2017年 10月 15日 ( 1 )

人の力を信頼する

 魚屋さんで「ご主人に食べさせてあげて」と鰯のお刺身をおまけしてもらったときのことです。
 夕飯になってみると、もうおかずを作った後だったので、いただいたお刺身の分だけ多かったのです。お刺身だから残すわけにもいかず、食べ過ぎて苦しいし、カロリーもオーバーしてしまいました。

 それで思ったのが、人に何かをしてあげる時、自分ではそれが相手にとっていいことだと思ってやっていても、自分には本当のことは分かっていないということです。余計なことをしていたり、やる必要もないことだったり、相手が自分で考えて行動するチャンスを逃すこともあるのではないかと思いました。
 もしかしたら、相手のためではなくて自分のために行動することもあるかもしれません。

 人に何かをしてあげる時、私はどうしてこれを話そうとしているの?どうしてこれをしようとしているの?自分の中の誰がしてあげたいの?と自分に聞いていきたいです。

 私たちの中には自分を成長させ、育てていく力があります。
 人がもともと持っているその力を発揮するチャンスを奪わないで見守れるようになりたいと思いました。それは、人の力を信頼することでもある思います。

[PR]
by yokosize | 2017-10-15 23:55 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。