子犬

以前、飼っていた犬が死んで寂しいと言って泣いていた女性が、小さな犬を連れて歩いていました。元気がなくなったその方を心配して息子さんが子犬を買ってきてくれたそうです。

その方は死んだ犬の話をする時はつらそうだけど、子犬の話になると嬉しそうにしています。高齢の方だけど、前に会った時よりも足取りがしっかりして表情も明るくなっているのを見て、よかったなと思いました。

きっと可愛がっていた犬がいなくなった寂しさや悲しみや喪失感をたくさん味わって、今があるんだろうなと思います。

その子犬はというと、人を見ると嬉しくてしょうがないという感じでじゃれてきます。ズボンは噛むし引っ張るので涎のしみがすごい、洗えばいいかとあきらめました。噛む加減がわからないのか手を噛まれるとあとが残るので適当にかわしました。

今度会ったら、着てるものによっては逃げようと思います。



- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.ex





[PR]
by yokosize | 2018-07-18 23:23 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。