2017年 06月 08日 ( 1 )

カルガモとカラス

近所にある公園の池にカルガモの親子がいます。お母さんカモのまわりをヒナ達が泳いだり、チョコチョコ歩いて餌のミミズを食べたりしています。お父さんカモ(たぶん)は、岩の上で時々ヒナ達を見たり、人が来るとちょっと動いたりして親子を見守っているようです。

ひなを毎日見に来る人も何人かいて、「最初は10羽いたんだけど、カラスに襲われて7羽になって、今は5羽なんだよ」といろいろ教えてくれます。私もヒナを見つけると「いた、いた、無事でよかった!」って思います。しばらく親子を眺めて過ごしたります。

そこから100メートルくらい離れた、同じ公園内の高い木の上にカラスの巣があってヒナがいたようですが、駆除されてしまいました。巣のあった場所にはもう何も見えませんでした。下を通る人や、巣を見上げる人を、カラスが警戒して攻撃するからだそうです。あと、カラスは害鳥だそうです。

人に見守られているカルガモの親子と、巣を駆除されるカラスを知って、うーん...とちょっと重たい気持ちになってしまいました。どちらも子育てに必死なのは同じなのにって思います。 





[PR]
by yokosize | 2017-06-08 22:41 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。