カルガモとカラス

近所にある公園の池にカルガモの親子がいます。お母さんカモのまわりをヒナ達が泳いだり、チョコチョコ歩いて餌のミミズを食べたりしています。お父さんカモ(たぶん)は、岩の上で時々ヒナ達を見たり、人が来るとちょっと動いたりして親子を見守っているようです。

ひなを毎日見に来る人も何人かいて、「最初は10羽いたんだけど、カラスに襲われて7羽になって、今は5羽なんだよ」といろいろ教えてくれます。私もヒナを見つけると「いた、いた、無事でよかった!」って思います。しばらく親子を眺めて過ごしたります。

そこから100メートルくらい離れた、同じ公園内の高い木の上にカラスの巣があってヒナがいたようですが、駆除されてしまいました。巣のあった場所にはもう何も見えませんでした。下を通る人や、巣を見上げる人を、カラスが警戒して攻撃するからだそうです。あと、カラスは害鳥だそうです。

人に見守られているカルガモの親子と、巣を駆除されるカラスを知って、うーん...とちょっと重たい気持ちになってしまいました。どちらも子育てに必死なのは同じなのにって思います。 





[PR]
# by yokosize | 2017-06-08 22:41 | Comments(0)

自分を信じる

目の前の出来事や人に対して、自分は正しくて相手が間違いと簡単に決めつけてしまうことは「自分は正しい」というパターンが働いていることが多いです。自分は正しいと主張するのは、強くて自信にあふれているように見えますが、正しさで自分を守ろうとしているようにも見えます。自分が間違えること、非難されること、負けることからなどの恐れからです。

自信って、自分を信頼する、自分を信じることだと思います。じゃあ、自分の何を信頼し信じるのか?

パターンではない自分、パターンたちを受け入れ、理解し、「私が一緒にいるから安心して、大丈夫だよ」と慈しんでいける自分、選べる自分、それが本当の自分(「私」)だと信じることだと思います。

本当の自分で物事を見るときは、何も決めつけずに見ます。自分も相手も分け隔てしないで冷静に見ることができます。これは自分も相手も大事にし、包容力も感じられます。無理がなくてゆったりとした安心感も感じられます。私はそうやって物事を見たいと思います。

本当の自分を信じると決めていきたと思います。


[PR]
# by yokosize | 2017-06-07 23:08 | Comments(0)

パクチー(香菜)

春に、近くのスーパーの野菜売り場にでていたパクチーの種を買いました。タイ料理や中華料理の上にのっていることがある三つ葉のような葉をした香りの強い野菜です。葉っぱの方は最近見かけるようになりましたが、種は初めて見ました。赤茶色の丸い粒胡椒くらいの大きさです。

小さな袋にたくさんの種が入っていましたが、全部プランターに蒔いてみました。育て方の紙には、間隔をあけて蒔くように書いてあったけど、後で間引きしようと思いました。

一週間くらいたったころに、黄緑色の小さな芽がぽつぽつと出てきました。嬉しくて「ようこそ!よく出てきたね」と声をかけながら水をやりました。

私は、種を蒔いて育てるのが好きです。ゆずやレモンなどの種を見ると、ちょっとウキウキします。ちゃんと面倒をみて育てる自信がないから、今は蒔かないことが多いですけど一瞬どうしようって迷います。

あんなに小さな種の中に、芽を出して、葉になり、それぞれの植物に育っていく力があると思うとすごいなあって思います。胸のあたりに感動が広がっていきます。

そうやって、パクチーの小さな種に学んでいます。

[PR]
# by yokosize | 2017-06-06 22:59 | Comments(0)

パターンのケア

自分で考える、ということを学びはじめた頃、なかなかそれができなくて難しく感じたのは、それまで自分で考えるということをやってこなかったからと以前書きました。

それもあるけれど、「自分をさらけ出すのが怖い」というパターン(*)が大きかったせいもあります。
能力のない自分や、弱い自分や、ずるい自分や、ずうずうしい自分や、裏表のある自分(みんなパターンです)そういう自分をパターンはダメだと思っているからです。だから、そういう自分をさらけ出したら、間違えてしまったり、否定されたり、嫌われたりするとパターンは恐れています。

パターンをケアできていなかったり、いろんなパターンを持っている自分を許していないと、パターンは自分をさらけ出すのが怖いとさわぎます。

パターンのケアを続けていると、「私」がパターンをくるみこんでパターンが落ち着いていくのを感じられます。そんなふうにパターンたちを
ケアしながら、自分で考えるを繰り返していきたいと思います。



   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*) 

[PR]
# by yokosize | 2017-06-05 23:57 | Comments(0)

自信

夫のTがパソコンを使っていると、ときどき「えっ、壊れた?」「どうした?」などとパソコンに向かって言っています。自分の思うとおりにパソコンが動かない時によく言っています。それは、テレビや携帯などの器機にも同じように言っています。

Tは、まずパソコンが原因だと思うそうです。パソコンがおかしくなったり壊れたりしたので、自分の思うように動かないんだと思うそうです。

私が「自分が間違えたんじゃないかって思わないの?」と聞くと、「全然思わない」そうです。
「間違えないって自信があるの?」と聞くと、「あるよ」と即答です。

でも、間違えてるところを何度も見ているので、「前に自分が間違えたから、今度ももしかしたら自分の操作ミスかなって思うことない?」と聞くと、「そんなこと考えない」そうです。

「ハー…Tちゃんてそうなんだねー」と驚きでした。そういえば思い当たることがいくつかあったっけ。ちょっとは自分を省みた方がいいと思うんだけど、Tが必要と思う時は省みているんでしょう。

私は、自分が機械に弱いと思っているので、うまく動かない時は「私が違うところを押したのかな?」と、まず自分を疑います。自信がないからです。

でも、よく考えてみると、他のことにも共通してあるような気がします。ちょっと引いてしまう、自分への信頼度の低さ、押しの弱さなど、「自分に自信がない」というパターンに関係しています。

パターンのケアとともに、自信について考えてみようと思います。 


[PR]
# by yokosize | 2017-06-04 22:47 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。