人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 726 )

平和が創れるワーク

ワークをしていて、本当の自分(「私」)がパターンにしていることは平和な向き合い方だなと思いました。

ワークでは、自分の感情に気がついたら、その感情を生み出しているパターンは何だろうと観ていきます。そしてパターンが分かったら、そのパターンを理解するために語りかけをしていきます。それから、新しいパターンを考えて選びかえをします。それから、選び変えたパターンにそって新しい行動をしていきます。

そのとき「私」は、パターンを認めて理解しようとします。決して今までのパターンと戦ったり、無視したり、無くそうとしたり、抑え込んだりしません。新しいパターンに選びかえても、古いパターンが出てくることがあります。その時の「私」がパターンを叱る「だまりなさい」という言葉の中にも、パターンがいることを許していることを感じます。ワークをしていると、自分の中の愛で自分を育てているんだということが感じられます。

自分で自分の中に平和が創れるワークをしているっていいなと思いました。

 
   🌳 🌳 お読みいただきありがとうございました 🌳 🌳


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。








by yokosize | 2019-08-07 16:09 | Comments(0)

そのまま受け入れる

人に嫌われることが怖いと信じていると、自分をいい人だと感じてもらえるような表情を作り仕草をしながら他人と接しようとします。人に嫌われることが怖いので、そうならないように気を使います。

そして自分に対しても、他人を嫌って傷つけてはいけないと言います。自分が誰かに嫌われたら傷ついてしまうからです。そんなことをしたら、人に酷い人だと言われてしまうからです。でも、あの人嫌だな、嫌いだなと感じることもあるのに、それを自分で認めていないだけです。

「他人に嫌われるのが怖い」も、「○○さんが嫌い」も、「他人を嫌ってはいけない」も、パターンがきっとそうだと思い込んでいることだし決めつけです。

そして、どのパターンも、それが自分を守るためにはこれしかないと思っています。そんなパターンたちをそのまま受け入れようと思います。「私」が守って一緒に生きると語りかけます。



   🌳 🌳 お読みいただきありがとうございました 🌳 🌳


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。



by yokosize | 2019-08-06 12:51 | Comments(0)

自分を大事にする

ずいぶん前のことですが、私はOさんという方に「もっと自分を大事にした方がいいよ」と言いました。すると、Oさんは「どうやって自分を大事にしたらいいかわからない」と言われました。私は答えられませんでした。わからなかったらからです。どうしたらいいのかわからないことをアドバイスしてはいけないと肝に銘じた出来事です。

その後、カウンセリングを学びはじめてわかったことは、私は自分のことを大事にしていなかったということです。自分にできてもいないことをOさんに言っていたなんて、「Oさんごめんなさい」です。Oさんを通して自分を大事にしていない自分を観ていたんだと思います。

自分の中の感情や感覚をちゃんと感じていく、それが自分を大事にしていく第一歩になります。寂しい、悔しい、イライラする、落ち込む、重苦しい、嬉しい、悲しい、優越感、蔑む、悲しい、虚しい、楽しい・・・などなどたくさんの感情があります。最初は嫌だとか恥ずかしいという思いがあるかもしれないけれど、その感情がどうして生まれたのかが分かると愛おしくなります。

たくさんの方に感情を感じて、自分を大事にしていってほしいと思います。


   🌳 🌳 お読みいただきありがとうございました 🌳 🌳


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。


by yokosize | 2019-08-05 10:18 | Comments(0)

繰り返し繰り返し

カウンセリングを受け始めた頃、私は自分に価値を感じられるようになりたいと思っていました。自分には価値がないと信じていたからです(これはパターンです)。だから、自分をだめだと思わなくて済むような自信を持ちたいと思ったんです。

それが「魂の道場」で学ぶことは今までやったことのないことでした。感情を感じることから始まり、パターン(今まで自分が信じていたこと、信じていることにも気がつかないくらいに当たり前になっていたこと)という存在を知ります。そして、本当の自分(「私」)が、パターンを理解しながら語りかけをして、新しいパターンに選びかえて、それを「私」が実行していくということをします。新しい生き方です。

その新しく学んだことをやっている間も、今までやってきた、自分の存在価値が感じられるものを手に入れたいパターンは出てきます。それは、他人に認められたい、必要とされたい、勝ちたい…などなどの私がずーっとやってきた他人に求めるパターンです。そうやって、何十年(もっともっと長い気がする)もやってきた古いパターンは絶えず出てきます。

新しい生き方と、今までやってきた生き方、それを繰り返し繰り返しやっているうちに、やっぱり自分が選び続けることをやるしかないんだ、だからやろうって思います。「私」が選ぼうと決めたパターンを選び、怖がっているパターンたちを愛して一緒に生きようと思います。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。









by yokosize | 2019-08-04 13:13 | Comments(0)

冷やし中華

冷やし中華が美味しい!毎昼食でも食べられそうです。

トマト、キュウリ、玉ねぎの千切りに、ちぎったレタスと長ネギや生姜を加えます。麺より野菜の方が多くなります。最近の麺は、量が減っているのでよけいにそう感じます。卵は簡単ないり卵にしています。ハムはあれば入れますが、無いことが多いです。ついているたれは甘いので、お酢を足します。

