自分のことは自分が一番わかっている

私が働いているお店では、お客様から「この洋服、私に合うと思う?おかしくないかね?」「あなただったらどっちを着たい?」「私に履けるズボンある?みてくれない?」などと聞かれることがあります。

最初は、おしゃれのセンスに自信がないので困ったな、私に聞くの?と思いました。

今は、なるべくその方の好みの色やデザインを聞いたり、着ている洋服やその方の雰囲気に合いそうなものを探したり、気がすすまないようなら「これって思うものが無かったらまた今度にしてもいいんじゃないんですか?」と言ったりしています。気がすすまないのに買っても結局着なかったり返品にしたりすることになるからです。

そういうことを繰り返しているうちにわかったのは、自分に合うものを一番わかっているのは自分なんだということです。

好みではないものを勧められると「それは嫌い」とはっきり言うし、自分の好きな洋服を目にすると表情がパッと輝きます。歳には関係なく皆さんわかりやすいです。

やっぱり自分のことは自分が一番わかっているんですね。自分の好きなものを選べばいいんだなって思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp


[PR]
by yokosize | 2018-05-20 23:55 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。