<   2017年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

栴檀(せんだん)の木

私は、栴檀の木の枝ぶりがおもしろくて公園でよく眺めていました。他の木とは違ってクネクネというかカクカクというかユニークだなあと見上げていました。かわいい花も咲くというので楽しみにしていたんです。

ところが、先週ネットで栴檀を調べてみたら、源平合戦のころは、梟首(きょうしゅ、と言って切った首を木にかけることだそうです)するための木に使われたり、江戸時代の獄門台に使われていたという文章をみつけて、えーー?とびっくりです。邪気を払うとか、虫が寄り付かないから使われたらしいです。

それを読んだら、私の中の栴檀の木に対するイメージが、おもしろくてユニークなものから、おどろおどろした気味の悪いものに変わり始めました。そういえば木の色は黒っぽくて、ホラー映画に似合いそうだなんて考えもでてきます。

そんな自分の中の変化に気づいて、パターンはこんなふうに刷り込まれていくんだなって思いました。ネットの情報それも栴檀の木に関する一部分だけを読んで、「栴檀は気味のわるい木」というパターンを刷り込むところでした。

なんの先入観もなく、おもしろい枝ぶりで好きだなって感じた気持ちを大事にしたいと思います。そろそろ花も咲いていると思うので見てきます。






[PR]
by yokosize | 2017-05-17 23:08 | Comments(0)

毎日続ける

最近、左手が痺れることがあり、自分で肩を回したり、もんだりしていました。それがひどくなってきて、どうしたらいいかわからず心配で整形外科へ行ってきました。

私が「しびれがひどいのは朝起きたときで3時間くらいでだんだんなくなるけど、違和感はずっとあります」と話すと、先生はひじのあたりを何か所か押していってトリガーポイント(痛みやしびれの引き金となる場所)を見つけます。私の場合は、ひじのあたりの筋肉が固くなったのが原因だそうです。そこへチクチクチクチクと注射をして、「毎日、特に目が覚めた時にテニスボールでそこを押してね」と教えていただきました。肩こりは肩甲骨が動くような肩回しをするようにとも教えていただきました。

年々、筋肉が固くなってきているのを感じていました。やっぱり毎日ケアすることが大事なんだなあと思いました。

心も体も同じように、自分でできることは毎日続けようと思いました。そして、神頼みでもなく、誰かにやってもらうのを待つのでもなく、今自分にできることを毎日続けるっていいなぁって思いました。



[PR]
by yokosize | 2017-05-16 23:27 | Comments(0)

都忘れ

私は濃い紫色の都忘れが好きです。そして、去年から育てている都忘れがやっと咲きました。冬の間葉っぱが残っているのを見てはホッとしていたので、つぼみを見つけたときは嬉しかったです。

私は、カウンセリングを受け始めたころは自分を責めることが多かったです。現実の自分と理想の自分のギャップに悩んだり、グループに参加するようになると人と自分を比べたりしていましたから。現実の自分を受け入れられなかったんです。そんな時には、よく都忘れを見ていました。花や木を眺めると心が落ち着いてきます。植物のありのままの姿で生きようとする自然さに、私を自分の中心にもどることに気づかせてもらっているんだと思います。

都忘れは、何度挑戦しても根付かなかくて、ベランダでは無理なのかと思いながらも、懲りずに買っては枯らしていました。地植えだと何もしなくても毎年咲いてくれるのに、鉢植えは難しいといつも思います。水や肥料をやったり、土を変えたりしなければならないからです。

植物に詳しい方に、花や実をつけさせる栄養をあげすぎると全体が弱るから、根を元気にしてあげた方が植物にとっては自然な形だと教えていただきました。なので、今年は、炭を砕いて土にまぜたり、根を強くするように肥料を入れてみます。

私も、根っこを強くし、自然体で生きようと思います。

[PR]
by yokosize | 2017-05-13 22:36 | Comments(0)

黒豆

昨日、黒豆を煮ました。去年の暮れに買ったものが半分残っていてずーっと気になっていたのをやっと煮たのです。

時間のかからない簡単な奥薗壽子さんの作り方でやってみました。5か月たっていたけどふっくらと煮えました。半分は甘味をつけないで、サラダやカレーなどに使えて便利なので冷凍保存します。あと半分は甘くしました。

美味しいのですが、黒豆はお正月のものと思っているので、体も気持ちも不思議な感覚です。食べ終わるころには慣れるのかもしれませんが、お正月に黒豆を食べる楽しみが薄れるかもしれないなぁとも思います。


[PR]
by yokosize | 2017-05-12 00:11 | Comments(0)

かわいそうに

私がまだ主人の家族に会う前に、主人が主人の叔母Yさんに私のことを話した時のことです。私が小学校一年生の時に父を亡くしたことを話すと、Yさんは「かわいそうに」と言って泣いたそうです。

私は、その話を後から聞いて嬉しいと思いました。その時、誰かにかわいそうにと言われて嬉しく感じることもあるんだなって思いました。今思うと、私が見ていなかった子供のころの寂しさをすくう言葉だったのかもしれません。

それから何年もして、私は「魂の道場」へ通いはじめます。そこで、パターン(=エゴ、信念、観念など)の存在や、そのパターンが大きいために、外の情報がパターンに引っかかって、パターンが感情を生み出す、という心のからくりを学びました。(*)

