2018年 08月 26日 ( 1 )

自分の内に目を向けよう

「人に頼ってはいけない」というパターンは、誰かに頼る自分は弱い、弱い自分は劣っていて下にいる人間だというふうに思い込んでいます。それは、いつも自分と他人とを比較しながら物事を見ているのだと思います。

勝っているか負けているか、上か下か、優れているか劣っているか、というようにです。

私は心の勉強をしているから、していない人より上だ。私はあの人より収入が少ないから、あの人には負けている。私はあの人より学歴がないから、あの人より劣っている。というように、目立つものから些細なことまでを比べては安心したり悔しがったりします。

勝ち負けといううわべのもので、自分も他人も判断して、それ以外のものに目を向けることをしません。ひとりの人間の奥にある大事なものにふれる機会を逃してしまいます。

もう、そういう生き方はしたくないと思います。だから、自分の内に目を向けていこうと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2


[PR]
by yokosize | 2018-08-26 17:53 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。