表現したい気持ち

ブログを休んでいる間に感じた物足りなさは何だったのだろうと考えました。

最近続けて書いていたので(たまに休みますが)、私にとっての日課になっていたので、やることをやっていないような感じになったのかな?これはちょっと違います。

苦手意識(パターンですが)が変わって、書くことが以前ほど苦ではなくなってきているのは感じていました。

自分に向き合っていると、何かしら新しい発見や気づきがあり、それは世界を広げて興味深いし、自分を知っていくことにつながりおもしろいです。そして、書くことでさらに自分を見ていきます。

そういう自分を表現したい気持ちが出てきているから、物足りなさを感じたんだと思いました。


- - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 




[PR]
by yokosize | 2018-01-20 23:34 | Comments(0)

お正月をはさんで10日ほどブログをお休みしました。休んでいて気がついたことがあります。

休む前は、解放されたようなのんびり気分になるんだろうと思っていました。

確かに毎日書かない気楽さは感じました。でも、書きたい気持ちに近い物足りなさを感じたのです。これには、ハァー⁉とちょっとびっくりでした。

だって、書くこと苦手だし、できない自分をさらすの嫌だというパターンもあって、ときには語りかけしながらだったのに・・・

それでも書こうと思ったのは、こういうカウンセリングや自己探求のやり方もあるということを知ってほしいと思ったのと、自分の学びのためです。

書くには、どうしたらわかりやすく伝えることができるか考えたり、表現力を使うし、自分を見るし、自分で考えます。それらのことは、今の私にとっての課題だし、力をつけたいものです。

だから、今年も書いていきたいと思っています。


- - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 




[PR]
by yokosize | 2018-01-19 22:49 | Comments(0)

ユリノキ

d0340340_22315652.jpg

背の高いユリノキを見上げたら、花が咲いているように見えました。これは、去年咲いた花からできた実だそうです。


春になったら、黄色に少し橙が入ったチューリップのような花を咲かせます。

植物は季節ごとに姿を変えていくので見ていて飽きません。私も目には見えなくても変化しているんだろうなと思ったりします。

そして、私も今やることを一生懸命やろうという気持ちになります。



- - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 

[PR]
by yokosize | 2018-01-18 22:57 | Comments(0)

レモンに参りました

今はちょうど柑橘類が美味しい季節です。私は酸味のある果物が好きなので嬉しいです。

そのうえ、柚子などはお風呂に入れると体が温まるし、お湯もとろりとやわらかくなって気持ちがいいです。

先日、橙をお風呂に入れたら気持ちよかったので、今度はレモンを入れてみよう!きっとさわやかな香りでいいだろうと思い試してみました。

やってみると期待した通りで、スッキリした清々しい香りでリフレッシュできました。でも、それも最初の5分くらいで、だんだん肌がひりひり痛くなり参りました。

レモンは強すぎてお風呂には合わないことが分かりました。懲りずに、温州ミカンの皮くらいの方が肌には優しくていいのかもしれないなーなどと考えています。


- - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 


[PR]
by yokosize | 2018-01-17 23:07 | Comments(0)

理解

去年あたりから、父に対して「大変だったね」という気持ちを持つようになりました。

私の父はもうだいぶ前に亡くなっています。母から、父の子供時代のこと、戦時中やシベリア抑留のこと、病気のことなどを聞いていました。

でも、私はそういう父の人生を理解するよりも、もっと私のためにこうして欲しかった、ああして欲しかったと、自分の思い通りの父親にどうしてなってくれなかったのよ、という思いを抱いていました。

それは、人を理解しようとしない(できない)パターンで父を見ていたんだと思います。今は、ひとりの人間としての父の人生を理解したいという気持ちになってきています。

パターンで人を見ないということは、人を理解できるようになるんだと思います。

それは、距離を置いてみているんだけれど、親近感も感じられます。

父と会っていろいろ話してみたいなって思います。



  - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 

[PR]
by yokosize | 2018-01-16 23:00 | Comments(0)

無声映画

先日、はじめて無声映画を観てきました。「旗本退屈男」、チャップリンの「質屋」、「深紅の文字」の三本でした。活動弁士(と言うそうです)は、澤登 翠さんという方でした。楽団の生演奏もつくなんて知りませんでした。

