2017年 07月 02日 ( 1 )

昨日の「人と向き合うこと」で、小学生の時のことを思い出しました。その日は朝から雨なのに私には長靴がなくて、今日だけだから黒い長靴をはいて行くように母から言われました。(その頃の母は忙しくて私の長靴まで気がまわらなかったんです)

私は黒なんて嫌だと言いましたが、結局泣きながらその長靴を履いて兄と一緒に学校へ行きました。

私の機嫌をなおすために母から言われていたようで、兄は途中の文房具屋さんでクレヨンを買って私に持たせました。

黒い長靴が嫌だという気持ちでいる私は、いつもだったら嬉しく感じるクレヨンを渡されて、えっ???と、とまどう感じでした。

今だったら、母は私を思ってしたことなんですが、子供の気持ちを分かってあげるだけで、クレヨンは必要なかったということがわかります。

その時のクレヨンは、気持ちをそらしたり、はぐらかすことになるし、問題をすり替えてしまします。
そして、そういう体験をすると、クレヨンを使うことを学び、気持ちや問題にきちんと向き合うことを知らずに育ちます。

子供も大人も、自分に向き合うことはとても大事なことだと思いました。





[PR]
by yokosize | 2017-07-02 23:59 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。