2018年 11月 08日 ( 1 )

子供寄席

最近、大きい声を出して読んでいるものに加えて、「子供寄席」という子供向けの短い噺が20話ほどのっている本読んでいます。

読みながら、笑ったり、感心したり、ほのぼのしたり、おもしろいです。今日読んだのは「元犬(元犬)」という、何とかこの世で人間になりたい犬が八幡様に願掛け(はだし参り)をして、願いがかなって人間になって奉公に出るという噺でした。人間になっても着物の着方が分からなかったり、猫を見てうなったりするんです。そんな元犬を、まわりの人たちは「変な人だねぇ」と言いながら受け入れています。

変わり者でも、人と違っていても、ずるいことをしても、本人も気にしないし、まわりも受け入れちゃうところがあります。そんな話を聴いたり読んだりすると、そうだよね、それでいいんだよねとホッとします。

自分のパターンたちに対しても、そんなふうに大らかでいたいと思います。






[PR]
by yokosize | 2018-11-08 23:55 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。