人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

他人を信じる

昨日の続きです。私が他人に自分をさらけ出すことができないのは「他人を信じていないから」と聞いて、そうだな確かに私は他人を信じているとは言えない。信じていない。人によって自分の心を開いたり開かなかったりしている。「この人には自分の本音を言っても大丈夫」「この人には踏み込まない方がいい」と、パターンで選別しています。これは、自分にとって相手がどんな人か(自分を相手がどう扱うかとか、自分の立場を守れるか)を気にしているからです。

先生は、「自分が持っている痛みと同じものを相手も持っているということが信じられる、だから話せる。自分も他人も共通して持っているネガティブな感情は通じ合える気がする、それがあるから人を信じられる」そうです。

今回教えていただいたことで、ネガティブなものによって通じ合えるということが以前よりも少しわかった気がしました。そして、他人と話をする時に相手のどこを見ているかという先生と私の視点の違いもわかりました。

他人を信じたい、でも信じるってどういうこと?他人と話をする時自分の視点は相手のどこに向いているのか?これからどうしたいのか?しばらく観察しながら考えてみます。



by yokosize | 2018-09-22 23:42 | Comments(0)