ずーっと心に残っている言葉がいくつかありますが、そのひとつが魂の道場でいただいたプリントの「人間は生まれつき不平等である。したがってあたかも平等であるがごとく自分を扱おうとしても無理である。そうした様々な条件下において自分は自分なりに最善をつくすこと、自分は自分なりにベストをつくすこと、霊的に、知的に、身体的に自分に備わったものを最大限に活用すること、そこに地上生活の意義がある」です。

この文章をはじめて読んだとき、「へぇー生まれつき不平等なんだ…自分は自分なりにベストをつくすって、他人は関係ないの?競争はしないの?」なんだかわからないへんてこりんな感じでした。この頃の私は、他人との競争、勝ち負け、優劣、上下、比較はあるのが当たり前だったからよけいにそう感じました。

でも、理解できなかったけれど忘れられず、時々読み返していました。自分にとって必要なことに感じていたんだと思います。

今はほんとにそうだな、こんなふうに生きたいと素直に思います。
でも、今の私は「ほめられたい」や「抜かれたくない」などの他人がいっぱい出てくるパターンをケアしているところなので、本当の意味でわかったとは言えないところにいるのだと思います。

「自分は自分なりにベストをつくす」に近づきたいと思います。
















[PR]
by yokosize | 2016-03-20 16:53 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31