雨の香り

仕事場で扉の近くに行ったらフワッと雨が降ってる香りがしました。かわいた地面に勢いよく雨が降った時のちょっと埃っぽくて湿り気のある香りです。一瞬、あーこの匂い久しぶりと思いながら、あわてて外に飾ってある洋服をしまいに行きました。

帰るころには土のにおいが薄れた雨の香りになっていました。同じ雨でも、降る前と、降り始めと、降っている最中と、止んだ後では香りも空気感も違います。

天気によっても、一日の時間によっても香りの変化はいろいろなんだということを忘れていました。もっと五感を使い楽しみたいと思いました。



[PR]
# by yokosize | 2018-09-18 23:58 | Comments(0)

正直

正直について考えています。

自分の中のパターン(認められたい、大事にされたい、勝ちたい、思い通りにしたい、○○さんが嫌い…などなど)や、パターンが生み出す感情(焦り、悔しさ、心配、情けなさ、悲しみ、イライラ、不安、恐れ…などなど)を正直に認めるという正直があります。

それと、パターンではなく「私」(本当の自分)で生きることも、正直ということなんだと思いました。「私」がどう在りたいかに正直になるという正直です。

今まで私の中での正直というのは、自分の中のパターンや感情に正直に向き合うということを主に考えていましたが、正直にもいろいろありそうです。

自分に正直に向き合いながら、正直の幅を広げていきたいと思います。




[PR]
# by yokosize | 2018-09-17 23:55 | Comments(0)

d0340340_22281499.jpg
あの信じられないような暑さも去り、涼しくなってホッとしています。

過ごしやすくなったのに毎日アイスを食べていたら癖になってしまいました。好きな味を見つけてしまったのもいけなかった。健康診断までにはアイスを卒業したいけど、もう少しの間はいいかなと思っています。

[PR]
# by yokosize | 2018-09-16 23:38 | Comments(0)

現実の自分

今ワークをしている「私は一生負け組の人間だ」と、「私が一生負け組の人間であるはずがない」という黒パターンがあります。この二つは相反するパターンで、自分を過小評価するか過大評価するかという極端なものです。

そして、言っていることは違うけれど、どちらも自分のことを自分はダメで何の力もないと思っているので自信がありません。そして、それをそのまま信じているパターン(「私は一生負け組の人間だ」)と、そんなはずはないし自分を守り維持できないから認めたくないというパターン(私が一生負け組の人間であるはずがない」)があるんです。

その二つのパターンに語りかけをして、「もう、そういうふうに決めつけるのをやめてもいいのかもしれない」という白パターンに選び変えています。どちらも自分への偏った決めつけなので。

やっていて感じるのは、私は現実の自分を見ていないということです。パターンが思考している自分、パターンの世界の中の自分を見ていたんだということです。

現実の自分をみようよ、見ても大丈夫だから!と、自分に言っています。

[PR]
# by yokosize | 2018-09-15 23:28 | Comments(0)

ボタン

私がお店にいる時に、たまにいらっしゃるお客様から電話がかかってきました。

「午前中に買った洋服のサイズが大きいから取り替えてもらえますか?」ということだったので、「レシートがあれば大丈夫ですよ」と答えました。そして、「この間買ったブラウスを洗濯して干そうとしたらボタンが取れかかっていたから、付けてくれる?私にはできないからやってくれない?木曜日に洋服と一緒に持っていってもいいかな?」と言われました。

一回の洗濯でボタンが取れかかったと聞いて、申し訳ありませんと謝りました。木曜日は私が休みだったので、やりますとも言えず、他の人が見てもわかるようにメモを書いておきました。

ボタンがちゃんとついていなかったのはお店の責任ということもあるし(セール品でも)、かなり年配の方でボタン付けができないならやってあげたいと私は思います。できないことを助け合えたら、地域に根差したいいお店になると思うのですが...

ボタンひとつでいろいろ考えました。

[PR]
# by yokosize | 2018-09-14 23:50 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。