2017年 06月 22日 ( 1 )

結果と過程

十数年前に、私はある試験に落ちて、ものすごく落ち込んだことがあります。

「試験に落ちる自分が嫌だ」というパターンは「だって、試験に落ちるってことは、能力がないってことだし、劣っていることだし、恥ずかしいことだし、だめだから」と思っています。だから、そんな自分が嫌だし、がっかりするし、悔しいし、不安に、パターンは感じています。

パターンに語りかけをしたり昼寝をしたりしているうちに、「あー!私は試験に落ちた自分を受けいれられないんだ」と気づき、心の中がガラリと変化したのに驚きました。自分を受け入れることをその時に学びました。

最近、私はある試験に落ちてがっかりしました。ワークをしてパターンは落ち着いてきました。

そして感じたのは、結果(合否)と、それまでの過程のどちらに重きを置くかは、私の在り方にかかわることなんだということでした。

明日に続きます。

[PR]
by yokosize | 2017-06-22 23:43 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。