2017年 10月 06日 ( 1 )

最近目が疲れたり、この間の十五夜は月が二つに見えたりするので、一年ぶりに眼科に行ってきました。

検査をしたあと、「視力も1.2あるし大丈夫だね、月を見るために眼鏡を作ることもないでしょう、白内障も軽いしね」と、先生にさらりと言われたので、私はびっくりして「先生、私白内障なんですか?」と聞き返してしまいました。どうやら本当らしい。

白内障と言われて不安な気持ちがわいてきました。「白内障になりたくない嫌だ」というパターンは、白内障は老人のかかる病気で自分もその仲間入りになるのが嫌だし認めたくないし、だんだん見えにくくなって何年か先に手術をするのが怖いと言います。

語りかけして、「現実の自分(白内障になった)を受け入れる強さが自分にはあるから大丈夫」というパターンに選び変えました。変化していく自分の体にしっかり目を向け大事にしようと決めました。

今まで60年余り働き続け、いまも働いてくれている眼を思うと、感謝の気持ちがわいてきました。栄養や紫外線に気をつけたり、ツボや筋肉をマッサージしたり、できることをしていこうと思いました。


[PR]
by yokosize | 2017-10-06 23:57 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。