私が気功教室に行きはじめたのは、四十肩がきっかけでした。先生には体のつくりや仕組みを私の体に合わせて教えていただきました。たとえば、四十肩になるにはそういう腕の使い方をしているからだそうです。腕を上げるのにも、足の裏→わき腹→肩甲骨→腕へと体全体を意識してうごかすことが大事で、股関節も関係しているそうです。そうしているうちに四十肩の痛みはなくなっていました。

人間の体って面白いなあ、自分の体が自分でケアできたらいいなあという思いで通っていました。

それがいつの間にか、気功教室に通っていれば私の体は大丈夫、調子悪い時は先生にみてもらえばいいし・・・と、ちょっと依存にちかい頼りかたになっていました。やめるのは不安、だって頼れる人がいなくなるから、だから続けるという感じです。

自信がなくて、誰かに守ってもらわないと自分だけでは無理という思いは、存在価値に関係するパターンです。

パターンへのワークをしながら、気功教室の回数を減らしたりして、様子を見ようとおもいます。それと一緒に、自分の体に必要なことを考え実行してみようと思います。

そうやって、自分を信頼できる自分になる努力をしてみます。



[PR]
# by yokosize | 2017-08-09 18:19 | Comments(0)

頼りすぎていた自分

私は毎週金曜日に気功教室に行っています。このところ、金曜日に仕事が入ったりして都合が悪いので、同じ先生が教えている水曜日の教室にでてみたら、ものすごく動いてきつかったのですが、今の自分の体には合っているように感じました。

金曜日の教室は、体をほぐしていくところから丁寧に教えていただけるのですが、私にはちょっと物足りなく感じていたので、よけいにそう感じたのだと思います。それに仕事の休みにも合うので水曜日の教室に変更しようと自分の中で決めました。

そう決めたのですが、しばらくすると後ろ髪をひかれる思いがあります。何年もいた金曜日の教室の人たちやのんびりした雰囲気を離れる寂しさを感じます。私はずいぶん慣れ親しんでいたんだと改めて思いました。

今度のことをきっかけに、気功教室や先生に頼りすぎていた自分に気づくことができました。これからどうやっていくか考えようと思いました。

[PR]
# by yokosize | 2017-08-08 23:54 | Comments(0)

こつこつワークしよう

家族(ではない場合もあります)が、怪我をしたり体調をくずしたりすると、今まで騒いでいた「自分の思い通りにしたい」とか「私は正しい」というパターンは、一気に姿を隠してしまいます。

そして、思い通りにならなくてもいい、私の方が正しいかどうかなんてどうでもいい、その人がいてくれるだけでいいと思います。何が自分にとって本当に大事なのか分かった気がします。それはいっときの間しか続かないので、パターンの優先順位が変わっただけという気がします。病気になったら看病もお金も大変、いなくなったらどうしよう、頼る人がいなくなる・・・などと、パターンは自分のことしか考えていません(笑)

そして相手が元気になると、パターンは復活して、自分の思い通りにしたいと暴れだします。

そう考えると、相手の状態に関係なく、私は自分のパターンに向き合ってこつこつワークを続けることが大事だとわかります。そうやって関係を育んでいこうと思いました。

[PR]
# by yokosize | 2017-08-07 23:02 | Comments(0)

月の光

d0340340_23224123.jpg

お月さまがきれいです。

いろんなものに月の光が届いています。

私の中のパターンたちも照らしてもらいました。

[PR]
# by yokosize | 2017-08-06 23:31 | Comments(0)

自分の中だけ

「○○さんにそんなふうにして欲しくなかった」とか、「○○さんにこんな思いをさせられたくなかった」というパターンは、自分は簡単に○○さんに傷つけられてしまうと思っています。

自分の思うとおりに○○さんが動いてくれないと、パターンはイライラや、寂しさや、悲しさや、不安などの感情を生み出します。ネガティブな感情はパターン自身が生みの親です。それなのに、ネガティブな感情が湧いてくると、○○さんのせいで傷ついたとか、○○さんに傷つけられたと、パターンは勘違いしています。恨んだり復讐しようとしてもっと自分を苦しめる時もあります。

誰かのせいにしてパターンで生きている限り、簡単に傷つけられてしまう弱い存在のままなんだって思います。だから、パターンは必要以上に自分を守ろうとするし怖がりなんだと思います。

ネガティブな感情が湧いたらそれは自分の問題、誰かのせいにするのはやめて、自分の中だけ見ます。

[PR]
# by yokosize | 2017-08-05 23:13 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。