私の場合、パターンが「自分はちっぽけ」だと思うのには、他人がかかわってきます。私は人に必要とされないから、私は人に認められないから、私は人に愛されないから、いてもいなくてもいい存在なんだ、というパターンの見方で「自分はちっぽけだ」と決めていきます。

ほとんどが、他人に必要とされる自分、他人に認められる自分、他人に愛される自分を求めています。自分には一人で生きていく能力も自信もないから、誰かに守ってもらったり頼らないと生きていけないとパターンは信じています。そして自分の望みがかなわないと、パターンは自ら上塗りをして大きく育っちゃいます。

自分で刷り込んでしまったパターンだから、自分が理解しパターンが「もう大丈夫だから」と言うまでパターンに向き合おうと思います。

私は、他人に何かを求めたり期待しなくても、私は大丈夫だということを知っています。自分の中に普遍の力があるのだから、その力を信じて使っていくことが、自立するということだと思います。

人に求めるところから、自立へ移りたいと思います。





[PR]
# by yokosize | 2017-06-03 22:18 | Comments(0)

コーヒー豆

私は、3月までコーヒー店で働いていました。そこで、コーヒーの淹れ方や、コーヒー豆に関することをいろいろ教えてもらいました。

その時に、「ピーベリー」のことを知りました。普通コーヒー豆は赤い実の中で2つの豆が合わさるように入っているのですが、ピーベリーは赤い実の中に1つの豆しか入っていないそうです。形はコロッとして丸みがあります。とれる量が少なくて貴重な豆だそうです。

勤めはじめた頃に、ブルーマウンテンのピーベリーを飲んだ時「美味しいなあ!」って思いました。飲みながら、ピーベリーの一粒々が貴重な豆ということと、私たちひとりひとりが貴重な存在だということが頭に浮かびました。

今でも時々、コーヒー豆を見ると、その時のことを思い出します。






[PR]
# by yokosize | 2017-06-02 23:57 | Comments(0)

自分で考えることは大事

今までやってこなかったし、できないけど、自分で考えるって大事なことだと感じました。今まで、人の話や本を疑いもせず、私はどう思うかな?と問うこともなく、信じたり鵜呑みにしたりしてきた私は、自分の中から答えを出したいと思うようになりました。私の人生自分で考えないでどうする!って感じです。

そうは思っても、先生に「決まった答えなんかないよ」と言われても、なかなかできませんでした。
「不安」「老後」「死」「生」「好きな映画」「感動した映画」「本」などなど聞かれても、感じられないことも、分からない不安さえも言えないことがありました。正直にそのときの自分の考えを言ったり、できなくて焦ってる気持ちを言うことができない状態でした。

それでも、自分で考えることに意識をむけていると、自分の中がほんのちょっとですが活き活きしてくるような気がします。慣れてないし難しく感じても、胸の奥にほわっとしたものがあるから、私に必要なんだと思えました。

自分で考えることは、自分を知り理解していくのに大切なことだと思います。自分を大事にしていることだし、いくつになっても一人でできます。やったことがないという方は、自分らしく生きるためにも、ぜひやってみてください。




[PR]
# by yokosize | 2017-06-01 22:29 | Comments(0)

自分で考える

私が「魂の道場」のカウンセリングを受け始めたころ、自分の感情をほとんど感じることができない状態でした。そして、もうひとつ苦手だったのが、自分で考えることでした。

自分の哲学を持つ、なんてことを言われたのは初めてでした。先生に、「哲学って立派なものではなくて、今の自分を正直に語れること、矛盾もひどいこともありなの、でも正直そうなの。そして、そう思う理由も知ってね」というようなことを言われました。

「条件の悪い人をどう思うか?」「人のどこを見る?」「人と付き合う」「傲慢」「謙虚」と、いろいろ聞かれても、私は「・・・・・」何も言えませんでした。それまで、私は、何かについて自分はどう思うんだろうという問いかけをまったくしてこなかったのです。それに、哲学ってりっぱで、特別なものと思っていたから、自分の正直な気持ちと言われても難しかったんです。私にとって正直に話すこともハードルが高かったからなおさらです。

それまで考えてこなかったのは、自分で考えなくてもやってこられたからなんです。本から拾った知識や誰かの考えを、なんとなく自分のものとして取り入れて、それをもとに生きるという感じです。

それから、自分に向き合うことで、私にも自分で考えることができるということ、自分で考えることの大切さが少しずつわかってきました。



[PR]
# by yokosize | 2017-05-31 23:52 | Comments(0)

パターンを理解する

昨日の、自分を型にはめないの続きです。

自分を型にはめようとするのはパターン(*)です。パターンには、自分を型にはめなければならない理由があります。

私の場合、「まじめ」という型に自分をはめたパターンは、だって先生にも親にも誰にも怒られないから、いい人だと思われ信用されるから、まじめでいれば自分のポジションを守れるから...と言います。

そんなパターンの気持ちや感覚を理解していきます。怒られた時の身のすくむようなこわばる感覚や恥ずかしさ。信用された時のほっとする大丈夫だという落ち着いていく感じ。自分の居場所がないときの疎外感や不安感。あー、それが怖いからパターンはまじめという型に自分をはめたんだ、というのがわかります。

そうやって、理解の深さが増すにしたがって、パターンも落ち着いていきます。
理解は心の妙薬だなあって思います。

    - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*) 







[PR]
# by yokosize | 2017-05-30 23:52 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。