ニュースで梨の出荷が始まったと伝えていました。私は梨の実よりも花の方が好きです。梨の花は桜や梅の花よりも少し大きくてまるみをおびた白い花です。花の時期の梨畑は真っ白で美しいです。

私の育った町は梨づくりが盛んなせいか、中学校では生徒数人で各農家に行って、梨の交配体験をしました。タンポポの綿毛のようなものを使って花粉をつけていくのですが、上を向いてやるので首が痛かったのをおぼえています。

「花が咲いたね」とか「実ができてるよ」と教えあったり植物のことを教えてくれた幼馴染、「梨の花を街路樹にしたい」と言った友人、梨が好きかと聞かれたので嫌いと答えたら怒り出した梨農家の人…など、私の身近に梨はあったので、梨をみるといろんな人を思い出します。


[PR]
by yokosize | 2017-07-31 23:08 | Comments(0)

立ち止まることが鍵

先日、ほめられることが続きました。パターンで反応しないようにしようと思っていたので、チャンスです。

1回目は、「はい、ちょっとですけど」と答えました。「はい」は私も感じていることだけど、「ちょっと」は余計でした。認められたいパターンが控えめを装いました。

2回目は、「そうですか」と答えました。止まって一呼吸して反射的に言うのをやめることができました。自分の中にストップ(急ブレーキでした)をかけたので、パターンは働くことができなかったんです。だから、相手の方が自分の感じていることを言っているだけなのだとわかりました。それで、そのまま受け取ろうと思えました。

今度は、もっと自然にできるようになるのと、大きい声が課題です。そうなるためにも、立ち止まることが鍵だと思います。こんなふうに実践しながら自分を観察するのはおもしろいです。

そして、やっていくうちにパターンで答える必要もなくなっていくと思います。だって、私は誰にも認められなくても大丈夫だということを知っているから。


[PR]
by yokosize | 2017-07-30 23:12 | Comments(0)

2日間の合宿は参加してよかったです。いつも自分の生活している家や仕事や人から離れ、一泊二日のあいだ学ぶ環境にいられるのは本当にありがたいと思いました。

2日間先生から学びながら、自分のパターンの話をしたり気づいたりしながら、自分に向き合っていきます。私の場合は、一日目の夜(眠れないから時間がたっぷりあった)くらいから自分の今やる必要な課題がわかってきて、2日目にはそれがはっきり自覚できました。

全て自分が自分に与えていたんだということを学んで、えーっとびっくりはしているんだけど、自分の中の深い所では納得できます。不思議だけど頷けるんです。

自分の学んだことを持ち帰ってから、私は何をしようかと考えています。全て自分なんだよ、自分でやろうねと言っています。




[PR]
by yokosize | 2017-07-29 22:39 | Comments(0)

夏休み

夏休みに入ってから、公園では子供たちがいろんな虫かごを持っています。

池では男の子たちがザリガニをとっていました。
木の下では、女の子がジャコウアゲハの幼虫の食べる葉を虫かごに入れていました。そしてジャコウアゲハのことを少し教えてくれました。夢中になっていて楽しそうです。

今日から、茅ケ崎グループのはじめての合宿です。大事に楽しく学びたいと思います。



[PR]
by yokosize | 2017-07-27 08:00 | Comments(0)

自然な自分へ

ほめられたと思ったときに、「そんなことないですよ」と低姿勢になるのも「認められたい」パターンが働いています。

認められたいパターンが、控えめでなければいけないと思うのは、そうすることで自分の印象をよくし好感をもたれるから。だから、パターンは低姿勢にしようとします。それは、パターンの想像する、他人が好感を持つであろう態度をとったということです。そのとき、私の見ているものは、パターンとパターンの窺う相手の世界で、パターンで話し行動しています。

