2018年 08月 14日 ( 1 )

モデル(お手本)

昨日の、個人セッションの続きです。

目の前にいる先生が、スッキリとライトに語りかけの話をする姿をみていて、気づいたことがあります。

それは、私は先生とは違って、物事を深刻に重く受け取る人間だから、先生のようにはできないと、思い込んでいたことに気がつきました。先生のように自分をもっていくのは無理と決めつけていました。

先生も私も同じ人間に変わりはないのに、線引きをしている感じです。自分で自分を差別しているようなものです。

もう、そこは選びたくないです。これからは、先生の持っているものを、私も持てるように吸収しようと思いました。目の前にいる先生がモデル(お手本)です。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2/



[PR]
by yokosize | 2018-08-14 10:00 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。