どんな感じ?

とてもきれいだなと思う建物なのに、なんとなく落ち着かなくてあまりいたくないと感じることがありました。陽当たりもよくて明るいし掃除も行き届いているのがわかります。そこが、はじめての場所で緊張しているから、気持ちよくいられないのかとも思いましたがそうでもありません。

あとになって、きれいな建物内と、その場の停滞しているような重い雰囲気の差でそう感じたのかもしれないと思いました。

今いる場所がどんな感じなのかを感じることって、自分のために大事だと思いました。









[PR]
# by yokosize | 2018-11-14 23:03 | Comments(0)

自分の中にある「他人が怖い」というパターンは、他人はいつ怒り出すか、いつ嫌われるかわからないし、信用できないし、皆から孤立してひとりになったら私は生きていけない、と思っています。

それでわかったのが、一人では生きられない、誰かに守ってもらわないと生きていけない、というパターンが自分の中にあるんだということです。それは根底に近いと思います。

たとえば、「あー、私は今この人に頼りたい気持ちがある」とかすかに感じることがあります。それは、言葉や態度に出すわけではないけれど、声や雰囲気にはきっと表れていると思います。保護者を求めているみたいです。

そして、自分に自信がないとか、人に認められたいとか、人によく思われたいとか、勝ち負けのパターンなども、一人では生きていけない自分を誰かに守ってもらいたいというパターンが根っこにあるからだと思います。

このパターンをしっかり受け入れていきます。




[PR]
# by yokosize | 2018-11-13 23:12 | Comments(0)

「私」で選びたい

ある事を選ぶか選ばないかでしばらくの間悩みました。

そうだ、こういう時はメリットとデメリットを書き出してみるといいんだと、思い出してやってみました。書き出してみて分かったことは、パターンがメリットを言っているということでした。パターンがメリットを言う時の気持ちは、これを逃したら条件が悪くなってしまうという焦りが感じられます。パターンが騒ぐ時って必ず感情もついてくるのでわかります。

そして、自分の大事にしている条件があまり満たされていないというデメリットの方は冷静さを感じます。それで、たぶん選ばない方がいいんだとわかりました。

そして最後に、「私」が、ある事を選ぶ部屋と、選ばない部屋に入って見たら、選ぶ部屋は重さがあり、選ばない部屋は軽やかで明るさがありました。

あせらずに、「私」で選びたいと思います。




[PR]
# by yokosize | 2018-11-12 22:47 | Comments(0)

今日、「もう少し片づけて欲しい」と私が言ったら、「もうちょっと大らかになってもいいんじゃない?」と、主人から言われました。

自分が部屋を散らかすのを棚に上げてよく言うよとも思ったけど、自分でもそうかもしれないと感じました。片付いている部屋は確かに気持ちがいいけれど、見た目だけにこだわりすぎると、そこに暮らしている自分や相手の心をおろそかにしてしまうような気がします。

どうして片づけて欲しいのか?ちゃんと観よう、おおらかさってどういうことか考えてみよう、と思います。





[PR]
# by yokosize | 2018-11-10 00:00 | Comments(0)

子供寄席

最近、大きい声を出して読んでいるものに加えて、「子供寄席」という子供向けの短い噺が20話ほどのっている本読んでいます。

読みながら、笑ったり、感心したり、ほのぼのしたり、おもしろいです。今日読んだのは「元犬(元犬)」という、何とかこの世で人間になりたい犬が八幡様に願掛け(はだし参り)をして、願いがかなって人間になって奉公に出るという噺でした。人間になっても着物の着方が分からなかったり、猫を見てうなったりするんです。そんな元犬を、まわりの人たちは「変な人だねぇ」と言いながら受け入れています。

変わり者でも、人と違っていても、ずるいことをしても、本人も気にしないし、まわりも受け入れちゃうところがあります。そんな話を聴いたり読んだりすると、そうだよね、それでいいんだよねとホッとします。

自分のパターンたちに対しても、そんなふうに大らかでいたいと思います。






[PR]
# by yokosize | 2018-11-08 23:55 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。