2017年 03月 30日 ( 1 )

楽しい日曜日

私がはじめてアルバイトをしたのは小学校6年の夏休みでした。
担任のT先生の実家は、そのころ海水浴場の近くで食堂をやっていて、私とYちゃんは日曜日になるとアルバイトをしていました。

どうしてそういうことになったのかは分かりませんが、人手が足りなかったのか、働くことを経験させたかったのか、私たちの家の経済状態を考えてのことなのかだと思います。

あの頃の海水浴場はまだ人気があったので、食堂はけっこう混んでいました。
私とYちゃんは、お客さんの注文を聞いたり、できたものを運んだりしていました。
かき氷は作ってもよかったので、氷が飛ばないように気をつけてハンドル(?)を回しました。子供が働いているのが珍しいようで、お客さんにもよく話しかけられました。

お昼過ぎになると、T先生のお母さんか奥さんに、親子丼などをつくってもらって食べるのが楽しみでした。
お昼を食べてから夕方まで働いて、お駄賃とみつ豆やミカンの缶詰などのお土産をもらって帰りました。
帰りの電車の中では、満たされたような気持ちでいたのをおぼえています。

おままごとのようなアルバイトだったでしょうから、T先生やT先生のご家族の方たちがちゃんと見ていてくれたおかげで無事に働けたんだと思います。

そんな楽しい日曜日とは違う学校生活を、次に書きたいと思います。






[PR]
by yokosize | 2017-03-30 14:36 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31