ピアス

ピアスをしに皮膚科へ行ってきました。今まで反対されたり、耳には全身のツボがあるからピアスはよくないと聞いて迷っているうちに何十年も経ってしまいましたが、やっぱりピアスをしたいと思ったのです。

いつも行く皮膚科の診察室で、
先生「今じゃなくていいなら汗をかかない冬まで待ったら?」
私 「今なら2週間運動しないのでちょうどいいんです」
先生「だけどねー、この季節は傷口が化膿しやすいから今あけなくてもいいんじゃないかなー、冬まで待てないかなー」
看護師さん「先生、せっかく決心してきたんだからいいじゃないですか」

こういう会話をしばらく続けているうちに先生は何だか普通のおじさんぽくなっていきました。

先生「ピアスなんて・・・ここでもやってるんだけどさー」
私 「先生は季節ではなくてピアスに反対なんですか?」
看護師さん「私がピアスする時も先生はイヤイヤやってましたよね」 
先生「やりたいならやるけどね」
ピアスをしている二人の看護師さんにも応援されてやることになりました。

すると、先生はお医者さんの顔になって、私の耳に印をつけてパチンパチンと穴をあけてくれました。

病院を出た帰り、あーやっとできたという思いと、胸のあたりがぽっと明るくなりました。

まだ、耳は少し赤くて消毒が必要で、穴があくまで一か月かかるそうですが、思い切ってやってよかったと思っています。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp



[PR]
by yokosize | 2018-05-19 21:34 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。