「私は書くことが下手だ」というパターンをケアしているうちに、比較している自分に気づき、苦手なことから学べることがあると気づいていくことは、陰陽マークの黒の中にも小さな白があるっていうことなんだと思います。

「書くことが下手」というパターンでいるのは、辛いし、苦しいし、不安な思いを抱えていることです。そんなパターンに語りかけをして、選び変えていくうちにパターンは静かに安心していきます。そうやってパターンと付き合ううちに、もっと深く自分を知っていくことが必要だとか、どうやったらわかりやすく伝えられるか?それには自分が成長することだなあ、やっぱりワークか!と気づいたり、考えたりします。

黒パターンがあるから気づくことができるし、黒パターンがあったから今の自分に足りない力をつける努力をしようと動き出します。そんな時、「おー、ここにも、黒の中の白があったんだ」と気づきます。こういう気づきは私にとっての喜びなんだと思いました。


    - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


[PR]
by yokosize | 2017-04-30 11:40 | Comments(0)

佐々木漬物店

今日、友人といっしょに船橋の「佐々木漬物店」に行ってきました。

ちょうどご主人がいらして、ぬか味噌が腸内環境をととのえて免疫力を高め、便秘改善や美肌効果があるというお話を丁寧にしてくださいました。ご主人は80歳で血色もよく肌もすべすべしてお元気そうでした。独学で乳酸菌の研究をつづけているそうです。ぬか床も見せていただいたのですが、作りたてのぬか床は発酵が活発でほんのりあたたかく、時間がたったぬか床は冷たかったです。ぬか自体の味もいろいろなうまみ成分が合わさっているようでいい味でした。漬物も柔らかい塩味で美味しかったです。

白菜のぬか漬けなどいくつかを買いながら、「もう、自分でぬか漬けするのはやーめた!」って思いました。だって、こういう味は私には出せないし、「佐々木漬物店」を私のぬか床だと思えばいい。そう思ったら少しほっとしました。





[PR]
by yokosize | 2017-04-29 23:07 | Comments(0)

苦手なこと

私は書くことが苦手です。子供のころから作文は苦手だったし、読書感想文は読んだ本のあとがきを写したし、会社勤めをしていた時もビジネス文書に手間取りました。

そうやって時を重ね、「私は書くことが下手だ」というパターンを大きくしていきました。そのパターンは、下手なことを隠してうまく見せようとします。パターンは誰かと比較して、上手いか、下手か、でしか見ようとしません。下手な自分をさらしたらバカにされたり相手にされず、苦しむと思いこんでいます。

パターンではなくて、できるだけ今の自分に正直に書こうと思ってからだんだんと楽になりました。自分は何を感じ何を大事にしたいかという今の自分の在りようを書いていきたいと思います。

それには、自分への洞察力がいるし、ちゃんと伝わるわかりやすい文章力もつけていきたいと思います。そのために私はどうしたらいいかなあと考えます。

苦手だと思っていることから学べるものはたくさんあるんですね。

   - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/

[PR]
by yokosize | 2017-04-27 23:50 | Comments(0)

「私」で生きたい

今日は買い物があって父の故郷の近くまで行きました。畑や田んぼの多いのどかなところです。林の新緑に藤色の山藤が映えていました。田植えがすんだ田んぼには水が張られていて、それを目にすると心がほっと落ち着いてきます。

昔、父の実家の近くでは住む場所によって人を差別することがあったようです。家族には「人を差別してはいけないよ」と言って、自分でもそのように行動していたそうです。

そんな姉から聞いた話を思い出して、今の自分はどうだろうと考えました。パターンは、能力、学歴、お金、勝ち負け、優劣、上下で、自分と他人とを比べては、他人を貶めたり、自分を卑下したりを繰り返します。また、自分の中のネガティブな感情やパターンを嫌うこともあります。これは自分で自分を差別しているのと同じことだなって思います。

パターンで考えて行動しているかぎり、人にも自分と同じ付き合い方をしてしまいます。パターンはそれしか信じていないから変えることはできません。今はそれがわかります。だからこそ、「私」で生きたいと思いました。

[PR]
by yokosize | 2017-04-26 23:35 | Comments(0)

早寝早起き

昨日は体がだるくて何もできない状態でした。季節の変わり目のせいか、疲れか(疲れるようなことしてないけど)、年のせい?

なんとかならないかと体を動かしても、昼寝をしても、散歩をしても変わりませんでした。
そういう日もあるねと、あきらめて夕飯を食べて(食欲はありました)早く寝ました。

そうしたら、今朝は6時にパッと目が覚め体調ももどっていました。眠るってすごい!って思いました。寝ている間に体はどうなっているのか不思議です。

私の体には、早寝早起きが合っているようです。自分の体の体調管理も意識して大事にしていこうと思いました。





[PR]
by yokosize | 2017-04-25 23:44 | Comments(0)

自分のなかにわく小さな「?」「あれ?」「どうしてだろう?」って大事だと思います。それが湧き上がってくるときの感覚は自然にスッとした感じです。

私は今まで人と話していて、相手の言葉を聞いて一瞬わいた「?」をそのままにしてしまうことが多かったので気をつけています。これは私の癖(パターン)で、長い間あたりまえのこととして見過ごしてきたものです。自分の中にわいた疑問を聞くのを躊躇するときは、相手の反応(傷ついたり、不快になったり、怒ったり)を気にすることがほとんどです。

