意識して

語りかけをする時に、「傷ついているもの(パターン)を救済する、ただそれだけの語りかけ」という先生の言葉を思い出しています。

「私」が、傷ついているパターンに語りかけをしていることを、意識しながら語りかけをすると、重心は「私」にしっかりあってパターンを見守っている感じです。

その重心が「私」にある感じは以前よりもはっきりしています。それは、「私」がパターンを理解しよう、愛そうという思いを強めたからです。

その「私」の理解したい愛したいという中身の変化もあってか、語りかけをすると泣けてきます。

そうやって、私たちは自分で自分を愛することができるんだなと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング   https://sodatu556.exblog.jp/i2/




[PR]
by yokosize | 2018-08-03 23:31 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。