それに気づいてからは、自分に待った!!をかけて、パターンではなく自分の気持ちに近い言葉で言うように心がけています。

今の環境で、なるべく素直に気持ちを表すことを実行たいと思います。
そうやって自然な自分へかえしていきたいと思います。

[PR]
by yokosize | 2017-07-26 22:52 | Comments(0)

認められたい

先日書いた、ほめられることについて考えてみました。

その時の気持ちを振り返ってみると、嬉しいんです。どうしてかというと、「認められたい」パターンは、ほめられたことで認められたと思っているからです。パターンは、すごいですねって言われただけで、自分は認められた!って思っちゃったんです。

自分の中で、そうか「認められたい」なんだと納得できました。

認められることで、パターンは自分への価値が感じられて、安心してその場に居ることができるんです。他人にokをもらわないと生きられない感じです。

さっそくパターンへの語りかけをし、「認められなくても私は大丈夫」に選び変えています。このパターンとの付き合いは長いです(笑)だからこそ、ちゃんとケアするからね、とワークしています。

[PR]
by yokosize | 2017-07-25 23:36 | Comments(0)

健やかに生きる

健康診断をきっかけに健やかに生きるってどういうことかと考えました。

健やかに生きるって、病気をしないことだろうか?体のどこも悪くないことを言うのだろうか?テレビや新聞や本などでも、健康〃って言葉を聞いたり見たりするので余計にそう感じます。でも、それだけではないと思うんです。

体の具合が悪くて痛みを感じていても、それに影響されない本当の自分を感じることができます。私は肉体ではないってことですよね。

そう考えると、体の調子に関係なく、本当の自分を意識できること、できるだけ「私」にもどろうとすること、「私」を信じ続けることが、健やかに生きることではないかと思います。

「私」を信じて健やかに生きたい!って思います。


   - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。
自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ 


[PR]
by yokosize | 2017-07-24 23:53 | Comments(0)

健やかに

年に一度の健康診断を受けました。結果はまだだけど、あー、ご飯とアイスクリームを控えればよかったと思いました(笑)

この体は長い間使ってきたんだから、変化していくのも無理ないなって思います。

今の私にできることは、毎日楽に動けるようにケアをして、疲れをためないように気をつけることです。時には人の手も借りながら。これからもよろしくお願いしますという気持ちで、自分の体を大事にしたいと思います。

心も体も自分で健やかにできることはやり続けたいと思います。


[PR]
by yokosize | 2017-07-23 23:14 | Comments(0)

ほめられると

私は、ほめられると、どうも調子がくるってしまいます。パターンなんですけどね。

ある方にほめられた時、「そんなことないですョ」と妙に遠慮というか、低姿勢で答えている自分に気がつきました。

人をほめるときって、ほめる側の人はその人の中の基準をもとにほめていて、その人はそう思ったから言っただけなんですよね。お世辞のときもありますが。

だから、「そうですか」とか「ありがとうございます」と言ってもいいのに、なぜ私は「そんなことないですョ」と答えたのかなって思いました。

自分を低く見ているパターンや、控えめでなければいけないというパターンが働いている気がしますが、もう少しみてみたいと思います。

パターンが働くということは、人に(外側)に振り回されているということです。自分のことは自分が一番わかっているんだということを忘れずにいたいと思います。


[PR]
by yokosize | 2017-07-22 23:26 | Comments(0)

誰かに自分の思い通りになってほしいパターンは、本当は自分がやることを、他人にさせようとしているんだと思います。

私の場合は、人に大事にして欲しいときは、自分で自分を大事にすることをしていない。仕事場でもっと丁寧に教えて欲しいと思う時は、自分で考えたり、待っていて積極的に聞いていない。などです。

人に自分の思い通りになってもらわなくても、私の中にも切り開いていく力があるから大丈夫なのに、自分の中の力を使うことを怠っているんだなって思います。

思い通りにしたいパターンを離れると、単純に今の自分のすることだけに集中できます。
やっぱり軽やかに気持ちよくいきたいと思います。

[PR]
by yokosize | 2017-07-21 23:55 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。