意識して見る

先日、映画「ゴッホ最後の手紙」を観てきました。

世界中から集まった画家たちが、ゴッホのタッチで描いた油絵を基にして作られた映画で、動く油絵とも言われているそうです。郵便配達夫の息子が、ゴッホの死の真相を、ゴッホにかかわりのあった人たちに会いながら探っていくという内容でした。

空や、雲や、風や、糸杉などが、ゴッホのタッチで、流れたり、渦巻くように動いていく様子に引き込まれていく感じや、ゴッホがどんな人だったかも少し知ることができて、おもしろかったです。

ゴッホの絵に対する情熱、命あるものへのやさしさ、繊細さ、孤独感などが感じられました。

それから、ゴッホ展に行きました。絵をみながら、ゴッホは絵を描くとき生命の源を感じようとしながら、そこに自分の心を重ねていたのかなと思いました。

みた後で、自分の目にするものをどんなふうに見ているだろうか?ちゃんと見ているだろうか?意識して見たいと思いました。

[PR]
by yokosize | 2017-11-28 23:41 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。