澤登さんは、ひとりで男役も女役も含めて何役も演じていました。俳優一人一人の心情がこちらにも伝わってきて夢中で見ていました。映画に出てくるどの俳優さんにも敬意をもって大事に演じているのを感じました。音楽も場面に合わせて映画を盛り上げていました。

長年無声映画を観ている方に、「どうでした?」と聞かれて、「映画と違って・・・・」と私が言ったら、他の方に「これも映画よ」と言われました。そうだった、これも映画だったと思うくらい、普段見る映画とは別物という感じでした。映画のような演劇のような演奏会のような、それらを合わせたものという感じでした。

初めての無声映画もよかったけれど、澤登さんの映画に取り組む姿勢にふれることができてよかったです。



  - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 



[PR]
by yokosize | 2018-01-15 20:19 | Comments(0)

現実の自分を受け入れる

現実の自分を知り受け入れることで、物事のありのままを観ることができるようになっていくのではないかと感じています。

最近始めたバレエでは、初心者の私はわからなくて、皆についていけない、一番できない生徒です。新しい職場でも、まわりはベテランの人ばかりで私が一番仕事ができません。

そこでは、嫌でもできない、分からない、下っ端の自分をつきつけられます。今までは、そんな時でもいろいろ理由(先生がよくないとか、自分には合わないとか、楽しくないなど)をつけて、できない自分を観ようとしてきませんでした。

それが、私はほんとうに何にもできないんだ、知らないんだということを知り、認め始めています。客観的な冷静な目で自分を観る感じです。それは、自分にとって自然な感じがします。

そうやって自分を観るようになって、他人や出来事のありのままを観ようとしている気がします。まだまだですが、少なくとも以前の自分の物事の見かたが変化しています。

そして、現実の自分を受け入れていくということは、謙虚になるとも言えるんだと感じています。


     - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 



[PR]
by yokosize | 2018-01-14 22:09 | Comments(0)

正面から向き合う

できない(とパターンは思っている)ことをできるように努力する自分になるには、できないことに正面から向き合わないとできないと思います。

それは、自分には縁がないからとか、くだらない必要ないと否定したり、目を向けようとしないのとも違うし、不平不満を抱えながら取り組むのとも違うと思います。

どうしてかというと、それはパターンの先入観で見て判断していて、ものごとのありのままを見ていないからです。

できないこと苦手なことをずーっと避けていた私の場合は、まず、今まで自分ができないことや苦手なことから逃げていたことを認めることが必要でした。

それから始めたバレエですが、できないので集中しますが、それでもできないので「できない自分をさらすのが怖い」というパターンの出る幕はほとんどありません。たまーに出ますが選ばないようにしています。今やっていることだけに集中している状態です。

その時間の自分の在り方がいいなって思います。自分を活かして(生かして)いる充実感を感じるからです。

そういう自分の在り方が、私にとっては正面から向き合うということです。

これからも逃げないで正面から向き合っていきたいと思います。



   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 


[PR]
by yokosize | 2018-01-13 11:44 | Comments(0)

初めてのこと

昨日は、自分が緊張しているのを感じました。

どうしてかというと、今までやったことのないことをやるので、できなかったらどうしよう?とか、私にできるだろうか?と、これから先のことを心配してパターンが緊張しているからです。

できないと、役に立たないとか、必要ないと人に言われるのではないかと、「できない自分をさらすのが怖い」パターンがさわいでいるのです。責任を持ちたくないし、面倒だし、そこから去りたい気持ちもあります。

でも、私はこれをやらなければならないので、パターンに語りかけをして、「できるように努力する自分になろう」を選んでいます。緊張するにしても、いい感じの心の張りにしたいと思います。

私の中のパターンは私がつくったものです。私が作り上げたものは、私が作り変えることができます。パターンを選び変えることによって、最初に感じていた緊張とは違ったものが感じられるようになっていきます。

自分にガンバレ!です。(ちょっとオーバーかな)



 - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 







[PR]
by yokosize | 2018-01-12 23:51 | Comments(0)

d0340340_22440302.jpg

鳥が木の実をついばんでいました。食べそこねた実が地面にいっぱい落ちていました。美味しいのかな?

木々を見るとみんな芽が出てきています。そんな生命の流れを見ると心が動きます。



  - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 

[PR]
by yokosize | 2018-01-11 22:58 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。