食べ終わって「あー、美味しかった」と、ひとりで言っています。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-08-02 18:58 | Comments(0)

いい人

私は、子供の頃はいい子っぽく、大人になってもそれが癖になって、いい人っぽく他人に接してきたんだなと思います。

それを、最近ワークしている「他人に無視されたくない」や「他人に嫌われたくない」というパターンに向き合っていると感じます。

「他人に嫌われたくない」パターンがあると、自分を二の次にして他人がどうして欲しいか考えたり、気に入られようとします。万人に気に入られるいい人なんてできるわけがないのに、パターンは頑張るんです。

パターンにとっては、誰かに嫌われたら、自分は嫌われるような価値のない人間で、自分を維持していくことができないし、ひとりになってしまい生きていけないと恐れています。実は、無視されても、嫌われても、ちゃんと生きていられるのに。

だから、必死でパターンの思ういい人(波風を立てない、怒らせない、傷つけない、一見やさしそう)をやろうとします。

もう、いい人はやめよう。だって、心と、言うことや行動が一致していないし、私は自分に正直に生きたいから。

そのためにも、このパターンのワークをして、普段の言動を丁寧に観察します。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。


by yokosize | 2019-08-01 22:47 | Comments(0)

自分の着たい服を着よう

先日、友人と会うために出かけようとしたときに気がついたパターンの話です。

私は何を着ていこうかなと考えていました。長い時間座って話すのに楽で、ご飯を食べてもお腹がきつくならない、その日の自分の着たい服、と考えていました。

その時に、「他人によく思われたい」パターンが思考し始めました。この服を見たら、友人はどう思うだろう?好感を持ってくれるかな?・・・と、私の想像の中の友人の目で見て判断しようとしています。そんなこと分かるわけがないのに。

そこで、「私」がパターンに「だまりなさい、「私」が考えてすべてのことを決めるから、あなたは黙りなさい」と何回か言って、自分の着たい服を着て出かけました。

そして、久しぶりに会った友人と落ち着いて会うことができました。もし、パターンで選んだ服を着ていたら、その日一日私は落ち着かず不安な気持ちで過ごしたと思います。

他人の反応を気にしている「他人によく思われたい」や「自分をよく見せたい」というパターンは、他人に嫌われるのを恐れています。他人の目を気にしているうちに、自分のやりたいことを後回しにしたり、やらなかったりしてしまいます。そうしていると、自分がどうしたいのか分からなくなります。

自分が本当はどうしたいのか考えよう。そして、自分の着たい服を着よう。


  − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。





by yokosize | 2019-07-31 23:06 | Comments(0)

合宿

茅ケ崎グループの合宿で、学ぶことって楽しいと感じました。胸の奥深くでそれを求めていることや喜びを感じます。

そして、貪欲に自発的に学んでいくという学ぶ姿勢も、自分のものにしようと思いました。自分の手で自分の世界を高く深く360度拡げていけるんだと思うと、自分の中が満ちてきます。

合宿の合間に行った茅ケ崎美術館で、用意されたものを使って好きなものを作るコーナーがありました。私は、針金にフエルトでできた紫と水色と黄色のボンボンを通し、それを輪にして白いリボンをクルクル巻きました。その工作が楽しかったです。

どんなに小さなものでも、自分で創るって喜びです。その喜びが、学んでいくことと似ていると感じました。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-07-29 22:36 | Comments(0)

謝る 3

今回、謝って感じたことは、謝るのは自分のためなんだということです。

誰かを傷つけたり、申し訳ないことをしたりしたことを謝る。それは、謝ることで関係を修復しこれからの人間関係をよくしていきたい気持ちもあります。

それもあるけれど、自分が悪いことをしてしまったという思いをずっと持ち続けていたり、自分が嫌な目にあってはじめて自分が人を傷つけていたことに気づいたりという、心の中に残り続けている後悔する思いってあると思います。それが謝ることによって、今まで残っていた思いが軽くなったり消えていく感じがします。あー、謝ることができてよかったとホッとします。先生のおっしゃっていたカルマの解消なんだと思います。

そして、謝るという行為は負けることでも、弱いことでもない、相手を尊重し対等な関係をつくることでもあると思いました。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

by yokosize | 2019-07-25 10:00 | Comments(0)

謝る 2

昨日の謝るの続きです。

私は以前、主人のやること、やらないこと、言うこと…などに腹を立てて口をきかなくなって、話しかけられても無視することがありました。そうすれば相手を思い通りにできるとパターンは思っています。私の不機嫌さや怒っていることを態度で示すことで、主人はそれに気圧され怖くなって言うことを聞くだろうと思っています。パターンは、甘えているし、相手をバカにしているってつくづく思います。

だから、主人にも謝ろうと思いました。「腹が立ったらそれを言えばいいのに無視したりしてごめんね」と、謝りました。夫は「うん」と言っていました。

自分の創り出したパターンの問題なのに、パターンの言いなりになって誰かを無視するのは、自分の責任を他人のせいにすることになります。

自分のパターンの世話は自分でしよう!って思います。


− お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。



by yokosize | 2019-07-24 21:40 | Comments(0)