受け入れる

最近、受け入れるってどういうことなんだろうと考えています。それは、語りかけをしているときに、パターンがけっこう受け入れて欲しいと言うことに気がついたからです。

今までの受け入れるは、自分の中に他人を取り込んだり、他人の中に自分が入っていくようなイメージです。ベタっとしている感じです。自分と同じように考え、同じように行動するように、他人に要求するパターンはこのタイプです。

今わたしが思う、受け入れるというのは、
その人(物事)の自然な姿をそのままみることができる。目の前にいる人を理解しようとしながら、その人のことを自分は分かっていないということを知っている。感情はなく、もっとあっさりしている。クールで距離はあるけれど、冷たくもなく、突き放してもいない。懐深くむきあえる。共に生きているということがわかっている。
これもこれから先変化していくと思います。

自分を受け入れる、パターンを受け入れる、他人を受け入れる、物事を受け入れる・・・よく見ていたいと思います。



[PR]
# by yokosize | 2017-07-19 22:46 | Comments(0)

「私は無視されて当然の存在だ」というパターンは、矛盾するようですが無視されないために(パターンにとっての死活問題なので)、自分をよく見せたり能力があるように振舞ったりして自分を偽ります。

それは、自然でありのままの自分を無視することになります。そして、本当の自分や、自分に備わっている資質を無視してもいます。なんと、自分を無視していたのは、受け入れていなかったのは、他人ではなくて自分でした。

それは、「認められたい」「だいじにされたい」「愛されたい」などにも同じことが言えます。私にしか自分に与えられないものを、他人に要求しているということだと思います。

私はパターンではないのだから、パターンがあることは認めるけれど、信じるのはやめようと思います。
自分の中に愛があること、普遍の資質があることを信じているのだから。

[PR]
# by yokosize | 2017-07-18 22:14 | Comments(0)

「私は無視されて当然だ」というパターンは、自分の意に沿わないことを他人がすると、私は無視されたのではないか?と考えます。そうやって、やっぱり私は無視されるんだという世界を創り上げてしまします。
そして、相手を悪者にして、改めさせようとしたり、変えようとしたり、自分も同じように相手を無視しようとします。

他人には他人の世界があって、ひとりひとり自分の世界を創っているんだから、そこに踏み込んでいって他人の世界を創り変えることはできないのにです。そう考えると私はなんて乱暴でずうずうしいことをしていたんだろうと思います。

それは、実際に私を無視しようとしている他人でも同じです。パターンは自分と相手の世界を一緒に考えて、すべてを受け取ってしまいます。受け取らないという選択もあるのにです。

そうと分かっていてもパターンが騒いじゃって(思考)・・・は、本当にはわかっていない状態。ワークするしかないって思います。

そして、パターンに語りかけているうちに、自分を一番無視していたのは自分(パターン)だったと気がつきました。



[PR]
# by yokosize | 2017-07-16 22:47 | Comments(0)

夏祭り

近くの公園で夏祭りをやっていました。昼間は、花火が上がったり、子供神輿が通ったりしていました。後ろから見守るように嬉しそうについていくお父さんお母さんの方が子供よりたくさんいました。お祭りに向かう人たちはちょっとそわそわしていました。見ている私までうきうきします。

夜は太鼓の音と、盆踊りには欠かせない炭坑節が聞こえてきました。子供たちの声は高いのでよく響いてきます。

私にとってお祭りは土にかえっていくようなイメージです。郷愁をさそうような幼いころに戻るような懐かしさや、にぎやかさや、寂しさなどいろんなものが混じり合っているように感じます。

これから秋にかけて太鼓の音が聞けるのが楽しみです。

[PR]
# by yokosize | 2017-07-15 22:59 | Comments(0)

ワークを続ける

12日に書いた「窓閉めたの?」と言ったパターンは、「無視されたくない」パターンでした。語りかけしているうちに、無視という言葉が出てきて、こちらの方がストレートに響いてこれって感じでした。

無視されたくないパターンは、私は無視されて当然だと信じています。なぜなら、私は価値や能力がないと思い込んでいるからです。そして、今までいろんな人たちに無視されたからと言います。
自分が無視されて当然の存在だと信じていたら、他人のやることなすことすべてを、自分を無視しているのではないかと、疑いの目で見ることしかできなくなってしまうから無理もないです。

それで、「私は無視されて当然の存在だ」と、「私に価値や能力があるわけがない」というパターンを一緒にワークしています。

「私に価値や能力があるわけがない」は、だいたいどのパターンにも関係しているのでセットでやることが多いです。

これはもう、あれこれ考えずに(考えるのはパターンだから)ワークを続けるしかないなって思います。





[PR]
# by yokosize | 2017-07-14 23:47 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。