2017年 05月 30日 ( 1 )

パターンを理解する

昨日の、自分を型にはめないの続きです。

自分を型にはめようとするのはパターン(*)です。パターンには、自分を型にはめなければならない理由があります。

私の場合、「まじめ」という型に自分をはめたパターンは、だって先生にも親にも誰にも怒られないから、いい人だと思われ信用されるから、まじめでいれば自分のポジションを守れるから...と言います。

そんなパターンの気持ちや感覚を理解していきます。怒られた時の身のすくむようなこわばる感覚や恥ずかしさ。信用された時のほっとする大丈夫だという落ち着いていく感じ。自分の居場所がないときの疎外感や不安感。あー、それが怖いからパターンはまじめという型に自分をはめたんだ、というのがわかります。

そうやって、理解の深さが増すにしたがって、パターンも落ち着いていきます。
理解は心の妙薬だなあって思います。

    - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*) 







[PR]
by yokosize | 2017-05-30 23:52 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。