自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 630 )

少しずつ

このところ、自分のお願いしたことを断わられることが続いています。自分を鍛えているような感じです。

その瞬間はやっぱり落ち込みます。そして、やっぱり自分は駄目だとか無理だとか言っているパターン(自分が思い込んでいること、決めつけていること)に「だまりなさい!「私」がすべてのことを考えて決めて行動していくからだまりなさい!」と言っています。その後、新しいパターンを選びます。うまくいかなかったら時間を取って練習します。

回を重ねるごとに、パターンに変わって「私」がリードするまでの時間が少しずつ短くなってきています。

そして、パターンで自分を決めつけていた結果が今の自分に表れているんだなと思います。

嫌なことに思えることの中にも、自分を鍛えたり、気づいたりするという豊かさもあるんだなと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-03-20 23:56 | Comments(0)

断わる

誰かに何かを断わられてがっかりするのは、断わられることを、自分を否定されているように受け取ることが多い気がします。断わられるイコール自分は否定されたと考えます。

そう考えていると、逆に自分が誰かに断わるときに、断わる物事だけではなくて相手のことまで否定することになると考えてしまって断わりづらくなると思います。人間関係が壊れてしまう不安や嫌われる怖さを感じているからです。

断わるのは、自分がただそれをやりたくない、選びたくないというだけともいえます。

なんだか、わざわざ自分で自分や相手の自由を奪ってしまう意味付けを、断わるということに付けていたんだと思います。

自分を自由にしていく意味づけをしようと思いました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-20 00:00 | Comments(0)

一瞬の躊躇

仕事をしていて、必要以上に気を使っていると感じることがありました。

たとえば、自分がやっている仕事に必要なものを取りに行きたいけど、そこで他の人が仕事をしていて通れないとき、その人がどくまで待ってから取りに行ったり、しばらく様子を見たりするというぐあいです。

それは、その人の仕事の邪魔をして嫌な顔をされないかという、他人に嫌われたくないというパターンです。このパターンは、「ちょっと通してください」「失礼します」と、ひと声かけて通ることにも気兼ねしてしまいます。

仕事場で私がやることは仕事で、必要以上に気を使ったりして仕事を中断することではありません。だから、このパターンが出ると「だまりなさい」と言っています。そして、「私」でどんどん仕事を進めるようにしています。仕事に遠慮はいらないとも思います。

それでも、まだ行動するまでに一瞬の躊躇を感じる時があります。そして、そういう一瞬の癖(パターン)は自分の生き方にまで関係してくるので選びかえていこうと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-18 22:19 | Comments(0)

正しいも当たり前もない

先日、私の言ったことを聞いて、Tちゃんが急に怒り出したのでびっくりしました。「私の言ったことでそんなに怒る?」と聞くと、「あー、嫌だね・・・」と言われました。

重苦しい雰囲気が続き、彼はずっと機嫌が悪いままでした。私は自分が正しいと思っているので、怒ることないじゃないとカッとした状態で距離をとっていました。

だけど、私の言った言葉(私の中の当たり前なこと)で彼が嫌な思いをしたのは事実です。それで、自分は正しいというパターンではなくて、「私」で自分の言ったことを振り返って、彼の身になって想像してみると気持ちが少しわかる気がしました。

自分が当たり前のように思って言ったことや、相手のためにと思って言ったことが、相手にとっては聞きたくない嫌なこともあるということがわかりました。自分が正しいが通用するのは、パターンが思う自分の世界だけだからです。

正しいも当たり前もないんだなと思いました。

次の日の朝、「昨日は嫌な思いをさせてしまってごめんね」と私が言うと、彼は「そうだよ!」と言っていました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2




by yokosize | 2019-03-17 23:44 | Comments(0)

「私」に切り替える

ある事で相手に断られて、がっかりすることがありました。

相手にも事情があることは分かっていても、自分は認めてもらえなかった、認められない自分はダメだと考えて気持ちが落ちていきます。そう考えて落ち込んだりがっかりしているのはパターンです。

すぐに、「これは「私」ではない」を繰り返しきっぱりと言い続けました。そのあと、「私」、「私」、「私」・・・を言い続けました。そうすると、だんだんにパターンから「私」に切り替わっていくのを感じます。

「私」が次に臨もう!

