パターンを愛する

語りかけをしていて思いました。パターン(*)は自分や他人を物のようにしか見ることができないんだなって。

自分の期待通りにならない他人や、自分の理想通りにならない自分を、ジャッジし、腹をたてたり、悔しがったり、落ち込んだり、責めたり、許せなかったり、嫌いになったり・・・するのって、まるで自分や他人を、自分の欲望を満たすための道具に使っているようだと感じました。

例えば、「○○さんに勝ちたい」というパターンは、自分の思うような優れ方をして〇〇さんより上だと思うことで、人に認められ、自分の中の満たされない部分を満たして安心できる、存在できると思い込んでいます。

「私は価値がない」というパターンは、自分のことを全否定して、違う自分を求めています。

そこには、自分や、○○さんの生きてきた人生や、生命を思う気持ちは、まったく感じられません。

それは、パターンが理解されたり、大事にされたり、愛されたことがないからだと思います。だからこそ、「私」がパターンを愛することが大事なんですね。


 - - - お読みいただきありがとうございました。 - - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/  (*)



[PR]
by yokosize | 2017-05-18 23:21 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。