2018年 05月 03日 ( 1 )

私は自分に正直でありたいと思うし、それは私の課題にも感じていました。

カウンセリングを受けたことで、自分がどんな感情を感じているのか分かっていないし、感じないようにしてきたことも知りました。それもあって、自分の感情を感じるのも、ネガティブな感情を口にするのにも時間がかかったし怖かったです。

だけど、思いきって言ってみると、あー言ってもいいんだとほっとするような救われたような感じや、思っていることと自分が話すことが同じときのすっきり感も、じんわりと胸の中に広がっていくのを感じました。

そういうことを繰り返しながら、自分に正直でありたいと思うようになりました。今までの自分がやってこなかったことだから、よけいにそうしたいと思いました。自分を知り理解したい気持ちもありました。

それが最近、自分の中に「正直でなければだめ」というパターンがあることに気がつきました。このパターンが正直を目指すのは、成長できるからとか勝てるからという何かを得るためだったり、長く学んでいるんだからできてもいいはずだという理想の自分です。これでは、自分を追い詰めるようなことになっていって、最初の正直にありたい思いからどんどん離れていってしまいます。

本音を出していなかったり、うわべで何かを言ったり、嘘をついたりすることもあります。それは、時と場合にもよるけれど、それで自分を責める必要は全然なくて、正直でない自分に気づいたら、正直な自分にしていけばいいだけなんだと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp



[PR]
by yokosize | 2018-05-03 17:53 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。