そして、「私」がパターンにワークを続けていきます。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-03-15 12:00 | Comments(0)

できない自分を認める

バレエを習い始めたのは、今まで自分がやったことのない苦手なことをやってみるという挑戦すること、それをやることで「できない自分をさらすのが怖い」というパターンに向き合う、心身から自己表現する、などがありました。

やってみると、体が思うように動かないし、曲についていけないし、分からないことだらけで難しいです。60歳をすぎてジャンプ(5センチくらい)したり、回ったり、スキップのようなことをするとは思わなかったけれど、楽しいなって時々思います。そして、曲に合わせて踊れるようになりたいとも思います。

そして最近おもうのは、私は自分が全然できていないということがわかっていないんだろうなということです。ひとりだけみんなと同じようにできないことは怖くなくなっているけれど、自分はできないんだということを心から認めていないんです。これは、できない自分を認めたくないパターンです。

それがわかったのでレッスンの時、私はできないし、分かっていないから一生懸命やろうと自分に言い聞かせながらやってみました。そうすると、いつもより集中できて充実感を感じます。こういう気持ちよさを忘れずにいようと思います。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2





by yokosize | 2019-03-14 13:37 | Comments(0)

証明写真

証明写真が必要になったので、スピード写真をネットで探したら駅の近くのファミマにあったので行ってきました。

行ってみると、ファミマの中ではなくて外にあり道路に面していました。道行く人から足だけ見えるのも変な感じだなと思いながら、ボックスの中に入ってカーテンを閉めました。

写真を撮った後で、顔が中央に来るように修正できます。驚いたのは、美肌、美白、美肌と美白の両方、何もしない、の中からえらんで修正できるということです。美肌と美白の両方は、図々しいような気がするし実際の顔と違いすぎてもまずいので、美肌(シミを消してくれる)にしました。ちょっとはきれいに見せたいので。

スピード写真はずいぶん変わってきているんですね。できあがった写真を見ると、確かにシミが無くなっています。でも、修正するとその分自分らしさはなくなる気もしました。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2





by yokosize | 2019-03-09 23:52 | Comments(0)

練習中

仕事をしていて、焦ってバタバタと動いてしまう時があります。

どういう時かというと、お客様を待たせている時、予定通りに物事が進まない時、まわりの雰囲気の影響を受けている時などです。でも、そんなふうに早くやろうと焦れば焦るほど、ミスをしたりなかなかはかどらなかったりします。

それは、「仕事は早くやらないといけない」というパターンです。仕事が早くできれば、認められて、自分にOKが出せるし自信をもつことができるからです。逆に仕事が遅いと、仕事ができないダメな人と思われるんじゃないかとか、認められなくなるんじゃないかと不安なんです。このパターンは、先のことしか考えていません。

そのパターンが出てきた時は、「今やっている事に集中しよう」を選んでいます。このパターンを選ぶと、心は広がり冷静で、体はテキパキ動かすという感じです。

とっさに選ぶ必要のあるときのためにも、今に集中するためにも練習中です。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2



by yokosize | 2019-03-08 23:34 | Comments(0)

紅梅

d0340340_22503044.jpg

白梅に続いて、紅梅も咲きだしました。梅の花の香りは、ふわりとやってきてやさしいです。

梅の花を見ると、花が好きだった両親や、「私は桜よりも梅の花が好きなの」と言っていた同級生を思い出します。そのせいか、懐かしいものを見ているように梅の花を眺めてしまいます。



− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2




by yokosize | 2019-03-07 18:38 | Comments(0)

迷っているより、行動してみよう

このところ歯の調子の悪いのが気になるので、いつも行っている歯医者さんに電話をして、明日明後日の予約が取れないか聞いたのですが、今週も来週も私の予定と合いませんでした。

「それじゃあ今日も空いてないですよね?」と聞いてみたら、「11時半なら空いてます」と言われました。

今日は午前中に行きたいところがあったのですが、今は歯が大事だと思ったので歯医者さんに行くことにしました。先生に診ていただいたら一応大丈夫だから様子を見ることになって、歯のお掃除をしてもらって帰ってきました。観ていただいて安心したし、スッキリした気分です。

歯のことを気にしているだけの間は、虫歯になっているのかな?入れ歯になったら嫌だな?お金がかかるかな?などと考えてしまいます。

それが、予約をして診察台に座ったときには、たとえどんな状態でもしっかり治そうという気持ちに変わっています。自分で自分の体に責任を持とうときめると、余計な思いはでてきません。

今の自分にとって何が大事な事か?大事なことのためには何をしたらいいのか?と考えて行動することが自分を大事にすることなんだということを、歯で学びました。

迷っているより、行動してみよう。


− − お読みいただきありがとうございました − −


私たち一人一人の中にある、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの普遍的な資質を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。よろしければご覧ください。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2






by yokosize | 2019-03-06 23:42 | Comments(0)