先に延ばすという選択

トマトで夏を乗り切れると思っていたけど甘かったです。体がだるくて食欲が落ちて夏バテの症状がでました。トマトの量が少なかった?じゃなくて、この暑さの中自分の体力以上に動いたからだと思います。

たっぷり寝て、おかゆで胃腸を休ませたら体調が戻ってきました。このくらいですんでよかったと思いました。

体調良くないから、お茶碗を洗ってほしいなって思っていたら、Tさんはいびきをかいて寝てしまいました。
私は明日の朝早いので洗い物をしながら、ときどき手を休めて「Tさんにそんなふうにして欲しくなかった」パターンに語りかけしました。私は疲れているのにやっているというTさんへの腹いせも感じられました。

パターンが落ち着いてくると、洗い物しなくてもよかったなという気持ちにもなります。「これからは、疲れていたら無理しないで先に延ばそう」という選択が今の私には必要だとわかりました。



[PR]
# by yokosize | 2017-08-04 23:30 | Comments(0)

昔の自分

ここのところ毎日、昔の自分に会いに行っています。

その人は、温かみのない部屋の中の椅子にすわっています。木のテーブルの上には何もありません。生きる望みを失ったような硬い表情をしていて、寂しさや、悲しみや、あきらめの気持ちが伝わってきます。

まだ、何も話してくれませんが、少し表情が柔らかくなったかなって思います。しばらく一緒に座っています。そして、「私があなたを代表して今いるの、今生でクリアするから安心してね」と話しかけています。(これは、先生から教えていただいた言葉です)

もう少ししたら、「心のからくり」を話したいなって思います。 びっくりするかもね?楽しみです。

私たちは、こうやって自分で自分をケアできる力を持っているんですね。

[PR]
# by yokosize | 2017-08-02 23:19 | Comments(0)

自分にピタッとはまる

先日のグループ合宿の夜、みんなで行ったお蕎麦屋さんで「冷やしトマト」を食べました。私は「冷やしトマト」を食べたのは初めてかも?覚えがないのできっとそうです。

食べた瞬間「あー、私はこれで夏の暑さをのり切れる」って思いました。そのくらい今の自分にピタッとはまった味でした。これだ!という感覚でした。食べながら体の疲れが取れていくのを感じました。あれから毎日トマト(そのままだけど)を食べています。

今の自分に合うって大事だなって思います。パターンは?と考えるときも、語りかけを作るときも、白パターンを考えるときも、今の自分にピタッとはまることを大事にしたいと思いました。



[PR]
# by yokosize | 2017-08-01 22:45 | Comments(0)

ニュースで梨の出荷が始まったと伝えていました。私は梨の実よりも花の方が好きです。梨の花は桜や梅の花よりも少し大きくてまるみをおびた白い花です。花の時期の梨畑は真っ白で美しいです。

私の育った町は梨づくりが盛んなせいか、中学校では生徒数人で各農家に行って、梨の交配体験をしました。タンポポの綿毛のようなものを使って花粉をつけていくのですが、上を向いてやるので首が痛かったのをおぼえています。

「花が咲いたね」とか「実ができてるよ」と教えあったり植物のことを教えてくれた幼馴染、「梨の花を街路樹にしたい」と言った友人、梨が好きかと聞かれたので嫌いと答えたら怒り出した梨農家の人…など、私の身近に梨はあったので、梨をみるといろんな人を思い出します。


[PR]
# by yokosize | 2017-07-31 23:08 | Comments(0)

立ち止まることが鍵

先日、ほめられることが続きました。パターンで反応しないようにしようと思っていたので、チャンスです。

1回目は、「はい、ちょっとですけど」と答えました。「はい」は私も感じていることだけど、「ちょっと」は余計でした。認められたいパターンが控えめを装いました。

2回目は、「そうですか」と答えました。止まって一呼吸して反射的に言うのをやめることができました。自分の中にストップ(急ブレーキでした)をかけたので、パターンは働くことができなかったんです。だから、相手の方が自分の感じていることを言っているだけなのだとわかりました。それで、そのまま受け取ろうと思えました。

今度は、もっと自然にできるようになるのと、大きい声が課題です。そうなるためにも、立ち止まることが鍵だと思います。こんなふうに実践しながら自分を観察するのはおもしろいです。

そして、やっていくうちにパターンで答える必要もなくなっていくと思います。だって、私は誰にも認められなくても大丈夫だということを知っているから。


[PR]
# by yokosize | 2017-07-30 23:12 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。