黒パターンから生まれる気づき

「私は書くことが下手だ」というパターンをケアしているうちに、比較している自分に気づき、苦手なことから学べることがあると気づいていくことは、陰陽マークの黒の中にも小さな白があるっていうことなんだと思います。

「書くことが下手」というパターンでいるのは、辛いし、苦しいし、不安な思いを抱えていることです。そんなパターンに語りかけをして、選び変えていくうちにパターンは静かに安心していきます。そうやってパターンと付き合ううちに、もっと深く自分を知っていくことが必要だとか、どうやったらわかりやすく伝えられるか?それには自分が成長することだなあ、やっぱりワークか!と気づいたり、考えたりします。

黒パターンがあるから気づくことができるし、黒パターンがあったから今の自分に足りない力をつける努力をしようと動き出します。そんな時、「おー、ここにも、黒の中の白があったんだ」と気づきます。こういう気づきは私にとっての喜びなんだと思いました。


    - - お読みいただきありがとうございました。 - - 

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。

もし、人間関係などで悩んでいる方は、今の在り方が自分の望んでいるものではないのかもしれません。また、自分への向き合い方を知りたい方、悩みはとくにないけど自分に向き合って自分を育てることに関心のある方をお待ちしています。

自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/


[PR]
by yokosize | 2017-04-30 11:40 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。