お墓参り

今日は、両親のお墓参りに行ってきました。お墓は父の生まれた家の近くにあります。お参りをしてから、シンとして涼しい本堂でも手を合わせて帰りました。

まわりには、田んぼが多く稲の緑が広がるのどかなところです。田畑を見ているうちに、父の子供の頃はどんな土地だったのだろうと思いました。今よりもっと家も街灯も少ない田んぼと畑ばかりだったと思います。そのなかで、父がどんな子供時代を過ごしたのだろうと思うと切なくなります。

どうして切なくなるのかというと、父が子供時代に苦労したという話を母から聞いていたからです。父にとっては、楽しみや嬉しいこともあったかもしれないのに、つらいことばかりの子供時代と想像してしまいます。父本人が自分の子供時代をどう思っていたのか、私は何も聞いていないのにです。

帰り道、私は父のことはほとんど分かっていないんだと思いました。それを自覚したうえで、父の子供時代を癒すワークをしようと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog



[PR]
by yokosize | 2018-07-11 23:15 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。