとしていないで走り回ったり、ひとりでキャッキャッと笑ったりしてすごいパワーを感じます。

中学に入学する子供たちは、もう少し落ち着いてきて、お兄さんお姉さんになってもう小学生とは違うという感じです。

学校に行くのを楽しみにしている子もいれば、学校になじめない子の新学期を心配する親御さんもいるようです。

どの子も自分を愛せるようになってほしいなと思います。友達とケンカしても、先生に怒られても、勉強がわからなくても、家の中がうまくいかなくても、何があっても、自分は大丈夫だと思ってほしいです。

まずは、大人の私たちから自分を愛せるように、自分に向き合っていこうと思います。

[PR]
by yokosize | 2018-03-23 23:58 | Comments(0)

私はどうしたい?

小さなことでも、私はどうしたい?と自分に問いかけたいと思います。そして、なぜそうしたいのか?どうしてそれを選びたいのかという動機も見ていきたいと思います。

先日、改めてそう思ったきっかけがありました。他人の言うことに同意ばかりしている方の話を聞いたからです。それは、自分もそう思うという感じではなくて、考える間もなく反射的に相手の言うことに相槌を打つ感じでした。

以前、私もそういう反応をしていた時がありました。私の場合は人に嫌われる怖さから、自分を抑えてパターンで相手にこたえていました。

私はどうしたいのか?私はどう考えるのか?その人その人の考えや希望することがきっとあると思います。

それを大事にすることが自分への理解につながります。

だから、小さなことでも私はどうしたい?と自分で自分に問いかけ、動機を見ることを意識していたいと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/








[PR]
by yokosize | 2018-03-22 23:55 | Comments(0)

おけいこの教室で、みんなはできているのに自分だけができなくてついていけないということがありました。皆がやっている時に、端の方でウロウロしていました。こういうことは毎回あるのですが今回は長い時間に感じられました。

そのとき、「やんなっちゃう、こんなところにいたくない」という思いがわきました。これはパターンなんですけど、ついていけなくて立っているだけのできない自分を、鈍くさくて間抜けでみじめに思っているんです。そういうできない自分にパターンは耐えられないんです。

すこしして、「できるできないに関係なく、今やっていることを一生懸命やろう」を選ぶと決めたんだから、もうそこは選ばない!と思ったところで、おけいこは終わりました。

うーん、できるようになるためにはどうしたらいいか?と考えて、先生に「今やったことを教えてください」とお願いして教えていただきました。それでも体はなかなかついていけません。練習するしかないなって思いました。

パターンは、ただできないこと、ただみんなについていけないことに、鈍くさいとか、間抜けだとか、みじめなことと意味づけしているんです。

それを鵜呑みにするかどうか?意味づけしなくてもいいし、自分の在りたい意味づけをしてもいい、自分で自由に選択できるんですよね。

今までのようにパターンによる意味づけを選ばないことで、自分で自分の世界を広げていけるんだと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


[PR]
by yokosize | 2018-03-21 23:59 | Comments(0)

茄子の辛子漬け

昨日、山形のアンテナショップで茄子の辛子漬けを買いました。毎年春になると食べたくなるもののひとつです。食べるたびに辛子の辛さと茄子の組み合わせを考えた人はすごいなあと思います。この辛さや茄子が冬の間にたまった脂肪をおとすのかも?

さっそくご飯を炊いて食べてみました。今まで近所で買っていたのとは違って、あまり甘くなく美味しくてごはんがすすみました。涙が出るほど辛子がきいていたけれど、それも気に入りました。

アンテナショップは、その土地ならではのものがあるのでいいなと思います。

私たちひとりひとりも、「私」ならではのものを育んでいけばいいんだなと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/



[PR]
by yokosize | 2018-03-20 23:30 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。