嫌いな人はギフト

自分の嫌いな人、勝ちたい人、苦手な人など、この人さえいなければ私はスムースにパターンに引っかかることもなく不安を感じることもなく過ごせるのにって思う人はいるでしょうか?

私は、そういう人がいて、語りかけしているうちに気がついたんです。その人がいたから私は「勝ちたい」とか「私の方が上だ」というパターンに向き合うことができたと。そうでなかったら、パターンに向き合うことを先に延ばして、パターンに翻弄され飲み込まれ続けていたと思います。

このパターンは、人よりできること勝つことで、周りの人に重要視され、高い評価をもらい、認められ、大事にされることが必要だと思っています。それにより自分の価値が得られ、自分に自信が持てると信じています。自分には価値がないと決めつけた小さな世界のなかで怯えているイメージです。

パターンに向き合わなかったら、ずーっと怯えたままだったなあと思います。自分の中の広い世界も知らないままでした。その人のおかげで気がつけたと素直に感じました。私にとってのギフトだったんだとわかりました。こんなふうに感じられる日がくるなんて嬉しいです。

もし今、嫌いな人がいる方は「○○さんが嫌い」というパターンに語りかけしてあげてください。
本当に、嫌いな人はギフトだと思います。



[PR]
# by yokosize | 2017-06-13 23:26 | Comments(0)

ヤマモモ

d0340340_23164875.jpg

ヤマモモの実です。
熟すと鳥や子供たちが食べています。私もいただきます。

今日は勉強会、みんなで実り多い時間をつくっていきたいです。

[PR]
# by yokosize | 2017-06-12 06:00 | Comments(0)

見かたの変化

あるとき、他人を見る自分の見方が、以前の自分と違うと感じることがありました。

それまでは分かっていなかったけど、以前の自分は人が信用できない、嫌な目にあわされるんじゃないかと疑ったり、ちょっとオーバーだけど攻撃してくる敵のように見て、怖がったりおびえてたんだとわかりました。
えぇー、私この人のことこんなふうに見ていたんだってびっくりでした。自分のパターン(*)で歪んでみていたんだと知ることができました。自分の思うとおりにならないと、パターンは無視されたり、攻撃されるようにしか受け取ることができないということもよくわかりました。

どうして今までと違う見方に気が付いたのかと考えました。パターンへのケアをするうちに、自分への信頼が育ってきたからではないかと思います。自分を信頼できるようになるにしたがって、他人にそれを求めなくても大丈夫になっていきます。それが見かたの変化につながっていったように思います。他人を見るとき、信用できるか/信用できないか、という見方をしないで、そのままを見るに近づいた見方ができるようになったのではないかと思いました。

自分の中の変化や気づきは喜びです。


   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*) 





[PR]
# by yokosize | 2017-06-11 23:15 | Comments(0)

断ること

人に何かを勧められた時、気がすすまないのになかなか断れないという方が多いです。勧められるものは、健康食品、健康グッズ、セミナー、何かの会、などいろいろあります。

断った時の相手の反応が気になってはっきり断れないパターンは、断ったら気分を害されるんじゃないかとか、嫌われるかもとか、これからも会うことがあるから気まずくなったらどうしようと考えます。で、ずるずると勧められるまま言いなりになって後悔したり、相手を恨んだり。又は、なんとなく距離をとったり、そのことに触れないように過ごすけれど、後味が悪くなったりします。

仕事や、人間関係で断れない時もあると思いますが、そういう時は、せめて、自分は本当は嫌だけど今は相手に合わせることを選んだと意識しておくといいと思います。

本当は、はっきり断りたいけど勇気がないという時は、パターンのケアをしながら、身近な人や簡単にできることから練習してみるといいと思います。苦手な食べ物(あめ玉ひとつでも)を勧められた時、ランチに誘われた時、何かを頼まれた時などいろんなことを利用してやるといいです。

そのときは、自分の中で「断ろう」とはっきり決めて、意識して、相手に伝えてみます。結果は「あ、そう」とすんなりわかってもらえる時もあるし、面白くない顔をされることもあります。

でも、結果はどうでもいい気がします。結果よりも、自分の気持ちを相手にはっきり言えた時の、自分の中を味わってみると、すっきりして、つかえるものがなく広々しています。自分で完結できた喜びもあります。その相手と会ってもパターンは騒ぎません。

自分のために断ることができるのは、自分の気持ちを大事にし、尊重していることだと思います。



[PR]
# by yokosize | 2017-06-10 23:50 | Comments(0)

パターンの力

以前、あるセミナーの先生から「観念(パターン)は、手放しなさい」と言われたことがあります。私は、それをどう思うか自分で考えもせずに、「そうか、手放し無くしたほうがいいんだ。あるのはよくないんだ」と信じていました。そうやって、パターンのことを嫌い、パターンがあることを怖れていました。今思うと洗脳でした。

だから、「魂の道場」で、先生から「どんなパターンもあっていいもの、無くしてはいけない大事なもの」とか「パターンは神様からのプレゼントなんだよ」と、以前と真逆のことを言われても、なかなか腑に落ちなかったです。

それから、何年も学びながらワークをしているうちに、自分の中のパターンを受け入れられるようになっていきました。ただ「あ、パターンがあった」っていうように。パターンを嫌い怖れることから、パターンの思いを聞こうという受け入れ態勢ができてきました。

私は、パターンを受け入れる、認める、許す、理解する、正直に、素直に…などたくさんの自分の中の資質を使いながらのワークがあったから、自分の中の愛に気づくことができたんだと思います。

パターンのおかげで、私は自分の中の愛に気づけたんだと思います。やっぱり、パターンは神様からのプレゼントでした。









[PR]
# by yokosize | 2017-06-09 23:57 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。