そして、これは自分自身にも同じことをしています。自分の言葉や思考や行動するなかで感じる違和感や「あれ?」をそのままやり過ごしているということです。それは、パターンに気づくためのものだったと後から気づくことが多いです。

自分のことを大事にしたいなら、相手のことを大事に思うなら、「どうして?」と聞いていこうと思います。自分の中の愛で聞きたいと思います。



[PR]
by yokosize | 2017-04-22 23:29 | Comments(0)

私が持っていた「私は人に無視される」というパターンは、パターンに引っかかる事が起きるたびに大きくなっていきました。

・Aさんとケンカして何日も口をきいてもらえなかった(事象)→悲しい(パターンの生み出した感情)→ケンカすると無視されるんだ(パターンの思考)→やっぱり「私は人に無視される」(パターンの強化)

・B先生は私が質問をしたのに答えてくれなかった→見捨てられたようで不安→B先生は私を相手にしてくれない→やっぱり「私は人に無視される」

・Cちゃんに話しかけてもそっぽを向いて他の人と挨拶している→胸が痛い→Cちゃんに嫌われたんだ→やっぱり「私は他人に無視される」

パターンは何かが起こるたびに、感情を生み出し、思考して、やっぱりね!と、グルグルと同じところを回りながら強化され大きくなって、「私は他人に無視されて当然の存在だ」と信じるようになりました。

パターンが大きくなると、そのパターンで物事をみて判断して生きていくようになるのがよくわかりました。パターンの強化を止められるのは自分だけです。だから、パターンは大きくなる前にケアしようと思います。


   - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/



[PR]
by yokosize | 2017-04-20 16:35 | Comments(0)

先日、私は10年ぶりくらいにSさんと会いました。いつも何人かで会っていたので二人きりで話すのは初めてにちかいです。
私は、20年以上も前に他人から聞いた話をそのまま受け取って、か弱くておどおどしたSさん像を自分のなかに作り上げていました。

そして、待ち合わせ場所で久しぶりに会ったSさんの第一印象は、「あれ??Sさん違う人みたい、弱い人じゃない!」でした。
新緑がきれいだったので散歩しながら、会わない間のことなどをお互いに話したのですが、やっぱりSさんは弱くなんかない、強い人だなって思いました。

ご主人の愚痴を言っていても、ご主人を大事に思っているのが伝わってきます。ご主人を自分の上にも下にも置かず同じ人間として対等な目線で、自分にとっての嫌なところやいいところを冷静に話しています。
Sさんのご主人は、Sさんのこのやさしさに助けられているんだろうなと感じました。

私はつくづく会ってから感じよう、実際に会ってみないうちは何も決めつけない方がいいと思いました。
「私は何もわかっていないんだ」を、肝に銘じようとあらためて思った日でした。



[PR]
by yokosize | 2017-04-18 18:40 | Comments(0)

パターンって幼い

公園のベンチに座って語りかけをし始めたら、私の前を男の子が笑って走っていきました。その子はぐるっと走ってまたベンチの所に来て、私の横に腰かけると、「ぼく今日5才なの」と言いました。私が「今日お誕生日なの?」ときくと、「そう、お誕生日。明日は小学校に勉強にいくんだよ」と言います。私は「おめでとう」と言いながらも、5才で小学校?早いでしょうと思ったけど、男の子はおめでとうを何回も言って嬉しそうにしています。お母さんが来たので「今日お誕生日なんですねー」と言うと、お母さんは「ちがいます。8月なんです」と、ちょっと申し訳なさそうに言いました。小学校も来年からだそうです。それからお母さんと一緒にバイバイと言いながら帰っていきました。

一人になってから、パターンはあの男の子のように幼い感じなのではないかと思いました。現実と想像の境目がわかってなかったり、考えが及ばなかったり、なりたい自分になるためには嘘もつくし、言い訳もするし、なんでもする感じです。寂しがりやで怖がりで「ねえ、こっち向いてよ、私の話を聞いてよ!」と訴えているような感じ。

パターンは小学生みたいと聞いてはいたけれど、私の思っている以上に幼い存在なのかもしれないと思いました。そうだとしたら、放っておけないよね。だから、もういいよとパターンが言うまで話を聞こうと思いました。



パターン・・・生まれてから今までに、家族や学校や職場など自分のかかわった人たちの影響を受けたり、自分の体験を通して、こうあるべき、これは正しい、これは間違い、常識、普通など、自分の信じていることをいいます。

    - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


[PR]
by yokosize | 2017-04-17 00:09 | Comments(0)

バスの中で

今日、バスの前のほうの座席に座っていると、高齢(そう見えたんです)の女性が横に立ちました。私が「どうぞ」と言って席を立って譲ろうとしたら、その女性は、私の腕をかるくつかんで私を座らせて「いいのよ、あなた座ってなさい、私はすぐ降りるから」と言いました。

私「でも、揺れるでしょう?」
女性「うん、それよりこのバスずいぶん遅れてる」
私「そうですね、風が強いからかな?」
      ・
      ・
そんなご近所さん同士のような会話をして、降りるときに、
女性「あなた、気をつけて行きなさいね」
私「はい、お気をつけて」

短い会話のなかにも、その女性のやさしさが伝わってきてほのぼのしました。
こういう知らない方と話したり、ちょっと気づかいし合えるのっていいなって思いました。












[PR]
by yokosize | 2017-04-15 22:48 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。