私は、「できない自分をさらしたくない」というパターンにワークしたり、できないことにチャレンジしている最中です。

できる場合は、自分は人より優れていると思い、優越感を感じ、自信を持ってその場にいることができたりします。

できない場合は、それを恥ととらえ、自分は未熟で劣っているように感じ、自分に自信ももてずに、言い訳したり、責任逃れをしたり、その場から去りたくなったりします。

それらは、みなパターンが感じ信じていることです。パターンにとっては、できるかできないかが大事だからだと思います。

パターンではなくて、できないこと、苦手なこと、嫌なこと、やりたくないことは、毎日の暮らしの中でしょっちゅうあります。そういう時に、自分はそれらの事にどう向き合うかが大事なんだと思います。

それは、できる場合も同じ事が言えると思います。

できるできないは問題ではないんだと思います。



[PR]
# by yokosize | 2017-12-06 23:47 | Comments(0)

「私」が自分を見る

嬉しさや喜びなどのポジティブな感情がわいてきた時は、苦しさや辛さがない分、黒パターン(*)に気がつきにくいと思いました。

たとえば、他人に認められた時、受け入れられた時、ほめられた時、必要とされた時、好意を持たれた時・・・など、自分に対する他人の反応があるとき時に、嬉しがったり喜んだりしているのは、「人に認められたい」「人に大事にされたい」「自分を必要とされたい」などの黒パターンです。

これらのパターンがあると、誰かから認められたり大事にされたりすると、喜んだり嬉しがったりします。それによって、優越感を感じたり、いい気分だったり、自分に自信を持てたり、自分の居場所ができて安心できるからです。

そういう時の、喜びや嬉しさは、自分の中心からというより外側に近い感覚だし、地に足がついていない不安定な感じで落ち着きません。

そうやって他人の言葉や態度で一喜一憂したり、振り回されるのは、他人のために生きているようなものだと思います。

今回の自分を見ていて、もうそういう生き方を選ばない自分でいようと思いました。自分のことは自分が一番わかっているんだから、自分を他人にまかせたりしないで、「私」が自分を見ていきたいと思いました。

   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*) 





[PR]
# by yokosize | 2017-12-05 23:13 | Comments(0)

興奮するパターン

ある方に、私は腑に落ちないことや自分の要求を話そうかどうしようかと迷っていました。迷ったのは嫌われたくないや、いい人でいたい、というパターンが働いていたからです。

だけど、自分の思い通りの結果にならなくても、相手の反応がどうあろうと、もう自分がパターンで行動しないと決めたんだよね、と勇気を出して話してみました。

結果は、拍子抜けするくらいきちんと私の話をきいてもらえました。

ちゃんと話すことができてホッとしたし気持ちが軽くなりました。

そのうちに、興奮している自分に気がついて、これはパターンの反応だなっておもいました。胸のあたりが大きく波立つ変なポジティブ感です。相手が私の話を受け入れてくれたという結果を、人に認められたい、大事にされたいパターンが喜んでいたのです。

それから、どんな感情もていねいに見ていこうと自分に約束しました。

その後、人に認められたいパターンに語りかけしています。


   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 




[PR]
# by yokosize | 2017-12-04 21:31 | Comments(0)

パターンが自分を表現したら?って考えました。

たとえば、自分をさらしたくないパターンが、自分に自信がないパターンが、私は他人より上だ、というパターンが自分を表現したらどうなるのだろうと考えました。

自分の失敗しないことだけをやり、できないことは言い訳をして逃げて、自信のないものは避けてそこそこできることをやり、人に認められているか勝っているかを常に気にしながらの不自然な自己表現になると思います。まるで、その人のパターンを表現しているみたいです。私もそうやって生きてきたんだなって思います。

パターンに向き合うということは、パターンではない自分で自分を表現し始めているとも言えます。自分の中の資質を使うということも表現につながっているし、資質を使うことが自分を表現していることなんだと思いました。

自分を表現するというのは、何にもとらわれていない自分(本当の自分)で生きることなんだと思います。

   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 


[PR]
# by yokosize | 2017-12-02 23:34 | Comments(0)

自分を表現する

自分を表現するということで、先生から「たとえば、美しい絵を見て感動したとするでしょう、そこで止まらずに、そこから、じゃあ私は何を表現するかということを考えて欲しいの」と、教えていただきました。

そういう見方をしたことがない私にとって、それは新鮮な見かたでした。美しいものを見て、美しい!と感動したところで終わらせずに、それを自分に活かしていくという見方です。

見ているものに自分から近寄り、自分に近づけ、教えてもらい、意識して見るという感じです。

そう考えると、自己表現の先生は私のまわりにたくさんありそうです。



[PR]
# by yokosize | 2017-12-01 23:17 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。