正直に単純に

今日、自分の作った語りかけを先生に見ていただいて分かったことは、今、感情を生み出したパターンの気持ちで語りかけを作っていないということです。

たとえば、自分のまわりの人たちが険悪な雰囲気になって、不安を感じたという時、

パターンは、「この雰囲気が嫌」です。なぜならば、私は二人とどう接していいかわからないし、巻き込まれたくないし、その雰囲気に耐えられないからです。だから、不安だし、怖いし、嫌なんです。

この黒パターンの方が、昨日書いた黒パターンよりも、今その場で不安を生み出したパターンの気持ちそのものだし、ぴったりします。

それを、核心(今のパターン)から離れたところで語りかけをつくっていました。それは、そういえば私は昔からケンカされると嫌だったと思考が働いていました。深追いしたり、根っこのパターンは何だろう?などと考えすぎるということは、パターンで語りかけしてたことになります。

『今、感情を生み出したパターンに正直に単純に語りかけをつくる』を、改めて学びました。

教わった通りにできるように練習します。


- - お読みいただきありがとうございました - -


私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 


[PR]
by yokosize | 2018-02-19 21:49 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。