そう考えると、Yさんの「かわいそうに」もYさんのパターンが生み出したものです。そうとわかっても、Yさんの思いを、私があたたかく感じるのは変わりませんでした。Yさんは、ただただ私の子供の時を思いやって、大変だったろうという事をいろいろ想像して口にした言葉だったんだと思います。だから、Yさんの思いが私の胸の中に届いて、それを私は素直に受け取れたんだと思います。

言葉も、その言葉にふくませる思いも大事なんだなって思います。

   - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/  (*)



[PR]
by yokosize | 2017-05-10 23:27 | Comments(0)

古い自分の世界を出る

ある時、私は知り合いから私を試すようなことを言われました。これを言ったら私がどんな反応をするか見てみたいというのを感じました。私は、その場ではただ話を聞いて過ごしましたが、不快感が残りました。

この時に不快感を生み出したパターンは、「私を大事にしてほしい」です。このパターンは、私を大事にするように相手に期待し、自分の思い通りにしたいと思っています。

その下のパターンは、「人に守ってもらわないと、私は自分ひとりでは生きていけない」と決めつけています。

そのまた下のパターンは、「私はちっぽけな存在」、「私は価値がない」などと信じています。

そうやって、自分で決めつけたり信じてきた世界を出ようと「誰かに守ってもらわなくても私は大丈夫」、「もう、そのとらわれから自分を解放しよう」、「私にも普遍の力がちゃんとあるから大丈夫」などのパターンに選び変えています。

近いうちに、その方と会うので新しいパターンを選び続けようと思います。


 







[PR]
by yokosize | 2017-05-09 23:59 | Comments(0)

知る楽しみ

今、私は3人きょうだいで一緒に住んではいませんが、もう半世紀をこえる長い付き合いです。そんなに長い付き合いで身近な人なのに今まで知らなかった(気づかなかった)面に、へぇーと思うことがあります。

先日、姉とお昼ごはんは何を食べようかと話していて、「姉はいつも私の好みに合わせてくれることが多いかも?」と思いました。私に譲ってくれているのか、何でもOKなのか、気をつかっているのかはわかりませんが、その時にふっと感じました。私は、姉がいつも自分の考えをはっきり言うという所に気を取られて、気が付かなかったのかもしれません。きっと私が知っている姉は姉の一部分なんでしょうね。

兄に関しても、「大丈夫?」と普段はあまりしゃべらない兄に言われて、驚いたりもします。自分の気持ちなどはほとんど話さないので、兄の雰囲気などで感じたりしています。

母の介護を三人でして葬儀を済ませた頃から、会う機会は減ったのにつながりが濃くなった気がします。年を取ったせいもあるけれど、関係を大事にしようという気持ちが感じられます。これは以前とは大きな違いで、私が子供のころに望んでいた関係だなって思います。

きょうだいや、誰かの新しい面を知るのもいいものだなと思いました。

[PR]
by yokosize | 2017-05-08 00:18 | Comments(0)

信頼

語りかけをして、白黒ワークで白パターンを選んでいくというワーク(*)を続けていると、だんだんと自分への信頼が感じられてきます。「私」がちょっとずつ育ってきて、胸の少し上の胸腺のあたりの広がり、なにもない穏やかさ、安らぎ、安定感、静けさなどを感じると、あーこの感じが「私」なんだとわかります。そして、私は「私」を信じて生きようと決めます。

そうやって自分への信頼がすこしずつ増していくにしたがって、私の外の世界への信頼もできていくのを感じています。大丈夫かもね~という小さな感覚です。私はこの自分を信頼する感覚がとても嬉しいです。

どんなパターンがあっても大丈夫、「私」がいるから。


   - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/  (*)


[PR]
by yokosize | 2017-05-06 23:26 | Comments(0)

白玉

先日おじゃました鎌倉の「こまめ」で、おにぎり定食をいただきました。その定食についていた白玉にびっくりしました。目が釘付け!こういう白玉は他では見たことがありませんでした。ふっくらと厚みがあって、丸みがあって、つやを帯びている愛らしい感じです。小豆の甘味もちょうどよくて美味しかったし、おにぎりもご飯がおいしかったです。後で調べたら「はえぬき」というお米でした。

いただいていて、材料を吟味して、下ごしらえに時間と手間ををかけないとできないとわかります。作り手の心意気が気持ちよく伝わってくる味です。

それにしても、白玉を見てこんなに感動するとは思いませんでした。今度おじゃました時は白玉をたくさんいただこうと思いました。

[PR]
by yokosize | 2017-05-04 23:02 | Comments(0)

椿

よく歩く公園のあまり目立たないところに椿の木が何本かあって、そのうちの一本にドキッとするような紅い花が咲いています。花は一重ではなくて真ん中が盛り上がっていてふくよかです。そこを通るたびに、紅い花のかもしだす雰囲気に見とれています。きれいだなーって思います。見ているあいだは時間もゆったりしているような静止しているような感じです。

美しさや、力強さや、素直さを感じてそこに惹かれるし、紅を見て元気をもらいたい気もします。今の自分の好みや、心の状態や、体の調子に合っているんだろうなって思いますが、惹かれているのは、もっと奥底からという気がします。

もう、花の時期も終わるので、来年の椿でそのへんを意識して感じたいと思います。

[PR]
by yokosize | 2017-05-03 21:56 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。