2017年 06月 10日 ( 1 )

断ること

人に何かを勧められた時、気がすすまないのになかなか断れないという方が多いです。勧められるものは、健康食品、健康グッズ、セミナー、何かの会、などいろいろあります。

断った時の相手の反応が気になってはっきり断れないパターンは、断ったら気分を害されるんじゃないかとか、嫌われるかもとか、これからも会うことがあるから気まずくなったらどうしようと考えます。で、ずるずると勧められるまま言いなりになって後悔したり、相手を恨んだり。又は、なんとなく距離をとったり、そのことに触れないように過ごすけれど、後味が悪くなったりします。

仕事や、人間関係で断れない時もあると思いますが、そういう時は、せめて、自分は本当は嫌だけど今は相手に合わせることを選んだと意識しておくといいと思います。

本当は、はっきり断りたいけど勇気がないという時は、パターンのケアをしながら、身近な人や簡単にできることから練習してみるといいと思います。苦手な食べ物(あめ玉ひとつでも)を勧められた時、ランチに誘われた時、何かを頼まれた時などいろんなことを利用してやるといいです。

そのときは、自分の中で「断ろう」とはっきり決めて、意識して、相手に伝えてみます。結果は「あ、そう」とすんなりわかってもらえる時もあるし、面白くない顔をされることもあります。

でも、結果はどうでもいい気がします。結果よりも、自分の気持ちを相手にはっきり言えた時の、自分の中を味わってみると、すっきりして、つかえるものがなく広々しています。自分で完結できた喜びもあります。その相手と会ってもパターンは騒ぎません。

自分のために断ることができるのは、自分の気持ちを大事にし、尊重していることだと思います。



[PR]
by yokosize | 2017-06-10 23:50 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。