2018年 07月 17日 ( 1 )

嘘をついた子

私が5才か6才の時、自分のついた嘘で近所の子を傷つけたことがあります。母に「お父ちゃんが帰ったら言うからね」と叱られて、夕飯は食べさせてもらえず、部屋の隅にすわっていました。

最近それを思い出して、小さい子でも嘘をつくんだなと思いました。それもいつも遊んでいる子を傷つけるような嘘をです。たぶん、その子に嫉妬していたのだと思います。それでは相手の子はたまりません、申し訳なかったと思い心の中で謝りました。

嘘をついた子(インナーチャイルド)に会いにいっても怒っていました。寂しかったんだと思います。怒っていてもそばにいて抱きしめていると、時間がたつにしたがって怒らなくなり、大人しくなり、笑顔が出てきました。

そうなると、自分の中の嘘をつくことを許す幅も広がったように感じます。自分に正直でありたいと思いながらも、嘘をつくことを理解しようとしている状態です。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.ex







[PR]
by yokosize | 2018-07-17 23:30 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。