2017年 04月 17日 ( 1 )

パターンって幼い

公園のベンチに座って語りかけをし始めたら、私の前を男の子が笑って走っていきました。その子はぐるっと走ってまたベンチの所に来て、私の横に腰かけると、「ぼく今日5才なの」と言いました。私が「今日お誕生日なの?」ときくと、「そう、お誕生日。明日は小学校に勉強にいくんだよ」と言います。私は「おめでとう」と言いながらも、5才で小学校?早いでしょうと思ったけど、男の子はおめでとうを何回も言って嬉しそうにしています。お母さんが来たので「今日お誕生日なんですねー」と言うと、お母さんは「ちがいます。8月なんです」と、ちょっと申し訳なさそうに言いました。小学校も来年からだそうです。それからお母さんと一緒にバイバイと言いながら帰っていきました。

一人になってから、パターンはあの男の子のように幼い感じなのではないかと思いました。現実と想像の境目がわかってなかったり、考えが及ばなかったり、なりたい自分になるためには嘘もつくし、言い訳もするし、なんでもする感じです。寂しがりやで怖がりで「ねえ、こっち向いてよ、私の話を聞いてよ!」と訴えているような感じ。

パターンは小学生みたいと聞いてはいたけれど、私の思っている以上に幼い存在なのかもしれないと思いました。そうだとしたら、放っておけないよね。だから、もういいよとパターンが言うまで話を聞こうと思いました。



パターン・・・生まれてから今までに、家族や学校や職場など自分のかかわった人たちの影響を受けたり、自分の体験を通して、こうあるべき、これは正しい、これは間違い、常識、普通など、自分の信じていることをいいます。

    - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


[PR]
by yokosize | 2017-04-17 00:09 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。