「私」の目で現実を見る

パターンは現実(ありのままの自分のことも)をそのまま見ることができないと思います。現実から目をそらしたり、自分の見たいようにしか見ていないと思います。

たとえば、挑戦ですが、考えてみたら私はたくさんの新しいことにチャレンジしてきています。子供の頃は、自転車に乗ることや、新しい遊びをやるのもチャレンジです。そして、カウンセリングを受けたり、習うのもそうです。

それらのことをやる最初を思い出してみると、別世界のことのようで、緊張したり、楽しみだったり、こわごわだったり、不安だったりするけれど、いつの間にか自分の世界に加わっていて身近なものになっています。

やる前はパターンでとらえ想像していた段階から、やり始めていくとパターンは大人しくなっていきます。そういう体験を意識して自分のものにしないと、いつまでたってもチャレンジすることに身構えてしまいます。


パターンではなくて、「私」の目で現実を見ていきたいと思います。「私」の目で見たら、別世界とか異質なものととらえるものもないのかもしれないと思います。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp

[PR]
by yokosize | 2018-04-21 19:49 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。