2017年 07月 18日 ( 1 )

「私は無視されて当然の存在だ」というパターンは、矛盾するようですが無視されないために(パターンにとっての死活問題なので)、自分をよく見せたり能力があるように振舞ったりして自分を偽ります。

それは、自然でありのままの自分を無視することになります。そして、本当の自分や、自分に備わっている資質を無視してもいます。なんと、自分を無視していたのは、受け入れていなかったのは、他人ではなくて自分でした。

それは、「認められたい」「だいじにされたい」「愛されたい」などにも同じことが言えます。私にしか自分に与えられないものを、他人に要求しているということだと思います。

私はパターンではないのだから、パターンがあることは認めるけれど、信じるのはやめようと思います。
自分の中に愛があること、普遍の資質があることを信じているのだから。

[PR]
by yokosize | 2017-07-18 22:14 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。