人気ブログランキング |

自分を育てるカウンセリング

sodatu556.exblog.jp
ブログトップ

先日、生まれてはじめて”ダイビング”をしました。「初めてでも泳げなくても大丈夫」とすすめられたり、流れがどんどんダイビングに向かっているように感じたのもあって、やってみることにしました。

前の晩は、足のつかないところは怖いなあ、潮に流されたらどうしようと心配したり、海の中に潜るってどんな感じなんだろう、景色は?さかなは?…であまり眠れませんでした。

翌日、健康チェックをして、ウエットスーツに着替えて、インストラクターの男性から、口呼吸や耳ぬきやサインなどの説明を聞いて海へ行きました。

私と主人は二組目だったので順番がくるまでシュノーケリングをしながら待っていました。ここでだいぶ深さに慣れた気がします。

そして、私たちの番、まず重しをウエストに巻いて、タンク(10㌔)を背負うんだけど、やっと立ちあがって歩ける状態で海に入って、膝立ちしてマスクを使っての呼吸と耳ぬきをやってみます。それから、インストラクターの腕をつかんで海の中へ入っていきます。

やってみると海の中なのに楽に呼吸ができることにびっくりです。
海底の砂地や海藻や魚を見ながら、「私海にもぐってるんだ!ダイビングって私とは縁のない世界のことのように思っていたのに、今こうして潜っている自分がいるんだ」と感動しました。

深いところで4メートルくらい潜った10数分、海の中もおもしろかったけど、海の中は私とは縁がないという枠を自分で作っていたことに気付いたことや、縁のないものってないのかもしれないという思いのほうが、私にとっては大きなことでした。

自分とは別世界のこと(人)、縁のないこと(人)と、自分で区別したり切り離したりして、自分で枠をつくって、自分の世界をせばめてしまう。そういう枠に気づいたら、その枠をはずして、意識を拡げていきたいです。

タンクの重さが、膝と腰にこたえたけれど、体験ダイビングやってみてよかったです。



























by yokosize | 2016-07-09 15:11 | Comments(0)